「法定通貨」VS「仮想通貨」…将来生き残る通貨とは?

今回は、法定通貨と仮想通貨同士の、基軸通貨をめぐる覇権争いについて見ていきます。※本連載では、株式会社メデュの代表取締役である鹿子木健氏の著書『2時間で丸わかり 仮想通貨の超入門書』(ぱる出版)の中から一部を抜粋し、儲かる仮想通貨の選び方を解説します。

米国の中央銀行では仮想通貨を用いた決済の構築も

日々生まれる仮想通貨、そして今までの法定通貨。将来、生き残っているのはどの通貨でしょうか?

 

これまで仮想通貨の「今」を見てきましたが、本項ではこれからの仮想通貨がどうなっていくのか、「通貨戦争」という切り口で見ていきたいと思います。この「戦争」には、「法定通貨と仮想通貨の戦争」と「仮想通貨同士の戦争」があります。

 

①法定通貨と仮想通貨の戦争

 

仮想通貨がもたらすインパクトは「法定通貨との戦争」を超え、「資本主義のこれまでの統治体制との戦争」と言ってもいいでしょう。かつての「共産主義の登場」くらい大きな社会変革です。仮想通貨により独立国家最高の権力である「通貨発行権」を国家が持ち得なくなるのですから、発明を超え、革命といえるでしょう。

 

これは資本主義そのものへの、中央集権的なものに対する挑戦です。法定通貨側である、国家をはじめとした既得権益を持っている側はそれを死守するでしょう。それに対し、仮想通貨側はどこまで世論を引っ張っていけるでしょうか。

 

また、法定通貨と仮想通貨が「融合する」ケースとして、「中央銀行が仮想通貨を発行する」シナリオ(※書籍参照)について触れましたが、米国の中央銀行では、実際に仮想通貨リップルを用いた決済の仕組みの構築が進められています。ちなみに、リップルにはグーグルが出資をしています。「グローバル企業の覇権争い」にも仮想通貨は大きな役割を果たすでしょう。

ビットコインの淘汰後はアルトコイン同士の戦いに⁉

②仮想通貨同士の戦争

 

まず発生するのがビットコインと、アルトコイン(ビットコイン以降の後発の仮想通貨)との戦いです。ビットコインは決済が遅い、ブロックサイズが1MBと小さいなど欠点もあります。ビットコインは1秒に7回しか取引できず、本気で決済に使おうとしているのかと疑問に思う遅さです。

 

ビットコインが淘汰された後はアルトコイン同士の戦いになるでしょう。

 

数多くあるアルトコインの中での基軸通貨は何になるかについては「国際送金」の分野ではリップルが、スマートコントラクトではイーサリアムに優位性があります。

 

今後、ICOも淘汰されていくでしょう。供給過多になれば、吸収、買収も進むはずです。見向きもされず死んでいく仮想通貨もあることでしょう。 

株式会社メデュ・代表取締役
5000万円の資産を形成するための
コミュニティ・ソフィアアセットマネジメントクラブ代表 

海外不動産、海外株式、商品CFD、株式指数CFD、ETF、外国為替証拠金取引(FX)、仮想通貨などの投資を幅広く経験。02~12年の10年間、中国に在住し教育ビジネスを展開した。同時に資産防衛分野での助言により中国人富裕層から大きな信頼を受ける。日本帰国後は、数千人に対し、資金管理を重視した投資助言(外国為替)を行い、多数の成功者を輩出した。著書は『一週間でマスターFX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』(雷鳥社)『サラリーマンでも1年で1000万稼ぐ副業FX』(ぱる出版)『仮想通貨の超入門書(ぱる出版)』。

http://blog.kanakogiken.com

著者紹介

連載知識ゼロから覚える! 仮想通貨「投資」の常識

2時間で丸わかり 仮想通貨の超入門書

2時間で丸わかり 仮想通貨の超入門書

鹿子木 健

株式会社ぱる出版

愚者はバブルに踊り、賢者は確実に稼ぐ! 投資法/ブロックチェーン/リスク管理/コインチェック事件 ビットコインはもちろん、 今までの仮想通貨も、これからの仮想通貨もこれ1冊でOK! 本書は、知識ゼロの人に向けた仮想…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧