▲トップへ戻る
理想の家づくり…設計・施工を「工務店」に依頼するメリット

前回は、家の「設計」と「施工」を別会社に任せる危険性を説明しました。今回は、設計・施工を「工務店」に依頼するメリットを見ていきましょう。

大手ハウスメーカーの建築費は、販売経費の比率が高い

家の「設計」と「施工」を別会社に任せるのは得策ではありません。では、基本的に設計・施工が一体の大手ハウスメーカーはどうでしょうか。

 

大量に広告宣伝を流しているので、知名度が高く、親しみがあり、建て主に安心感を与えています。会社の規模も工務店とはまったく異なるので、倒産のリスクがないと思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

 

実際、かつて住宅御三家といわれていた「日本電建」「太平住宅」「殖産住宅」はいずれも倒産や事業譲渡してしまい、今では無くなってしまいました。

 

また提供している住宅は、商品をパッケージ化しており規格外の設備はオプション扱い(追加費用)とする、宣伝広告費はもちろん、大量に在籍する営業担当者の人件費は販売経費として建築費に上乗せするといったデメリットがあり、工務店に比べるとその建築費は明らかに割高です。大手ハウスメーカーの中には、社員の大半を営業担当で構成している会社もあります。販売会社に特化することで、高い利益を上げているのです。

 

そもそも日本には、家の設計料を支払う習慣が根付いていません。設計料がもったいないからと、大切な自宅の設計をハウスメーカーの営業担当に依頼して間に合わせる建て主もいるほどです。しかし、その営業担当者の設計は無料ではなく、その人件費は販売経費として計上されています。大手ハウスメーカーの建築費が高いのは、建築費に含まれる販売経費の割合が大きいからです。

 

こうした仕組みから発生する施工の下請け制度にも問題があります。大手ハウスメーカーから建築工事を受注した下請け業者は、各業種の職方に工事を分離して発注します。各業種とは、大工をはじめ屋根や板金、左官、タイル、建具、塗装、内装、ガス、電気、水道など約20業種に及ぶ職方のことです。下請けの建築業者は、自分たちの利益を優先して職方の賃金を値切るため、各業種の職方はぎりぎりの予算で働いています。

工務店は「建て主の意向」に柔軟な対応が可能

大手ハウスメーカーのこうしたデメリットを解消するのが工務店です。設計から施工まで一貫して自社で行う会社、棟梁をはじめとする数人で施工だけを請け負う会社、外部の建築士や設計事務所と提携してデザイン性の高い家を施工する会社など、会社の形態や方針、規模はさまざまです。

 

パッケージ商品を売り込む多くの大手ハウスメーカーとは異なり、仕様に制限のない自由設計を特長とする会社が多いため、建て主の意向やこだわり、敷地条件などをくみ取る柔軟性を備えています。

 

また、地域に密着している工務店は、気候風土や土地の慣習、交通状況などにも細やかに対応できます。高気密・高断熱、自然素材、オリジナル工法などを研究して家づくりに取り入れる会社も増えています。

 

あえて難点を挙げると、販売するプランが規格化されていないため、職人の腕次第で仕上がりに差が出やすくなることです。

 

その問題を解消するため、私の会社の例でいいますと、基礎、大工、屋根、電気、床暖房、左官など家の基本性能を左右する大事な工事は、10年以上にわたって当社の家づくりに携わっている職人のみが担当する制度を敷いています。

 

主要職人の大半を専任で固定化できるのは、その会社が職人たちとの間に信頼関係を築いているからです。

 

職人の待遇を下げてきた建築会社には、決して真似することはできません。 職人の入れ替わりが激しい会社では、職人にとってメリットの少ないアフターサービスなどの仕事がうまくまわらないことがありますが、職人を固定化すればスムーズに対応できます。

 

トータルで考えると、「工務店の設計の自由度やこだわり・予算感」のほうが、建て主へのメリットが高いように思います。

[図表]請負方式によるちがい
[図表]請負方式によるちがい

 

 

 

兼坂 成一

株式会社ウェルダン 代表取締役社長

一級建築士

株式会社ウェルダン 代表取締役社長
一級建築士 

昭和45年東京生まれ、中央大学法学部法律学科卒業。大学を卒業し他社に就職後に、父親の創業した一級建築士事務所で建設業者である株式会社ウェルダン(本社:東京都立川市)に入社。社長となってからも、施工物件の基本設計の多くを自ら手掛けるかたわら、大工や職人との打ち合わせに参加し、顧客の家づくりにとことん関わるスタイルを貫く。建て主のためならば時には利潤にこだわらずよりよい部材・仕様の変更にも踏み切るなど、社内・社外から信頼を得ている。

著者紹介

連載人生が変わる家づくり…理想のマイホームを実現する7つのポイント

本連載は、2018年6月3日刊行の書籍『人生が変わる家づくり 一生気持ちよく暮らせるマイホーム』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

人生が変わる家づくり 一生気持ちよく暮らせるマイホーム

人生が変わる家づくり 一生気持ちよく暮らせるマイホーム

兼坂 成一

幻冬舎メディアコンサルティング

一生に一度の家づくりで失敗したくない──マイホームを建てようとする人にとっては当然の願いです。家づくりは、家族の人生にも大きな影響を及ぼす一大イベントです。だからこそ、多くの人が間取りやデザイン、素材、設備など…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧