激化する自治体の返礼品競争…「ふるさと納税制度」の問題点

ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットに代表される世界の富裕層の多くは、自らの資産を活用して「財団」等を立ち上げ、社会問題の解決に挑むなど、積極的な社会貢献活動を行っています。日本ではまだあまり浸透していない社会貢献活動の可能性について、ファンドレイジングアドバイザーの肩書きを持つ宮本聡氏が解説します。今回は、現在の「ふるさと納税制度」が抱える問題点と原因を探ります。

そもそも「返礼品の送付」は自治体の義務ではない

本来の趣旨に鑑みて正しく運用されたならば、とても意義がある「ふるさと納税制度」。しかし現実は、自治体による過激な「返礼品競争」により、一般生活者にとっては「お得な買い物競争」になりつつあります。

 

いくつかの誤解を含みながらやや想定外の方向に過熱し、年々その規模を拡大している現在のふるさと納税。今回は、その問題点について見ていきましょう。

 

よくも悪くも一番注目されているのが、寄附した自治体からもらえる返礼品です。そもそも、返礼品を送ることは自治体の義務ではないのですが、自らの自治体への寄附を増やそうと、趣向をこらした特産品を「寄附のお礼」として寄附者に送る(贈る)のが当たり前となりました。

 

残念なことに、自治体職員の中には「寄附をもらって返礼品を返すことがふるさと納税の制度だ。返礼品のない寄附はふるさと納税でない」と誤解している方もいます。

 

自治体職員ですら誤解するこの制度、一般生活者としては「わずか2,000円の自己負担で各地の特産品が楽しめ、生活費も節約できるなら利用しない手はない」と思うのも無理はないでしょう。

ギフトカタログと見まごう「納税ポータルサイト」も

その誤解の原因のひとつが、多くのふるさと納税ポータルサイトの便利な機能かもしれません。

 

例えば、ふるさと納税ポータルサイトでは、寄附先を返礼品から選ぶのが主導線になっています。寄附金額別に返礼品を絞り込むことができ、品物のカテゴリ別に人気ランキングを見ることもできます。人気があるのはお肉やお米、海産物やお酒などで、このような機能を利用してサイトを眺めていると、まるで高級ネットショップやギフトカタログを見ているかのような錯覚に陥ります。

 

また、本来のふるさと納税制度が予期していなかった、「還元率」という言葉も作られました。ポータルサイトの中には独自に還元率を計算し、ランキングを掲載している場合もあります(総務省は「返礼割合」という言葉を使っています)。

 

還元率というのは、例えば10,000円を寄附した場合に3,000円相当のお礼がもらえれば30%と考えるものですが、寄附をする個人としては、還元率が高ければ高いほど「コストパフォーマンスがよい」ということになり、それだけお得感があります。

 

こういったポータルサイトの機能はユーザーの使いやすさを追い求めた結果だとは思いますが、誤解を広めている側面があることは否めないでしょう。

 

[図表]各ポータルサイトでは返礼品のランキングが見やすく並ぶ

寄附金の行き先に無関心な納税者

寄附金の行き先に無関心(?)な納税者

こういった「返礼品競争」が引き起こす弊害はいくつかあります。

 

一つ目は、高所得者ほど減税幅が大きくなり「節税対策」として使われることです。

 

本来、福祉や子育て、地域活性化支援などに使われるはずだった税財源が、高所得者へ届けられる返礼品に変わってしまう結果も生みかねません。寄附先の自治体にとっては、事業に使える財源は残るため良いのですが、元々住民税が納められるはずだった住所地の財源が、個人の利益に置き換わっているという負の側面を見逃してはいけません。

 

二つ目に、返礼品目的で寄附先を選んだ人は、「寄附が何に使われるか」どころか「寄附金がどの自治体に行くのか」すら関心がないということです。

 

こういった寄附者は、他の自治体でより良い還元率で牛肉や海産物が出たら、そちらにシフトします。このような寄附は、ふるさと納税の第二の意義である「ふるさと」の応援にはつながらないのです。

 

さらに還元率を競った場合、還元率が高いほど自治体に残るお金は少なくなり、寄附を活用して地域を活性化するという趣旨に反します。また、特産品業者だけが潤ってしまうという偏った構造になる懸念もありますし、特産品を提供する地元業者と自治体との癒着を指摘する声もあります。

 

ある街づくり専門家は、「返礼品頼みのふるさと納税は、財源のほしい自治体にとって麻薬のようなもの。業者も返礼品を買い集めてくれる役所に依存する。地方経済のためにならない」と話しています。

営業コンサルタント
ファンドレイジングアドバイザー
(株)シティインデックス海外不動産事業マネージングディレクター
認定特定非営利活動法人ACE 理事
公益財団法人 ふじのくに未来財団 理事
株式会社リビルド 社会貢献部長
一般財団法人 共益投資基金JAPAN 理事

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科卒業。1972年静岡県(西伊豆)生まれ。

鉄道会社、地域金融機関、不動産仲介会社、外資系金融経済情報会社、中間支援NPO、マンションディベロッパー、クラウドファンディング運営会社など、様々な業種での勤務経験を持つ営業コンサルタント/ファンドレイジングアドバイザー。主に中小企業やNPO/NGOの経営や営業の支援を行うコンサルタントとして活動する傍ら、海外不動産の販売やファイナンシャルプランナーとして事業承継や資産活用の助言も行う。

<保有資格>
経営管理修士(MBA)、認定ファンドレイザー、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、一種証券外務員、等々。

著者紹介

連載富裕層のための「社会貢献としての寄付」入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧