脳梗塞のリスクは2.8倍!? 放置すると恐ろしい「歯周病」の細菌

歯周病を知っていても、実は歯周病が内臓の疾患にも繋がっていることを知る人は少ないのではないでしょうか。歯周病のメカニズムと、全身疾患との関係を説明します。※お口の中の健康は、美容に直結しています。白い歯で好印象を与えるだけでなく、虫歯や歯周病を治療することで、全身の健康も保つことができます。本連載では、美容歯科医が歯と美容・健康の関係を詳しく解説します。

中高年だけでなく、年齢に関係なく発症しやすい歯周病

歯周病はポルフィロモナス・ジンジバリス菌など、主に嫌気性の細菌の感染によって、歯を支える歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨などの歯周組織に炎症が起こって、歯を支えている骨(歯槽骨)が徐々に溶けていく病気です。

[図表1]正常な歯肉と歯周病の歯肉
[図表1]正常な歯肉と歯周病の歯肉

歯周病というと中高年の人がかかるもの、と思っている方が多いようですが、病気の程度が重いか軽いかはともかくとして、30代前後で80%の人が発症しています。ごく軽い症状ですと、10代でも50%もの方に見受けられるなど、年齢に関係なく発症しやすい病気なのです。

 

あなたは、次のような症状を感じたことはありませんか?
・歯茎が腫れる
・歯茎から膿(うみ)が出る
・お口がにおう
・お口の中がネバネバする
・冷たいものがしみる
もしこれらの中で1つでも思い当たるものがあれば、歯周病が始まっている可能性があります。進行すると歯が動いているのを感じたり、食べ物をしっかり噛めない・噛むと痛みを感じるなどの症状が出てきます。

最初のうちはほとんど自覚症状がない

歯肉炎・歯周炎を含む歯周病は、歯垢(プラーク)が直接的な原因となって起こる疾患です。お口の常在菌は、食べ物に含まれるブドウ糖などを栄養にして繁殖し、歯の表面に歯垢(プラーク)として貼りつきます。プラーク1mgの中には2億もの細菌があるといわれています。その細菌はとても耐性が強く、歯みがき程度では取ることができません。

 

そしてプラークは、唾液に含まれているカルシウムや細菌の老廃物を取り込んで、歯石となってよりいっそう強固に歯にしがみつくようになります。歯石は表面がデコボコしていて栄養分を多く含んでいるため、さらに細菌やプラークがたまりやすくなり、その結果、歯茎に炎症が起こってきます。

 

このとき形成される、歯と歯肉の境目ケットを「歯周ポケット」といい、その深さで病気の進行度がわかります。健康な状態では深さ1~2ミリの歯周ポケットが、炎症の状態が悪化するにつれて深くなっていき、それに従って細菌がどんどん深く入っていきます。

 

[図表2]歯周病の進行
[図表2]歯周病の進行

 

やがて歯を支えている骨(歯槽骨)にまで達して、歯がぐらつくようになるため、最終的には歯を抜くしかなくなってしまうのです。歯周病はこのように怖い病気なのに、初期は自覚症状がほとんどありません。

細菌が全身に運ばれ、その先々で疾患の原因に

歯周病は歯を失う原因になるだけではありません。内臓の疾患とも深い関わりがあることが指摘されています。歯周病の原因となっている細菌がのどから気管、肺にまで入り込んだり、歯茎の中の血管から血液とともに全身の臓器に運ばれたりすることがあり、運ばれた先々で疾患の原因となるのです。

 

細菌が心臓に運ばれたら心内膜炎、狭心症、心筋梗塞などの心臓病に、脳に運ばれたら脳卒中などの脳血管障害、肺に運ばれたら肺炎になるなど、全身の病気の発症と関係していることがわかってきました。心臓病といえば日本人の死因の第2位(第1位は悪性新生物=がん)、脳血管障害は第3位、肺炎は第4位です。

 

脳血管障害のうち脳梗塞に至っては、歯周病の人はそうでない人の2.8倍なりやすいといわれています。また以前から、歯周病は糖尿病の合併症の一つともいわれてきましたが、逆に歯周病になると糖尿病が悪化することも、最近、知られるようになってきました。

[図表3]歯周病と全身疾患
[図表3]歯周病と全身疾患

 

血圧やコレステロール、中性脂肪の値が高く、心臓病や脳血管障害になるリスクの高い人、糖尿病の人は、歯周病の治療をしっかりしておくことが大切です。また、妊娠している方が歯周病を放置すると、胎盤を囲んでいる筋肉が収縮して早産の原因になることがあります。

 

 

酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック

理事長

アミーズ歯科クリニック 理事長

平成2年、岩手医科大学歯学部卒業、岩手医科大学第二保存科(歯周病学講座)入局。平成6年まで専攻生。平成7年から都内広尾、目黒の歯科クリニックに勤務、副院長を経験。

平成17年、アミーズ歯科クリニック開設。平成21年、米国ペンシルバニア大学歯学部歯周病科研修留学。平成22年医療法人社団美優会アミーズ歯科クリニック設立、理事長就任。

平成23年南カリフォルニア大学ジャパンプログラム修了。平成24年コロンビア大学1期生インプラントコース修了。国際インプラント学会認定医取得。平成25年、アンチエイジング歯科学会認定医取得(平成30年より理事)。平成28年ハーバード大学歯学部卒後研修コース修了。

フランスチーズ鑑評騎士(フランスチーズ鑑評騎士の会)、チーズプロフェッショナル(CRA協会)、ワインエキスパート(J.S.A)。

著者紹介

連載美容歯科医がレクチャー!「歯の健康維持」がもたらす美容・健康の相乗効果

美容歯科医がこっそり教える ほんとうのきれいをつくる方法

美容歯科医がこっそり教える ほんとうのきれいをつくる方法

酒井 暁美

幻冬舎メディアコンサルティング

「口の中」から始める、本当のキレイの作り方 「自分の顔が気に入らない・・・美容整形に行こうかしら」 その悩み、ちょっと待って! 美容歯科で解決できます。 女性歯科医がこっそり教える、「口の中」から始める美人の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧