新世界発展<香港メインボード/銘柄コード17>

今回は、中国株のハンセン指数採用銘柄のひとつ、「新世界発展」の企業情報を見ていきます。※本連載は、亜州IR株式会社が編集・発行した書籍『中国株四半期速報 2018年夏号』の中から一部を抜粋し、中国株の基礎知識とハンセン指数採用銘柄に選ばれた企業情報を15社ご紹介します。

<会社概要>

本社       香港中環皇后大道中18号新世界大廈30楼

設立年    1970年5月29日

上場年    1972年11月23日

決算期    6月

従業員数 45,000人

経営者    主席 鄭家純

 

[図表1]株価チャート

 

[図表2]企業情報

投資用不動産の再評価益が大幅に拡大し、増収増益に

香港と中国本土で不動産開発・投資、ホテル経営、小売、インフラ事業を展開。商業施設のリースも手がける。17年末現在、香港の土地ストックは1066万平方フィート。うち住宅向けが480万平方フィートを占める。グループ資産を再編。

 

03年1月、有料道路や電力などインフラ事業を新創建集団(659/HK)に集約した。中国本土の不動産開発は、傘下の新世界中国地産(旧917/HK)を通じて展開。16年8月に同子会社を全面買収し、非公開化している。小売事業では、新世界百貨中国(825/HK)を傘下に置く。

 

17年12月中間期は5%増収、160%増益。投資用不動産の再評価益が大幅に拡大する。香港で保有物件の価値が上昇する中、同評価益は前年同期比21倍の71億6790万香港ドルに膨らんだ。

 

ただ、同評価益や為替損益などを除いたコア利益は、前年同期比16.0%減の41億9860万香港ドルに下向いている。部門別では、小売、サービス(免税店、地下鉄など)で利益が縮小。部門利益はそれぞれ14.2%減の1億1630万香港ドル、47.7%減の4億2680万香港ドルに低迷している。うちサービス部門に関しては、17年3月に傘下の病院が営業を開始したことで初期コストがかさんだ。

 

一方、主力の不動産開発では部門利益が11%増の47億2640万香港ドルに伸びた。香港事業は苦戦したものの、中国本土事業で収益を拡大させている。成約ベースの販売額は、香港で51億香港ドル、本土で86億4000万人民元となり、年度目標を51%、54%ずつ消化した。

前年に比べ、売上高・純利益ともに減少

[図表3]連結業績

 

[図表4]資本構成図

 

[図表5]主要業務(売上比率%)

 

[写真]ニューワールド・センター

●発行済株式総数(百万株)

10,099.13(100)

→ 勝ち組富裕層が「幻冬舎ゴールドオンライン・メルマガ」で情報収集しているワケ

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

2003年12月創業。アジア、米国の企業情報や経済産業情報を、個人の皆様をはじめ、海外商品を取り扱う金融機関、QUICKなどの情報ベンダーへ配信しています。
(写真は代表社員の又井郁生氏)

著者紹介

連載中国株の基礎知識&ハンセン指数採用銘柄の最新企業情報(15社)~夏号~

中国株四半期速報 2018年夏号

中国株四半期速報 2018年夏号

亜州IR株式会社編集

亜州IR株式会社

合計460社もの中国株の情報を収録し、最新の業績内容もカバーしています。出資動向を図示的にまとめた「資本構成図」などにより、銘柄を研究する上でより理解が深まる一冊です。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧