詐欺には要注意⁉ ICOのメリットとデメリット

今回は、ICOのメリットとデメリットについて見ていきます。※本連載では、株式会社メデュの代表取締役である鹿子木健氏の著書『2時間で丸わかり 仮想通貨の超入門書』(ぱる出版)の中から一部を抜粋し、儲かる仮想通貨の選び方を解説します。

「株式上場」と比べればはるかに簡単で敷居が低い

ICOとはInitial Coin Offeringの頭文字をとったもので、新規上場株式を表すIPO(Initial Public Offering)になぞらえてつくられた言葉です。

 

ICOとは企業や人が、オリジナルの仮想通貨を発行し、出資者を募る仕組みです。

 

ICOの場合、一から新しい仮想通貨を作るケースもあれば、ビットコインやリップル、イーサリアムなど既存の仮想通貨を活用し「山田さんが作ったイーサリアムベースの山田コイン(仮)」などを作るケースもあります。仮想通貨の発行事業者では、自社の仮想通貨を活用したICOサポート事業をしているところもあります。

 

仮想通貨はこれからも爆発的に種類が増えていくでしょう。これはビットコインやイーサリアムなどの「仮想通貨そのもの」が増える以外に、ICOによる派生型の仮想通貨も増えていくからです。

 

ICOのメリット

 

ICOの発行者、投資家それぞれのメリットを考えてみましょう。

 

【発行者のメリット】

 

①「株式上場」と比べればはるかに簡単で敷居が低い

 

現在日本に上場企業は3000社以上ありますが、上場するためには厳しい上場基準がありますし、上場するための手間暇、コストは当然大きいものになります。一度上場したとしても基準を満たせない場合、上場廃止になるケースもあります。ICOは株式上場よりも、こういった手間がかかりません。やろうと思えば、ICO自体は誰でもできます。

 

②「銀行融資」と比べてもはるかに簡単で敷居が低い

 

「株式上場」で資金を集められるほどの事業規模がない会社の場合、頼りは銀行の融資ですが、銀行から融資してもらうのも当然厳しい基準をクリアしなくてはなりません。さらに、銀行融資とは違って、ICOであれば購入者に対し返済の必要はありません。

 

【投資家のメリット】

 

投資家のメリットは株式投資と同じです。ICOにより、購入した仮想通貨の価値が上がれば利益を得ることができます。

 

【ICOで気を付けること】

これは、第1回で挙げた「仮想通貨を購入するときのポイント」と全く同じです。ICOの発行者が何をしようとしているのか、集めた資金で何をしようとしているのかを見極めましょう。「国」も「事業」も「人」もわからないICOに投資をしては絶対にいけません。

あとを絶たないICO詐欺の実態とは?

残念ながらICO関連の詐欺も横行しています。

 

ICOで新たな仮想通貨が作られる際には「ホワイトペーパー」と呼ばれる仮想通貨の理念や目的などが記載された書面が作られます。ですが、ホワイトペーパーで書かれていた景気のよさそうな事業が実際には行われていなかった……、などがよくあるICO詐欺です。

 

なお、現時点で、法的には「ICO詐欺」とは何か、というものはまだ定義されておらず、被害者が被害を受けたと思ったら詐欺とみなされています。

 

ちなみにICOではビットコインやイーサリアムやリップルなど既存の仮想通貨をベースに、新たな仮想通貨を作るケースもあります。しかしその場合、既存の大手仮想通貨が、その新規仮想通貨の価値を担保しているわけではありません。日本円が「日本円で詐欺を働く人」の詐欺内容を担保しないのと同じで、あくまで通貨は媒体にすぎないのです。

 

ICOはIPOほど難しい基準がありません。「手軽にできる」ということはメリットでもありますが、それだけ「事業として志がなさすぎる」企業や個人が混ざりこみやすくはなるという点は注意が必要でしょう。

 

前項で「仮想通貨投資で一番やってはいけないこと」として、「仮想通貨を全部買う」を上げましたが、「目についた上場株式を全部買う」よりも「目についた仮想通貨を全部買う」の方が、玉石混合の「石」の割合は確実に増すでしょう。

 

有象無象のICOですが、まだICOはVALU同様黎明期の仕組みであり、体制も整っていません。既存の金融システムに頼らずに個人が資金を調達できるICOの仕組み自体は意義があります。全否定せず、長い目で見ていきたいですね。 

株式会社メデュ・代表取締役
5000万円の資産を形成するための
コミュニティ・ソフィアアセットマネジメントクラブ代表 

海外不動産、海外株式、商品CFD、株式指数CFD、ETF、外国為替証拠金取引(FX)、仮想通貨などの投資を幅広く経験。02~12年の10年間、中国に在住し教育ビジネスを展開した。同時に資産防衛分野での助言により中国人富裕層から大きな信頼を受ける。日本帰国後は、数千人に対し、資金管理を重視した投資助言(外国為替)を行い、多数の成功者を輩出した。著書は『一週間でマスターFX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』(雷鳥社)『サラリーマンでも1年で1000万稼ぐ副業FX』(ぱる出版)『仮想通貨の超入門書(ぱる出版)』。

http://blog.kanakogiken.com

著者紹介

連載知識ゼロから覚える! 仮想通貨「投資」の常識

本連載は、鹿子木健氏の著書、『2時間で丸わかり 仮想通貨の超入門書』(ぱる出版)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、版元、および幻冬舎グループはその責を負いません。

2時間で丸わかり 仮想通貨の超入門書

2時間で丸わかり 仮想通貨の超入門書

鹿子木 健

株式会社ぱる出版

愚者はバブルに踊り、賢者は確実に稼ぐ! 投資法/ブロックチェーン/リスク管理/コインチェック事件 ビットコインはもちろん、 今までの仮想通貨も、これからの仮想通貨もこれ1冊でOK! 本書は、知識ゼロの人に向けた仮想…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧