移動平均線の読み方…「グランビルの法則」に見る買いシグナル

今回は、グランビルの法則から、買いシグナルについて解説します。※本連載は、小次郎講師(本名・手塚宏二氏)の著書『移動平均線 究極の読み方・使い方』(日本実業出版社)より一部を抜粋し、シンプルかつ再現性のある投資の勝ち方について解説していきます。

最も典型的な「ゴールデンクロス」の形状とは?

買いシグナル①について

 

これが、最も典型的なゴールデンクロスです。まず、移動平均線がしばらく下降していること。次に、その移動平均線が下げ止まりを予兆させるものであること。この2つが大前提であり、その条件がそろっている状態で、移動平均線の下にあった価格が、移動平均線を上向きにはっきりとクロスする形になったときが、最大の買いのチャンスになります(図表1)。

 

[図表1]買いシグナル① 典型的な買いサイン

 

ゴールデンクロスについては、何となく「短期線が長期線を下から上に抜けるとき」だと覚えている人も多いようです。しかし、本章でこれまでに解説してきたように、移動平均線と価格の関係には深い意味がありますから、その関係と合わせて考えながら、正確に上記の3つの条件を理解しておきましょう。

 

買いシグナル②について

 

一見するとデッドクロスに見えるのですが、デッドクロスではありません。正しいデッドクロスになるためには、移動平均線が横ばい状態になるか、少し下降基調に転じるという前提が必要です(後述する売りシグナル①参照)。加えて、価格が上から下へとはっきりとクロスしなければなりません。

 

このケースでは、移動平均線がまだ上昇しているなか、価格が移動平均線の下にいくという形です。これは、上昇トレンドがまだ継続するなかでの押し目であり、売り場ではなく
むしろ買い場になります(図表2)。

 

[図表2]買いシグナル② だましのデッドクロス(買いサイン)

 

ただ、こうしたケースでは、移動平均線と価格が何度も交差を繰り返すパターンがよく見られます。そして、やがて勢いをなくして下降に転じてしまうこともあります。つまり、押し目買いのチャンスなのかトレンドの転換点なのかは紙一重ですから、大きく取るために強くいける場面ではないということです。

上昇トレンドに見られる「押し目買い」のサインとは?

買いシグナル③について

 

価格が安定的に上昇しているとき、価格と移動平均線は平行して上昇していきます。このとき、価格は基本的に移動平均線の上にあります。なぜなら移動平均線は、過去数日間の平均値なので、上昇局面では当然、現在の価格より低い値になるからです(これを「移動平均線の遅効性」といいます)。

 

価格はその都度、上がったり下がったりしますが、移動平均線はそれより遅れて上昇し、遅れて下降します。

 

ですから、価格と移動平均線の位置関係をみれば、現状が上昇トレンドか下降トレンドかがわかるわけです(下降トレンドであれば、価格は移動平均線より下に位置することになります)。

 

上昇トレンドにあるとき、価格が上昇力を失うと、価格と移動平均線は間隔を徐々に縮めていき、逆に価格が上昇力を強めているときは、価格と移動平均線の間隔が徐々に広がっ
ていきます。

 

つまり、上昇トレンドのときは、価格と移動平均線の位置関係を保ったまま、価格が移動平均線に接近したり離れたりするわけですから、買いシグナル③のケースは、一度、上昇力を弱めた相場が再度上昇を開始したことを意味し、買いのチャンスだといえます(図表3)。

 

[図表3]買いシグナル③ 押し目買いのサイン

 

買いシグナル④について

 

これは「移動平均乖離率」という、別のテクニカル指標として扱われることもあります。

 

移動平均乖離率とは、価格と移動平均線がどれくらい離れているかを数値化(%)してトレードの目安にするテクニカル指標です。移動平均は文字どおり「平均」ですから、価格が平均から離れる(乖離する)と、その後、価格は移動平均線に向けて戻ってくる(平均に回帰する)性質があります。その性質を利用して売買のシグナルにするのです。

 

もし、価格が一定の角度で下降し、移動平均線もそれに並行して、同じ角度で下降していくとしたら、価格と移動平均線の乖離は一定です。

 

ここで下降していた価格が急落するなどすれば、価格は移動平均から乖離することになりますが、通常、そうした状態はいつまでも続くものではありません。急落した相場にはいずれリバウンドが入ります。それにより価格は、移動平均線に近づきます(図表4)。

 

[図表4]買いシグナル④ 急落後の買いサイン

 

とはいえ、移動平均乖離率は使いづらい指標でもあります。なぜなら、「どのくらい離れたら、戻ってくるか」ということが明確になっていないからです。通常、売買シグナルとして使う場合は10%以上とするケースも多いようです。つまり移動平均線から下へ10%以上離れたら「売られすぎ=買いサイン」ということです。しかし、この数字はチャートの時間軸や銘柄ごとの値動きの性質、そのときの市場の状況によって変わってきます。

 

システマチックにトレードを行なう場合は、過去のデータから統計的に最適値を求めて機械的に適用しますが、それでも誤差はつきものです。

 

使いづらいルールは、あくまで参考程度に止めておくことをおすすめします。

本名は手塚宏二。1954年生まれ。早稲田大学政経学部中退。金融会社からIT会社へ転身し、チャートソフトの開発や投資家教育に取り組む。2015年に独立。タートルズのトレード手法をベースとした小次郎講師流の手法で、これまでに教えた2000人を超える門下生からは専業トレーダーも多数輩出。ラジオNIKKEI「小次郎講師のトレードラジオ講座」にレギュラー出演するほか、「マーケット・トレンド」「夜トレ!」「キラメキの発想」などでも活躍中。
著書に『真・トレーダーズバイブル』(パンローリング)、『稼げるチャート分析の授業』(総合法令出版)、『ZAiが作った「商品先物取引」入門』(ダイヤモンド社)などがある。

著者紹介

連載”世紀の教え魔”小次郎講師が指南する「移動平均線」究極の読み方・使い方

本連載は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、日本実業出版社、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

移動平均線 究極の読み方・使い方

移動平均線 究極の読み方・使い方

小次郎講師

日本実業出版社

株式投資やFX投資などで移動平均線は最も基本となるテクニカル指標ですが、通常の使い方では当たるときもあれば外れるときもあり、実際の相場でそのまま活用できるものではありません。 本書では著者が移動平均線について長年…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧