耳の病気が原因で起こる「めまい」の例

前回は、めまいのタイプと、そこにひそむ病気のリスクについて取り上げました。今回は、耳の病気が原因で起こる「めまい」の例を見ていきます。

メニエール病、良性発作性頭位めまい症、突発性難聴

耳に原因のあるめまいで主だったものは、「メニエール病」「良性発作性頭位めまい症」、それに、めまいを伴う「突発性難聴」です。

 

メニエール病は内耳に余分なリンパ液がたまって起こる病気で、言ってみれば耳の中のむくみです。良性発作性頭位めまい症は、三半規管の中に前庭から石が迷い込んだ場合に起こります。突発性難聴は、原因を特定することが難しい病気です。

 

これらのほかにも、カゼが治った後に内耳に炎症が残る「内耳炎」や、強く鼻をかんだ後などに起こりやすい「外リンパろう」(内耳のリンパ液が中耳に漏れてしまう状態)といった病気が、めまい・耳鳴りの原因になります。

 

内耳炎のうち、神経の炎症である「前庭神経炎」は、耳鼻科の病気としては比較的よく知られています。

聴覚に障害が残るケースもあるため、早めの治療を

メニエール病という病名は、聞いたことのある方が多いのではないでしょうか。前触れなく突然めまいの発作が起こり、耳が詰まったような感じがして、耳鳴りや難聴を伴う病気です。

 

メニエール病のめまい発作は、自分や周りのものがグルグル回っているような感じです。めまいとともに低音が聞こえにくい難聴が起こり、多くの人は耳鳴りを感じます。そのとき聞こえるのは「ザーッ」「ジーッ」という感じの低音です。人によっては吐き気を伴い、実際に吐いてしまう人もいます。めまいが止まると耳鳴りも治まります。

 

こうした発作をたびたびくり返すので、患者さんにとっては実につらいものです。メニエール病の原因は、内耳にある蝸牛の中を満たしているリンパ液の量が、なんらかの理由で増えてしまうこと(ストレスとの関連が指摘されています)。蝸牛が水ぶくれになってうまく機能しなくなり、めまいや耳鳴りを引き起こすのです。

 

メニエール病の治療は薬物療法が主体で、発作を抑える抗めまい薬や、内耳の状態をよくする利尿薬、循環改善薬などを処方します。

 

患者さんはめまい発作に意識が向きがちだと思いますが、めまいが治まっても聴覚に障害が残る場合が少なくありません。思い当たる方は、早めに治療を始めていただきたいと思います。

医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 

1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院
https://miminari-watanabe.com/

著者紹介

連載本当は怖い「めまい・耳鳴り」の基礎知識

本当は怖い めまい・耳鳴り

本当は怖い めまい・耳鳴り

渡辺 繁

幻冬舎メディアコンサルティング

めまい・耳鳴りを完治させるためには「市販薬に頼り切らない適切な対処と日常生活での心がけ」がカギとなります。 耳鼻科の切り口からめまい・耳鳴りの根本原因を見抜き、治療することに長けた著者が、つらい症状を治すための…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧