▲トップへ戻る
家づくり成功のカギ・・・「建て主」と「建築業者」の信頼関係②

前回に引き続き、家づくりを成功させる「建て主」と「建築業者」の信頼関係について説明します。今回は、家づくりのトラブルを未然に防ぐ方法も併せて見ていきましょう。

建て主の「必要以上の現場介入」はトラブルのもと

前回の続きです。建て主が自分の役割を忘れて相手の役割に口をはさむようなことがあれば信頼関係は崩れ、トラブルに発展することもあります。しかし、初めて家づくりを行う建て主でも自分の役割をきちんと果たせば、家づくりは必ず成功します。

 

建築知識の専門的な学習──。建て主が起こしやすい間違いの一つです。知識を学んだ建て主の中には、さまざまな断熱工法を比較し、評論家のように建築業者と交渉する方がいます。

 

建築に関する専門知識を学ぶのは、建て主ではなく建築業者です。建て主が建築知識を学んでも、現場で役立つことはありません。もし、知識を習得した建て主が断熱工法を指定する、あるいは施工方法を指示するなどして、その家が快適にならなかった場合、全ての責任は建て主が負うことになります。

 

建築業者は建て主の指示にしたがって施工しただけなので、責任を問われることはありません。ウソのような話ですが、実際に起こり得ることです。

 

建築中はさまざまなトラブルが発生します。施工業者の怠慢や設計ミスは論外として、それ以外の要因の一つは、営業担当者との口約束、建て主による無理な設計変更、そして建て主の必要以上の現場介入などです。ときには建て主と建築業者との間に生まれた小さな不信感が大きなトラブルに発展するケースがあります。

建て主の役割は「どんな家に住みたいか」を考えること

こうしたトラブルを未然に防ぐには、建て主の役割と建築業者の役割をはっきり区別することが大切です。

 

では、建て主の役割について考えてみましょう。

 

建て主の役割は、どんな家に住みたいかを明確に考えることです。どんな工法を使うようにオーダーするのではなく、この家づくりを通じて、どのような暮らしを得たいか。それによって建築業者が受け止める内容、予算も変わります。

株式会社ウェルダン 代表取締役社長
一級建築士 

昭和45年東京生まれ、中央大学法学部法律学科卒業。大学を卒業し他社に就職後に、父親の創業した一級建築士事務所で建設業者である株式会社ウェルダン(本社:東京都立川市)に入社。社長となってからも、施工物件の基本設計の多くを自ら手掛けるかたわら、大工や職人との打ち合わせに参加し、顧客の家づくりにとことん関わるスタイルを貫く。建て主のためならば時には利潤にこだわらずよりよい部材・仕様の変更にも踏み切るなど、社内・社外から信頼を得ている。

著者紹介

連載人生が変わる家づくり…理想のマイホームを実現する7つのポイント

本連載は、2018年6月3日刊行の書籍『人生が変わる家づくり 一生気持ちよく暮らせるマイホーム』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

人生が変わる家づくり 一生気持ちよく暮らせるマイホーム

人生が変わる家づくり 一生気持ちよく暮らせるマイホーム

兼坂 成一

幻冬舎メディアコンサルティング

一生に一度の家づくりで失敗したくない──マイホームを建てようとする人にとっては当然の願いです。家づくりは、家族の人生にも大きな影響を及ぼす一大イベントです。だからこそ、多くの人が間取りやデザイン、素材、設備など…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧