マイホームの値下げ交渉「契約直前まで」してはいけないワケ

人生の大イベントであるマイホームの購入。しかし、こだわって選んだはずなのに「失敗してしまった…」と感じる人も少なくありません。本記事では、マイホームの「値下げ交渉」に関して、売り手側と買い手側の思惑と実情を取り上げ、契約直前まではしてはいけないワケを説明します。

値下げ交渉を安易に行うと失敗する

マイホームのように大きな買い物をする際に、気になるのが「価格」についてです。それこそ数千万円単位の買い物になるわけですから、わずかな価格差が大きな影響をおよぼすことになります。数字が一つ違うだけでも大きいのです。

 

そのように価格の大きな不動産であれば、「値下げ交渉」について意識している人も多いことでしょう。わずかでも値下げしてもらえれば、それだけ住宅ローンの返済もラクになるので当然です。ただし結論から言えば、あまり期待しないほうが得策です。

 

そもそも不動産の価格は、「相場」と「売り手」によって決まります。相場というのはつまり、財産評価基準である「路線価」や、近隣の物件価格などから求められる金額のことです。相場が一つの指標となり、不動産の価格となります。

 

一方の売り手とは、土地や建物の所有者がいくらで売りたいと考えているのか、ということです。売り手がどうしてもすぐに売りたいということであれば、それだけ価格を下げてくる可能性もあります。反対に、時間はかかってもいいから高く売りたいという人もいるでしょう。

 

このように、不動産の価格が相場と売り手によって決まることを考えれば、値下げ交渉ができるケースというのは限定されてきます。つまり、売り手がどうしても売りたいという事情があるときのみ、交渉に応じてもらえる可能性があるのです。

 

特に一戸建ての場合、売り手は不動産業者であることがほとんどです。そうなると、短期間で売りたいと考えている業者がどのくらいいるのかというのは、未知数でしかありません。そうなると、交渉は難しくなるでしょう。

きちんと比較させてくれるのが良い業者

値下げ交渉ができるのかどうかということよりも、大切なのは、不動産業者がどのようなスタンスで営業を行っているのかということです。いくら値下げ交渉に応じてくれる業者であっても、顧客に押し売りするような業者からは購入するべきではありません。

 

特に価格というのは、交渉力を左右する大きな要因となります。価格交渉によって値下げしてもらった場合、「頑張って値下げしたのだから、買ってくれないと困りますよ」などと言われてしまったら、買わずにはいられなくなってしまいます。

 

そうなると、値段は下がったけれど、立場としては不利になってしまうのです。価格交渉ができるということは、それだけリスクもあるということを認識したうえで、どのような対応をとるか考えておくことが大切です。

 

本当に自分に合った物件を購入したいと考えているのなら、いろいろな物件を比較検討させてくれる業者のほうがいいでしょう。そのほうが、結果的に選択の幅が広がります。より、自分に合った物件に巡り合える可能性が高まるのです。

 

なかには値下げできることをウリにしている業者もあるかもしれませんが、それよりも、より良いマイホームを購入するということを意識しておいてください。価格交渉にばかり気を取られていると、本質を見失いかねません。

 

大幅な値引きを行っている業者があるとすれば、それは最初から価格に上乗せしているだけなのかもしれません。売り手も業者も利益がなければ活動できないので、そのあたりについては慎重に考えておく必要があります。

数ある選択肢の中からどう選ぶのか?

値下げ交渉ができるかどうか、どのくらい値段が下がるのかということではなく、数ある選択肢の中からきちんと自分に合ったものを選ぶことのほうが大切です。価格というものはあくまでも最終的な判断材料であり、前提はより良い住まいを手に入れることにあるのです。

 

そのためには、自分たちが望んでいる住まいはどのようなものか、きちんと言語化しておくことです。あとは、予算と相場に合った価格帯のものを選べばいいでしょう。

 

予算については、多くの方が住宅ローンを組んで購入することになります。ですので、住宅ローンの内容についてもきちんと確認しておくことが大切です。金利や返済期日など、あらかじめ知っておくべきことはたくさんあります。

 

もし、通常の方法で値下げ交渉ができるとしたら、すべての過程を経て、最終的に契約へと至る直前ぐらいでしょう。その段階であれば、不動産業者としても値下げ交渉に応じやすいはずです。最後に背中を押す意味で、下げてくれる場合もあるかもしれません。

 

ただし、欲を出すのは禁物です。業者側の立場に立ってみると分かりますが、しつこく値下げ交渉をしてくるお客さんというのは嫌われます。特に、契約への意思が固まっていない段階での値下げ交渉は、嫌がられてしまうでしょう。

 

だからこそ、値下げ交渉を行うとしたら、最後の最後にちょっとだけするほうがいいかもしれません。しかも、もし値下げしてもらえたらラッキーぐらいに考えておくことです。無理に値下げ交渉をするのは避けるべきでしょう。

 

株式会社四つ葉企画 代表取締役

1975年生まれ。群馬県出身。株式会社四つ葉企画代表取締役。
不動産業および建築業に20年以上従事し、お客様への購入・売却サポート実績は500件を超える。
お客様のライフスタイルに合わせた物件の提案を得意とし、リフォームなどアフターサービスも含めたトータルサポートを行っている。
モットーは「サービスの先にある幸福と感動のご提供」

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は、2018年1月22日刊行の書籍『絶対得する!初めての一戸建て購入マニュアル』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

久水 陽介

幻冬舎メディアコンサルティング

立地選びの基本から、お得なローン、不動産会社の裏事情、営業マンの仕掛けるワナまで生涯一度の買い物で後悔しないための必読の書。 一戸建ての購入は、多くの人にとって人生で一度の大イベント。 ところが、実際に家を買っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧