おすすめ、人気…投資信託の「宣伝文句」をどう捉えるか?

本連載は、株式会社Money & You代表でマネーコンサルタントの頼藤太希氏の著書、『投資信託 勝ちたいならこの7本!』(河出書房新社)から一部を抜粋し、投資初心者に投資信託の選び方の基本を伝授します。

優先的にすすめられるのは、金融機関に有利な商品!?

 Q.  金融機関の窓口ですすめられる投資信託って得?

 A.  投資家が損しかねない商品をセールスされるなど、おすすめとはいいがたい!

 

★高い手数料、ノルマ達成のための「推奨商品」

 

政府は「貯蓄から投資へ」の旗を振り続けています。とはいっても、日本では長らく銀行預金が最善の預け先で、コツコツ貯めることこそが美徳とされてきた感があります。そのため、これまで投資をしたことがない人は、どうすればいいのかわからず、誰かに相談したくなるかもしれません。そんなとき、身近にある金融機関で話を聞いてくる・・・といったシチュエーションは、容易に考えられます。

 

しかし、結論からいうと、そうした相談には行ってはいけません。なぜなら、必ずしもよいとはいえない投資信託をすすめられるからです。この話の続きを想像してみましょう。

 

金融機関に足を運ぶと、営業マンが親身に話を聞いてくれます。もちろん無料です。

 

「お金って、預けているだけではなかなか増えていかないですよね」

 

「老後の生活費など、これから先のお金のことって、何かと不安ですよね」

 

「この際、もっと期待できる商品で運用することを考えてみてはいかがですか」

 

そんなことをいいながら、営業マンは投資信託のカタログを広げ、

 

「いま、皆さまにおすすめしているのは、こちらの投資信託です!」

 

そのカタログに記載されている投資信託は、いっけん私たちの悩みを解決するために用意された、バラ色の金融商品に見える、かもしれません。親切で誠実そうなプロが多くの客にすすめている投資信託なのだから信頼できそう、かもしれません。

 

しかし、残念ながら現実はそう甘くはありません。営業マンはその金融機関の社員です。つまり、手数料が高い投資信託や、ノルマを達成するための投資信託など、自分たちに利益が大きいものを優先的にすすめてくるのです。それを買ってしまえば、彼らの思うつぼだというわけです。

 

『投資信託 勝ちたいならこの7本!』の6章で紹介している「iDeCo」や「つみたてNISA」といった、顧客に有利な税制優遇制度が発表されたとき、金融機関からは「正直いって、利益が少ないから売りたくない」「積極的には販促活動をしない」という声も漏れ聞こえていました。

 

顧客の資産のことなど、何とも思っていない・・・は言いすぎかもしれませんが、結局のところ、自分たちの利益になるかどうかがいちばん大切なのです。

 

金融機関も営利企業ですから、そういう姿勢になってしまうのは仕方ないことかもしれません。しかし、それならばこちらも、金融機関を過度に頼ることなく、ある程度の距離をおいて付き合うべきだと思います。

リスクへの耐性は人それぞれなのに、ランキングって…

 Q.  人気ランキングで上位にある投資信託を買うのは得?

 A.  じつは「人気ランキング」にあらず。「売りたい商品ランキング」なので儲かるとはいいがたい!

 

★ランキングは、金融機関が儲かる商品の一覧

 

金融機関の「おすすめ」は、あくまで「自分たちの利益を増やすため」という意味であることは、ご理解いただけたと思います。この〝おすすめ〟の意向は、金融機関などによくある「人気投資信託ランキング」にも反映されています。

 

ある銀行に行ったとき、壁に貼り出されている人気ランキングを見て、目を疑いました。そこには、おおよそ人にはすすめられない毎月分配型やテーマ型、ファンドラップといった商品が並んでいたからです。これらがどうしてよくないのかは後述しますが、いずれも手数料が高く、利益の出しにくいものばかりです。つまり、この人気ランキングは投資家の人気を反映したものではなく、金融機関側が売りたい商品の一覧になっていると思われるのです。

 

そもそも、リスクをどのくらいとれるのかは、人によって違うはずです。それなのに、人気ランキングというものが大きく貼り出されるのも不思議です。そこにはやはり、「人気があるなら大丈夫(買いたい)」という気にさせようとする意図を感じます。

 

もちろん、内容がよくて多数の投資家から支持される投資信託もあります。しかし、そうした投資信託は、まず金融機関の窓口にはないと心得ておくべきでしょう。

 

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。ファイナンシャル・プランナー(AFP)。宅地建物取引士。千葉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社資産運用リスク管理部で金融工学を駆使したリスク管理業務に従事。2015年に株式会社Money&Youを創業し、代表取締役社長に就任。“一生涯のお金の相談パートナー”が見つかる女性向けメディア「FP Cafe」を運営。メディアなどで投資に関するコラム執筆、書籍の監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。

株式会社Money&You
http://moneyandyou.jp/

FP Cafe
https://fpcafe.jp/

著者紹介

連載マネーコンサルタントが優しく教える「投資信託選び」の超基本

企画・編集 株式会社夢の設計社

本連載は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、夢の設計社、河出書房新社、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

 

投資信託 勝ちたいならこの7本!

投資信託 勝ちたいならこの7本!

頼藤 太希

河出書房新社

お金を増やすためには、銀行に預けるのではなく、「投資をしてお金を増やしていく」必要があります。投資といっても、いまの時代は、それこそ100円から、いわばお小遣いレベルで気軽に始められる時代になりました。少額でも投…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧