めまいや耳鳴りと密接に関わる「片頭痛」という病気

前回は、「めまい・耳鳴り」の原因となる病気の例として、前庭神経炎等について説明しました。今回は、片頭痛とめまいの関係を見ていきます。

根治をあきらめ、薬で対処している人が多い「片頭痛」

脳の血管に原因があり、めまいや耳鳴りを伴う病気には、慢性頭痛の一種である片頭痛もあります。

 

片頭痛は、特に自己診断に頼って―というよりは根本的に治すことをあきらめて、薬で対処している人が多い病気だと思われます。長年、薬を飲み続けてきた頭痛持ちの患者さんには、痛みがつらいので薬の量が増え、めまいや耳鳴りがひどくなったので耳鼻科にいらっしゃるということがよくあります。

 

片頭痛の発作時には、ズキズキと脈を打つような激しい痛みがあり、動くのもつらくなります。そして、光や音、においなどに敏感になり、吐き気がしたり実際に吐いてしまう場合も少なくありません。

薬が効かない片頭痛がある場合は専門医に相談を

それだけつらい症状ですが、かつてはしっかり治せる治療法が確立していなかったので、「自分は頭痛持ちだから」と、皆さん我慢してつきあってこられたのです。

 

当院にめまい・耳鳴りを訴えて来られる患者さんたちも、ご本人は、めまい・耳鳴りと頭痛が結びついているとは思っていない場合が多く、私が問診して初めて「実は片頭痛だった」と知ることになります。

 

ですが、この片頭痛も、めまいや耳鳴りと密接に関わっている病気なのです。片頭痛は女性に多く、比較的若い年代の患者さんだと、めまい・耳鳴りの陰に「現役の片頭痛」が隠れています。そして、ご年配の患者さんだと、「昔、片頭痛に悩まされていて、最近それは治まったけれども、めまい・耳鳴りがする」とおっしゃる方が多いのが特徴です。

 

片頭痛の発作は、脳の血管が広がって炎症を起こすことで起こると考えられています。血管が拡張する原因ははっきりしていませんが、片頭痛は圧倒的に女性に多いことから、女性ホルモンの影響があることはほぼ疑いありません。

 

片頭痛の発作には、視界にチカチカする光が現れる閃輝暗点(せんきあんてん)のような特徴的な前兆を伴うものがあります。最近は、その前兆を感じた際に服用し、発作のつらさを和らげる薬が使われるようになりました。

 

この片頭痛は最近注目されているテーマなので、本書の中でも取り上げています。片頭痛があって頭痛薬、鎮痛薬を常用している方、特に薬が効かなくてつらいという方は、専門の医師にぜひ相談してください。今では、そのつらい症状を治す方法が確立し、徐々に広まっています。

医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 

1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院
https://miminari-watanabe.com/

著者紹介

連載本当は怖い「めまい・耳鳴り」の基礎知識

本当は怖い めまい・耳鳴り

本当は怖い めまい・耳鳴り

渡辺 繁

幻冬舎メディアコンサルティング

めまい・耳鳴りを完治させるためには「市販薬に頼り切らない適切な対処と日常生活での心がけ」がカギとなります。 耳鼻科の切り口からめまい・耳鳴りの根本原因を見抜き、治療することに長けた著者が、つらい症状を治すための…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧