絶大な成功をもたらした「保有資産を評価する」投資手法

ソロス氏から一夜にして1億ドル(約200億円)の運用を任された筆者。今回は、「保有資産を評価する」という投資手法がもたらした絶大な成功を見ていく。

  <4/22(木)・WEBセミナー&個別相談開催>
税務当局海外投資・資産の情報をどう収集しているのか?
口座情報交換制度を踏まえた「
海外活用」の進め方

>>詳細はコチラ<<

1年後の運用金額は5倍の5億ドル(約1000億円)に

ソロス氏との出会いは、筆者の人生の最大の転換点だった。それまで1000万ドルでしかなかったアベ・キャピタル・リサーチの運用規模は、一夜にして1億ドル規模となり、その1年後には5億ドルを超えていた。たった1冊のレポートが、筆者を新しい次元の投資へと引っ張り上げてくれた。

 

ソロス・ファンドから受託した1億ドルという運用資金は、他のクライアントとは比較にならないものだ。筆者は、ソロス・ファンドの専属マネジャーとして、毎日のようにソロス氏と運用方針の話し合いを行った。ソロス氏は休暇でスキーに行っている時にも、筆者に電話をかけてきた。ソロス・ファンドの資金を運用している間、ソロス氏と話をしなかった日は一日もなかっただろう。

 

ソロス氏から1億ドルの運用を任された筆者は、すぐさまそれを全額、レポート通り不動産会社と鉄道会社の株式に投資した。その直後に土地の含み益資産を評価する投資が大きなトレンドを形成し、不動産を大量に持つ会社の株が軒並み急騰した。

 

[PR] 4月27日(火)幻冬舎会場&WEB開催<特別イベント>
独立系運用会社スパークスのチーフエコノミストと本音で語る! 
2021年、日本株式市場の展望「新たなメガサイクルも幕開け」

 

下記の図は、当時、筆者が投資した銘柄の一つである東武鉄道の株価推移だ。1985年3月を基準とすると、1989年末にバブルがはじけるまでの4年半で、約7.7倍も株価が上昇していることが分かる。

 

【東武鉄道の株価推移】

筆者のレポートで取り上げた含み資産銘柄の株価が動くのを見たソロス氏は、日本で始まった資産バブル相場に合わせて、本格的な勝負に出た。1億ドル(約200億円)で始まった投資は、1年後には価格上昇分も合わせて5億ドル(約1000億円)にまで広がった。当時のソロス・ファンドの運用残高は20億ドルだったから、その4分の1を筆者が運用していたことになる。

保有資産で評価すると日本の資産株は割安

そもそも、企業の業績ばかりでなく保有資産を評価することは、日本では馴染みがなくても欧米では当たり前の投資尺度であった。欧米でのやり方を当てはめると、日本の資産株が割安なのは説明の必要がなかった。不動産会社や鉄道会社の株が今後、大幅に上昇していくことは、ソロス氏にとっては火を見るよりも明らかだったのだ。

 

[PR] 4月27日(火)幻冬舎会場&WEB開催<特別イベント>
独立系運用会社スパークスのチーフエコノミストと本音で語る! 
2021年、日本株式市場の展望「新たなメガサイクルも幕開け」

 

不動産を資産として見るというのは、現在日本でも上場されている不動産REITと同じ考え方で、決して奇抜な発想ではない。不動産が値上がりすると考えるのであれば、誰でもREITを購入するだろう。また、値上がりすると予測できなくても、その価格が相場の10分の1で売られていたとしたら、誰でも割安だと感じて買い占めるはずだ。ごく簡単に言えば、ソロス氏と筆者が行ったのは、そのようなことだった。

 

 

【関連情報&イベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

認知症による金融資産凍結リスクを回避する信託とは?

 

【4/20開催】専門税理士が解説!相続と空き家問題対策

 

【4/20開催】太陽光発電」の2021年売買動向案件説明会

 

【4/20開催】会場限定保険を活用した資産移転の最新事例

 

【4/22開催】相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

 

【4/26開催】ハワイに精通した税理士が現地から「最新情報」をレポート

 

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

北海道札幌市出身。上智大学経済学部卒。米ボストンのバブソンカレッジでMBA取得。

1981年、野村総合研究所に入社後、ニューヨークのノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルに出向し、米国の機関投資家向けの日本株のセールスに従事。1985年にニューヨークで独立し、ジョージ・ソロス氏から1億ドル(当時の為替レートで約200億円)の運用を任される。

1989年、日本でスパークス投資顧問(現スパークス・グループ)を設立。2001年に上場。2005年、ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。現在の投資対象は日本の上場株だけでなく、アジアの上場株、再生可能エネルギー発電施設や不動産といった実物資産、そして米国、イスラエル、日本などの未上場企業にまで広がってきたが、投資対象の価格と価値の差に着目し主体的に働きかける投資哲学は一貫している。

プライベートでは作詞、作曲、ギター演奏に加え、絵画も描く。

近著に『暴落を買え!-年収300万円から始める資本家入門-』(ビジネス社 2017/5/24)。

著者紹介

連載ソロスに学んだ、株という恐るべき「知的兵器」

本連載は、2015年1月22日刊行の書籍『株しかない』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株しかない

株しかない

阿部 修平

幻冬舎

一度きりの人生を自分自身の力で大きく変えろ! 8000億円を運用する「伝説のファンドマネジャー」が、株式投資で勝つための戦略と戦術を明かす 〇日本経済はデフレのスーパーサイクルから解放された 〇苦難の20年が日本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧