一部の米国エンダウメントが「仮想通貨」で運用をする背景

今回は、一部の米国エンダウメントが「仮想通貨」で運用をする背景について見ていきます。※本連載では、株式会社GCIアセット・マネジメント、投資信託事業グループの執行役員である太田創氏が、「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」とは何かを、初心者にもわかりやすく説明します。

「投機」対象の感が否めない仮想通貨だが…

ここ数年、新たな投資対象として、ビットコインをはじめとする仮想通貨(Cryptocurrency:暗号化技術が使われているため、仮想通貨よりも暗号通貨と呼んだほうが正確)が注目されています。

 

仮想通貨の将来性についてはまだ不透明なところがあり、投資対象というよりも投機対象の感が否めませんが、一部の米国エンダウメントではすでに投資を開始したようです。今回は、エンダウメントが仮想通貨の運用をする背景について考えていきましょう。

 

[PR]本稿執筆者が登壇!特別無料セミナー@幻冬舎(東京)
7月 9日(火)開催『米国名門大学のエンダウメント投資戦略に学ぶ最新の資産運用術』
7月30日(火)開催『株価に一喜一憂しない資産形成「米国つみたて投資」の最新活用術』

 

仮想通貨は紙幣や硬貨のような物質的な形はありません。「通貨」と呼ばれてはいますが、あくまでデータの一形態であり、偽造や複製ができないよう、複雑な技術により安全性や流動性が担保されているものです。紙幣の代わりに、当該データで支払いや送金を行うといったイメージです。

 

円やドルといった法定通貨は、日本やアメリカなどの中央銀行が発行し、価値を保証しています。しかし、仮想通貨には管理者がおらず、民間によって通貨の発行や管理の仕組みが運営されています。したがって、対現実通貨との価値は、当該仮想通貨の需給関係により日々変動しています。ビットコインを例にあげると、1ビットコイン=100万円になるときもあれば、50万円になるときもあり、その価格は常に変動しています(2018年10月15日時点の価格は、1ビットコイン=約70万円)。

 

ビットコインは値動きが大きく、状況によっては大きな収益を生む可能性があることから、一部の投資家は仮想通貨を投資(もしくは投機)対象として運用しているのです。

学生の「IT・FinTech知識」習得の機会としても期待

報道によれば、仮想通貨または仮想通貨を投資対象とした運用プロジェクトに参加するエンダウメントは、イェール大学、ハーバード、スタンフォード、ダートマス、ノースカロライナといった数兆円規模の運用資産を保有するエンダウメントとなっています。

 

こうしたエンダウメントは、運用資産の6割から7割をオルタナティブ投資に配分して、運用リターンを極大化する戦略を採用しています。ビットコインは、オルタナティブ投資のなかでも、さらに代替的な投資対象として位置づけられるでしょう。意外なのですが、最近のビットコインのリスク値(標準偏差)は年ベースで7%程度に収束しています。かつて価格が乱高下していたイメージからすると意外性があります(直近5年で最も高かったリスク値は年間50%程度)。

 

[PR]本稿執筆者が登壇!特別無料セミナー@幻冬舎(東京)
7月 9日(火)開催『米国名門大学のエンダウメント投資戦略に学ぶ最新の資産運用術』
7月30日(火)開催『株価に一喜一憂しない資産形成「米国つみたて投資」の最新活用術』

 

こうした純粋なオルタナティブ投資への対象としてのほかに、学生に対する教育面でのメリットも考えられているようです。仮想通貨は公開鍵暗号、ハッシュ関数等といった高度な暗号化技術を利用するため、仮想通貨の偽造や二重払いといった通貨の基本的な問題を回避できるように設計され、ブロックチェーンに適用することでデータ(仮想通貨)の真正性も担保しています。こうしたITやFinTech技術に関わる知識を学生に学ばせることで、他大学と学術面での差別化を図りたいという意図も見受けられます。

 

リスク資産の出し手として資産運用業界のなかでも評価の高い米国エンダウメントですが、大手機関投資家に先駆けて仮想通貨の運用を開始した彼らの投資戦略には、一日の長があるといえるでしょう。

 

 

太田 創

株式会社GCIアセット・マネジメント

エクゼクティブ・マネジャー(投資信託ビジネス担当)

 

株式会社GCIアセット・マネジメント エグゼクティブ・マネジャー

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行(当時)入行。1988年より約10年間、英国およびブラジルで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。その後、2000年から2015年までシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)において投資信託のマーケティング・商品企画を統括。2015年にGCIアセット・マネジメントに移籍。

投資信託をはじめとする金融商品のほか、海外での資金ディーラーとしての豊富な経験を活かし、市況や金融市場に関する幅広い著述、寄稿、講演を数多く手がける。『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる米国つみたて投資』(かんき出版)は、自身が保有・研究してきた約1000本の投資信託の知見をまとめた1冊。著書に、『ETF投資入門』(日経BP社)などがある。

著者紹介

連載個人投資家のための「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧