▲トップへ戻る
元刑事が伝授!「ウソのサインを引き出す」質問のテクニック

今回は、ウソのサインを引き出す質問のテクニックについて紹介します。※本連載は、元警部である森透匡氏の著書『元刑事が教えるウソと心理の見抜き方』(明日香出版社)から一部を抜粋し、ウソや人間心理を見抜くテクニックを紹介します。

短く明確な質問で、相手に考える時間を与えない

◆質問は簡単に、明確に、短文ですること

 

質問が曖昧だったり、わかりにくかったりすると、相手に理解されずウソのサインが出にくくなります。反応を見るには、相手が質問の趣旨を理解していることが前提です。従って質問は、簡単に、明確に、そしてわかりやすくするために短文ですることが重要です。

 

政治家などの疑惑が報じられたあとに、緊急記者会見を開くことがありますよね。各社の記者が手を挙げて一斉に質問するので、時間も数もかぎられます。そんなときに長々と前置きをして、1回でいくつもの質問を言う人がいます。

 

あれは最悪の質問の仕方です。つまり聞かれた方も相手の質問が長い分、考える時間が与えられます。そのため辻褄の合う回答を考える余裕が生まれます。ウソつきはウソのストーリーを組み立てていますから、真実を語るときよりも考える時間が必要になります。ですから、考える時間は与えないことが重要です。

 

また複数の質問がくると、どの質問に反応したのかわからなくなります。

感情をこらえ、淡々と質問をすることが大切

◆興奮して感情を出しての追及は避ける

 

ウソをついているのがわかったり、話に矛盾を感じたりすると、感情が表に出て怒鳴ってしまう方もいます。しかし、そこはぐっとこらえて淡々と質問することが大事です。

 

ウソを見抜くためには、相手に真実を話してもらう必要があります。相手が心を閉じてしまうと、それは不可能になります。相手の態度や言動に感情的になるのは逆効果です。冷静さを失わず、徐々に心を開かせた上で話をさせることが必要です。

 

◆ウソが固まらないようにする

 

ウソつきはこの場をどう逃れようかと常に考えているため、ウソを重ねていくことになります。

 

そして、ウソを上塗りすればするほど、ウソをつくことに慣れてきます。これが過去記事『元刑事が伝授! ウソを認めさせる「初動対応」の重要性』(関連リンク参照)でも説明した「ウソが固まる」という現象です。こうなると、ウソを見破ることはかなり困難になります。

 

ですから、なるべくウソをつかせないようにすることが重要です。

 

「あなたはしていないのですね?」

「はい」

「あなたは知らないのですね?」

「はい」

「あなたは関係ないのですね?」

「はい」

 

このように否定形の質問を繰り返していくと、ウソが固まりやすいので避けましょう。

 

 

 

森 透匡

刑事塾 塾長
経営者の「人の悩み」解決コンサルタント(人事コンサルタント)
株式会社クリアウッド 代表取締役

刑事塾 塾長
経営者の「人の悩み」解決コンサルタント(人事コンサルタント)
株式会社クリアウッド 代表取締役 

警察の元警部。詐欺、横領、贈収賄事件等を扱う知能・経済犯担当の刑事を約20年経験。 東日本大震災を契機に独立し、刑事時代に現場で培ったコミュニケーションスキルをビジネスで役立ててもらうために「刑事塾」という学びの場を開講。「ウソや人間心理の見抜き方」を主なテーマに大手企業、経営者団体など毎年全国180か所以上で講演・セミナー・企業研修を行い、これまで5万人以上が聴講、「究極の心理学だ!」「おもしろい!」と人気を博している。
テレビ朝日「モーニングバード」、フジテレビ「ノンストップ」、読売新聞、日経新聞などメディアへの出演、掲載も多数。著書に「元刑事が教えるウソと心理の見抜き方(明日香出版社)」がある。

【実績】
神戸製鋼所、三井不動産、JXエネルギー、プルデンシャル生命保険、日本政策金融公庫、みずほ総合研究所、東京消防庁、千葉日経懇話会、東京商工会議所、東洋大学など(敬称略、順不同)

著者紹介

連載知能・経済犯担当の元刑事が教える「ウソ」の見抜き方

 

元刑事が教える ウソと心理の見抜き方

元刑事が教える ウソと心理の見抜き方

森 透匡

明日香出版社

警察官として約28年、うち知能・経済班担当の刑事を約20年務めた著者が、その経験の中から生み出した「ウソや人間心理の見抜き方」を公開。 相手がウソをついたときのサインの見方や、ウソつきかどうかを見極める質問の仕方が…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧