「前回は問題なかった」…税務調査でマズイことになる発言3つ

本連載は「税務調査を支援する税理士の会」著、株式会社エッサム編集協力、税理士法人クオリティ・ワン代表社員・渡邊勝也税理士監修の『オーナー社長のための税務調査完全対応マニュアル』(あさ出版)から一部を抜粋し、税務調査の連絡を受けた中小企業オーナーの役に立つ対処法等を紹介します。今回は、税務調査においてやってはいけない振る舞い、発言について見ていきます。

まさに墓穴を掘ることになる

税務調査の際に犯しがちなミスについては、次のとおりです。

 

① 余計な回答が多い

いろいろと話をしすぎて、余計な回答から痛くもない腹を探られることがあります。

 

たとえば、税務調査官から昔の話について聞かれ、税務調査にまったく関係のない自分の苦労話をしてしまう納税者がいます。雑談で相手に共感を得てもらうことは大切なことではありますが、税務調査が長引くことがあります。

 

また、取引先について聞かれて、取引先のグチや仕事内容についての不満を延々と語る人もいます。従業員のグチについても同様です。これらは税務調査とはまったく関係がなく、信頼関係を築くどころか、人間性を疑われる可能性すらあります。

 

私たちが税務調査で目的とするのは、「納税額をできるだけ少なくする」ことです。また、「できるだけ税務調査を早く終わらせる」ことも大切です。この目的から逆算して、質問には、端的に結論を話すようにしましょう。常に「この会話は目的達成のために効果的か?」を自問自答しながら話をする必要があります。

 

② 不明確なことを言う

税務調査では聞かれたことに答えていきますが、質問に対する答えはイエス・ノーだけではありません。「わかりません。調べて後日お答えします」という回答もあります。

 

税務調査官は行政記録としてメモをとっています。あやふやなままで、イエスまたはノーと言って、それが間違いだったりすると、話の信憑性、経営者自身の信頼が失われてしまいます。明確でないことは「後日調べてお答えします」にしましょう。

 

③ 敵対的な態度をとる

納税者と税務調査官は、一部で利益相反する立場です。ただし、交渉の基本は価値の最大化です。互いの価値を最大化するために、不遜な態度でいても効果はありません。自分を客観的に見て、敵対的な態度になっていないかどうかチェックしていきましょう。

 

税務調査のときには発言するとマズイこともあります。

 

① 「前回の調査では問題なかった」

前回の税務調査では是認されたという主張は、よく納税者がする発言です。

 

ただし、「是認された」は、「否認されなかった」とまったく同じ意味ではありません。前回は特に指摘されなくても、今回も同じように大丈夫だとは言い切れません。最悪の場合、「前回の税務調査ではそこは確認していなかったので、さかのぼって調査しましょう」と言われてしまう可能性もあります。

 

② 「他の会社もやっている」

他の会社も同じことをやっている、というセリフは、まったくもってナンセンスです。他の会社がやっているから、自分の会社もやっていいとはなりません。税務調査官が「その会社の名前を教えてください」と言われて終わりでしょう。税務の判断基準は、あくまで法律です。他の会社ではありません。

 

③「税理士がいいと言った」

このセリフを言ってしまうと、税理士が経営者の敵になってしまいます。たとえ本当に税理士が言ったことであっても、その税理士を選んだのは経営者です。すべての経営判断は、経営者が責任を取らなければいけません。

「個性的で高圧的な」税務調査官への対応方法

多くの税務調査官は普通の対応をしてくれる人ですが、残念なことに、なかには高圧的だったり、態度が少しおかしな人はいます。とはいえ、これは税務調査官に限った話ではなく、どこの組織でも同じと考えてよいでしょう。全体のおよそ20%くらいの人が個性的なキャラクターという感覚です。

 

このような税務調査官が来てしまうと、税務調査が対応しづらくなるのは事実ですが、次のような対応でものごとが前に進みます。

 

① 相手の立場を尊重する

具体的には傾聴する、支援する、励ます、尊敬する、信頼する、相手を受容する、意見の違いを交渉することです。

 

高圧的な税務調査官を尊敬、信頼することなどできないと感じるかもしれません。しかし、日本の税制度は、申告制度と税務調査が2本柱となっています。税金が正しく徴収されることで、国が維持されているのです。

 

税務調査は尊い仕事であることは間違いありません。相手のキャラクターに焦点を合わせるのではなく、相手の税務調査官の仕事について尊敬の心を持って対応しましょう

 

家族や従業員との関係をイメージすれば、相手の荒い言葉に反応してカッとするよりも、気持ちや立場を理解して話を聞き、共感し、前向きな方向へ向かわせたほうがよいことはすぐに理解できると思います。

 

② 影響力を無視して問いかける

「こんな処理、合っていると思うのか?」

 

などと、税務調査官から大きな声で言われたりすると、ついつい「お前は間違っている」と責められている、ケンカを売られているように感じるかもしれません。しかし、その言葉づかいや声のトーンの影響は考えないようにしてください。問われているのは、「会計処理が合っているか否か」というシンプルなものです。

 

「この経理処理が合っているかどうか、聞きたいですか」

 

と、問い直していきます。

 

③ 税務署長・総務課長・納税支援調査官に相談する

どうしても我慢ができない、この税務調査官ではストレスが大きすぎる、という場合には、最終的に税務署長・総務課長・納税支援調査官などに相談することもあります。文書で出してもいいでしょう。

 

高圧的な税務調査官がインターフォンを押さずに入ってきた場合などにも、税務署長あてに文書を書くと、担当の調査官を代えてもらえたりすることがあります。

 

 

【税務調査を支援する税理士の会】

田中 久夫 / 加藤 元弘 / 植﨑 茂 / 藤原 重光 / 後藤 勇輝 / 岩澤 信吾 / 中山 隆太郎 /
永井 孝幸 / 前田 吉彦 / 石垣 貴久 / 笠原 伸哉 / 内芝 公輔 / 南村 博二 / 本田 将智

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

税理士法人クオリティ・ワン代表社員
税理士/税務訴訟補佐人
一般財団法人日本プロスピーカー協会
認定ベーシックプロスピーカー

「税務調査で納税者へ“安心感"と“納得感"を与える」を使命に、税務調査官よりも多く税務調査を行う“税務調査専門"税理士。立会い現場における圧倒的な「実績」と「交渉力」で、社長・経理担当者から絶大な信頼を獲得している。学生援護会(現・パーソナルキャリア)、タナベ経営などを経て、税理士法人TAXGYM(現・税理士法人クオリティ・ワン)を設立。年間100件以上という、税理士業界でもダントツの税務調査実績を誇り、その豊富な経験から使えることを実証した、安心・確実な節税提案にも定評がある。中堅・中小オーナー企業経営者や富裕層から支援依頼が殺到し、お忍びで指導を求めに来る税理士も多い。また、経営コンサルティング会社の経験を活かし日次決算のコンサルティングも行っている。

著者紹介

連載中小企業オーナーのための「税務調査」対応マニュアル

オーナー社長のための税務調査完全対応マニュアル

オーナー社長のための税務調査完全対応マニュアル

渡邊 勝也,田中 久夫,加藤 元弘,植﨑 茂,藤原 重光,後藤 勇輝,岩澤 信吾,中山 隆太郎,永井 孝幸,前田 吉彦,石垣 貴久,笠原 伸哉,内芝 公輔,南村 博二,本田 将智

あさ出版

中小・オーナー企業のための税務調査の対策本が登場。 多くの税務調査を経験してきたからこそわかる最新の税務調査の傾向と対策を完全解説します!事前準備の進め方、調査当日の注意点&ケース別の対応、税理士の活用法、国税…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧