住宅構造における「耐震」「免震」「制震」の違い

地震大国日本で住宅購入の際に留意したい「耐震性」。本記事では、住宅構造における「耐震」「免震」「制震」の違いについて見ていきます。

耐震性を実現するための構造は主に3種類

ポイント「制震だから」といって地震に強いわけではない

 

最近、建売住宅でよく見かけるようになってきたのが「制震構造」です。

 

後ほど説明しますが、建築基準法に定められている耐震性を実現するために、これまでさまざまな構造が生み出されてきました。現在、主流になっている構造は3種類あります。

 

「耐震」「免震」「制震」です。簡単に説明すると、耐震は建物自体の強さ、免震は揺れを建物に直接伝えないこと、そして制震は揺れが建物に伝わっても抑制したりすることです。いずれも、揺れに対してそれぞれ違ったアプローチで家を守ろうとする目的は同じです。

 

【耐震構造】

現在、日本においては主流となっている構造。建物の構造部分である壁や柱、梁を強くすることによって、建物を頑丈な造りにして、地震による影響に耐えるような設計が行われています。

 

長所:地震による崩壊・倒壊を防ぐために、各所が強く補強されているため、建物自体の倒壊を防ぐことができる。

 

短所:大きな振動の際は、家具や電化製品の転倒などの被害が生じる。

 

【制震構造】

建物の構造部分に、地震エネルギーを吸収させる制御装置(ダンパー)を組み入れています。揺れが吸収されることによって、建物の揺れが軽減されます。長所:家具の転倒などの室内の被害が減る。

 

【免震構造】

建物が建っている基礎の部分と建物との間に、地震エネルギーを吸収させる積層ゴムなどの特殊な装置を取り付けます。地震による揺れが、建物に直に伝わらない構造になっています。

 

長所:地盤からの揺れを直接的には受けないため、建物の損傷が少ない。室内の家具転倒や窓ガラスの破損が少ない。

 

【図表】耐震・制震・免震の違い

 

「制震構造」では大きな地震に耐えられない!?

注意したいのは、制震というのは一度建物に伝わった揺れを抑制するものである、ということです。つまり、建物そのものが強くなければ、つまり、耐震性が強くなければ、いくら「制震」構造になっていたとしても、大きな地震が起これば耐えられないということです。

 

最近内覧した物件は、「制震」構造であることを非常に大きく謳っていましたが、耐震診断をした結果、耐震基準ギリギリクリアの数値でした。

 

「免震」はビルなど、大きな建造物に使われる技術で、一般住宅のような建物にはまだあまり見られませんが、「制震」は新築戸建てでもよく目にします。制震構造だからといって安全だと思い込むのは間違いです。言葉のイメージに惑わされないように注意が必要です。

「瓦」は家が揺れやすくなる!?

ポイント 瓦の屋根は地震に弱く、ガルバニウム鋼板が強い

 

ちなみに、建物が揺れに弱いかどうかは、屋根を見ることでもわかります。ポイントは、屋根の重さです。素材によって屋根の重さはさまざまに変わりますが、重ければ重いほど家は大きく揺れます。

 

年配の方の中には、「瓦屋根がいちばんいい」という人が多くいらっしゃいますが、瓦屋根は非常に重く、他の一般的なスレート葺き、ガルバニウム鋼板と比較すると、最も重心が高い建物となり、家が揺れやすくなる屋根材といえます。実際、東日本大震災で倒壊した家は圧倒的に瓦屋根の家が多かったのです。屋根が重くなり、揺れると屋根によって家が潰されてしまうためです。

瓦の約10分の1…非常に軽いガルバニウム鋼板

逆に最も揺れにくい素材はガルバニウム鋼板です。アルミニウムと亜鉛をメインに生成されているため、非常に軽いという特長があります。その次がスレート葺きで、粘板岩を薄くしたものや、セメントと繊維などで作られます。

 

参考に、おおよその重さを比較してみましょう。

 

◦日本瓦……1坪当たり165キログラム

 

◦スレート……1坪当たり68キログラム

 

◦ガルバニウム鋼板……1坪当たり17キログラム

 

いかに瓦が重いかがわかったと思います。ガルバニウム鋼板のおよそ10倍です。特に3階建てになると、建物が揺れやすいので、瓦の屋根のほうが崩れてしまう危険性も高くなります。

 

 

田中 勲

レジデンシャル不動産法人株式会社 代表取締役

 

レジデンシャル不動産法人株式会社 代表取締役

仲介手数料無料ゼロシステムズを運営して首都圏全域の不動産仲介と建物診断を行う。不動産業界に20年以上従事しており、物件の売買実績は1000件以上。そこで得た経験をもとに“田中式建物診断”という独自の建物診断を提唱している。欠陥住宅の購入を防ぐ欠陥住宅の専門家として知られ、独自の建物診断の第一人者として、ラジオ、テレビ、雑誌、書籍等多数のメディアで活躍している。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本連載は、2015年6月25日刊行の書籍『こんな建売住宅は買うな』から抜粋したものです。その後の法律・条例改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

こんな建売住宅は買うな

こんな建売住宅は買うな

田中 勲

幻冬舎メディアコンサルティング

注文住宅と比べて安く購入できる建売住宅は、特に地価の高い都心近郊で人気がありますが、実は流通している住宅の大部分が目に見えない欠陥・不具合を抱えているのが実情です。 実際に、断熱材のズレ・不足や、準防火地域にお…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧