「めまい・耳鳴り」の原因となる病気の例

前回は、「めまい・耳鳴り」と片頭痛の関連について解説しました。今回は、「めまい・耳鳴り」の原因となる主な病気について説明します。

めまい・耳鳴りは、病名ではなく「症状名」

めまい・耳鳴りは、基本的には病名ではなく症状名です。めまい・耳鳴りの原因となる病気や不調は、いろいろあります。心配事があって不安なときや、うつ状態のときに心因性のめまいが起こることもあります。

 

これまでの連載で、耳や脳神経の構造からめまい・耳鳴りの起こるメカニズムを考えました。それとも関係しますが、めまい・耳鳴りの原因として主なものを挙げるなら、耳のトラブル、そして脳血管のトラブルです。

 

今回以降では、めまい・耳鳴りの原因となる主な病気を挙げて検討していきたいと思います。病気が特定できれば、めまい・耳鳴りは、その病気に伴う症状として治療します。

 

ただし、めまいに関しては、原因となる病気が特定できないケースが全体の2~3割と、けっこうな割合を占めています。原因となる病気がないこれらのめまいは、「めまい症」という病名で呼ばれます。

若い患者は片頭痛かメニエール病を疑って診察・治療

どんな病気がめまい・耳鳴りの原因になるかは、患者さんの年代によってある程度傾向が分かれます。

 

まず、私が多くの患者さんを診てきた経験から言えるのは、50歳代以前の方がめまい・耳鳴りを訴えていらっしゃった場合は、頭痛持ちが多いということです。それ以外は、主にメニエール病の疑いか、耳石によるものがほとんどです。

 

基本的に、若い患者さんは片頭痛かメニエール病を疑って診察、治療していますが、それでよくなる方が非常に多い印象があります。

 

めまいと耳鳴りは同時に起こることも多い症状ですが、耳鳴りだけの場合、音に対して過敏になる聴覚過敏と、難聴の2つが主な原因になります。そのうち聴覚過敏による耳鳴りには、片頭痛が関係している場合が多い印象があります。

 

年配の方になると、脳血管や内耳の加齢による機能低下が増えてきます。そこで、年配の患者さんは脳梗塞などの血管トラブルに注意し、加齢を考慮しながら診るようにしています。例えば、お年寄りの耳鳴りは、加齢による難聴が原因となっているケースが多いといえます。

医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 

1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院
https://miminari-watanabe.com/

著者紹介

連載本当は怖い「めまい・耳鳴り」の基礎知識

本当は怖い めまい・耳鳴り

本当は怖い めまい・耳鳴り

渡辺 繁

幻冬舎メディアコンサルティング

めまい・耳鳴りを完治させるためには「市販薬に頼り切らない適切な対処と日常生活での心がけ」がカギとなります。 耳鼻科の切り口からめまい・耳鳴りの根本原因を見抜き、治療することに長けた著者が、つらい症状を治すための…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧