アップルが第2本社の建設地に「オースティン」を選んだワケ

2018年12月、アップルは10億ドルを投じて、テキサス州オースティンに第2本社を建設することを発表しました。カリフォルニア州クパチーノには本社が、オースティンにはすでに支社があります。なぜ、アップルはオースティンでの第2本社建設を決めたのでしょうか。本記事では、建設プロジェクトの歩みや、第2本社の建設地にオースティンが選ばれた理由を解説します。

2017年4月クパチーノ本社「アップル・パーク」誕生

◆アップル・クパチーノ本社の新社屋が誕生

 

アップルは、クパチーノ本社の収容可能人数が約2,800人であるにもかかわらず、実際には1万2000人もの従業員を抱えていました。そこで、従業員たちが1つの建物で働けるよう、2011年に新社屋の建設を決めたのです。

 

そこから6年の時を経て、2017年4月に「アップル・パーク」が誕生しました。東京ドーム15個分に匹敵する175エーカー(約70万㎡)の広大な土地に、斬新なデザインの建物が完成しました。ドーナッツ型をした外観は、発表当初に「スペースシップ」と呼ばれていたとおり、まさに宇宙船です。4階建ての建物全体の外周を、曲面の窓ガラスが覆っている点は、故スティーブ・ジョブズ氏がこだわったポイントでした。

 

そして、クパチーノ本社機能の移転が完了したのち、ほどなくして第2本社プロジェクトが動き出したのです。

 

◆第2本社プロジェクトについて

 

2018年1月、今後5年の間に第2本社を建て、ほかの地域もあわせ、2万人を雇用していくことを発表しました。そして同年12月、建設地としてオースティンが選ばれ、10億ドル(約1100億円)もの予算をかけた大事業であることが判明しました。

 

第2本社では、まず5000人の従業員が勤務することが決まっており、将来的には1万5000人にまで増員されます。また、シアトル、サンディエゴ、カルバーシティでそれぞれ1000人以上、ピッツバーグ、ニューヨーク、ボルダー、ボストン、ポートランドでそれぞれ数百人以上を雇用する予定です。

 

建設予定地とされているのが、すでにオースティンに位置する支社から、1.6キロメートルほどしか離れていない場所です。敷地面積は133エーカー(約54万㎡)と「アップル・パーク」には及ばないものの、大規模な施設になることは間違いありません。また、アップルのほかの施設と同様に、職場の電力は100%再生可能なエネルギーで運用されます。本社機能としては、エンジニアリング、研究開発、オペレーション、ファイナンス、セールス、カスタマーサポートなどが入る予定です。

 

◆オースティンとは?

 

さて、第2本社の建設地として選ばれたオースティンですが、どのような場所かご存じでしょうか。

 

オースティンは、テキサス州中央部に位置する州都です。面積は約669km²、人口は約96万人(2017年末時点)、都市圏でいうと200万人を超える大都市です。

 

経済成長が著しく、世界的に注目されているオースティンですが、特にIT産業での発展が目覚ましく、サムスン電子、デル、インテルなどの大企業が拠点を置いています。

 

音楽カルチャーが染み付いた都市としても有名です。ダウンタウンの中心にあるシックス・ストリートでは、ジャズやブルースなどの音楽が響き渡り、歩いているだけで楽しい気分になります。毎年3月に、世界最大規模の音楽フェスティバルである「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」が開催されるのも、このシックス・ストリートです。音楽祭と映画祭が同時に行われ、街全体がフェスティバル会場となります。

 

そのほか、ダウンタウンの近くには、1.5km²もの広大な敷地を持つジルカー公園があります。多くの観光客で賑わう大人気スポットです。様々なアクティビティが楽しむことができ、公園内に天然温泉のプールも有しています。

 

そして、もう1つ忘れてはいけないのが、フードトラックです。日本ではあまり見かけないですが、オースティンでは一般的な、食べ歩きを愛する地元民の心強い味方です。コーヒー、チュロス、アイスクリームなどのスナックから、サンドイッチ、ロブスターロール、バーベキューやフライドチキンまであります。フードトラックが常在する公園まであり、世界各国の料理が堪能できます。

オースティンでの建設は「大きなコストカット」に

◆オースティンが選ばれた理由とは?

 

アップルの拠点拡大には、政治的な背景も含まれています。アメリカと中国の対立状態が続く今も、iPhoneの製造は中国で行われています。トランプ政権下にあるアメリカの企業として、今後の莫大な投資と雇用拡大でアピールするのが狙いでしょう。

 

そんななか、オースティンが第2本社建設地として選ばれたのには、理由があります。

 

まずは、人口の増加です。2010年の約81万人から、2017年には約96万人まで増加し、その増加率は18.5%を記録しました。ニューヨークの増加率は5.2%で、ロサンゼルスも5.2%に留まったにもかかわらずです。ほかの大都市と比較すると、総人口としては劣るものの、その増加率は驚異的で、ニューヨークやロサンゼルスを遥かに超えています。

 

そして、コスト面でのメリットです。IT業界の賃金、建設コスト、オフィス賃貸費用が他都市と比べ低価格なのです。テック人材の平均年間サラリーは9万5000ドルです。サンフランシスコは12万5400ドル、ニューヨークは11万2600ドルなので、かなりの差が生じます。建設コストは、アメリカ国内の30都市平均を19%も下回ります。オフィスの賃貸費用としては、1平方フィートあたり約35ドルで、この5年間で28%以上も上昇していますが、サンフランシスコは約62ドル、ニューヨークは約75ドルです。大規模なオフィスになるほど、大きなコストカットにつながります。

 

以上のような理由から、アップルは第2本社の拠点としてオースティンを選んだのです。

 

 

柳原 大輝

WIN/WIN Properties, LLC 共同代表

株式会社WIN WIN Properties Japan 代表取締役

 

WIN/WIN Properties, LLC 共同代表
株式会社WIN WIN Properties Japan 代表取締役

日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。
過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。
海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

WEBサイト http://winwin-pro.com/

著者紹介

連載インカム&キャピタルゲイン、タックスメリット・・・アメリカ不動産投資の魅力を知る

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧