3タイプある「めまい」・・・それぞれにひそむ病気のリスクとは?

前回は、「めまい・耳鳴り」の原因となる病気の例を取り上げました。今回は、めまいのタイプと、それぞれのめまいにひそむ病気のリスクについて見ていきます。

めまいは「回転性・動揺性・浮動性」に大別できる

めまい・耳鳴りの主な原因となるのは、耳か脳血管のトラブルです。そこで、めまいのタイプごとに、どんな病気が原因となり得るかを大まかに分けてみましょう。

 

[図表]

 

めまいのタイプには、主に、グルグルする回転性めまい、フラフラする動揺性めまい、フワフワする浮動性めまいがあります。

脳の病気が原因となっているケースも

①回転性めまいの原因

 

自分や目の前のものがグルグルする回転性めまいは、耳の病気によっても、脳の病気によっても起こります。代表的な耳の病気としては、内耳のリンパ液が増えすぎる「メニエール病」、突然耳の聞こえが悪くなる「突発性難聴」、平衡感覚をつかさどる前庭神経に炎症が起こる「前庭神経炎」などがあります。

 

脳の病気としては、小脳や脳幹などに起こる「脳梗塞」や、高血圧、動脈硬化に伴う動脈の血流の悪化が挙げられます。

 

②動揺性めまいの原因

 

頭や体がフラフラする動揺性めまいの原因は、回転性めまいの原因とほぼ重なります。ただし、歩くときにふらつくケースでは、脳の障害がより強く疑われます。その意味で「怖いめまい」だといえます。

 

注意したい脳の病気としては、小脳や脳幹で起こる脳梗塞のほかに、前庭神経や蝸牛神経にできる「聴神経腫瘍」があります。聴神経腫瘍によるめまい・耳鳴りは、歩くとフラフラすることに加え、片側の耳の調子が悪くなるのが特徴です。

 

③浮動性めまいの原因

 

フワフワと浮くような感じがする浮動性めまいは、体調が悪いときによく起こりやすい症状です。これだけで特定の病気を疑う性質のめまいではありません。めまい・耳鳴りの根本原因となっている病気を明らかにすることは、適切な治療を行う第一歩となります。

 

以下では、専門医がめまい・耳鳴りを診るときに原因と疑う主だった病気を挙げて解説していきましょう。

医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 

1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院
https://miminari-watanabe.com/

著者紹介

連載本当は怖い「めまい・耳鳴り」の基礎知識

本当は怖い めまい・耳鳴り

本当は怖い めまい・耳鳴り

渡辺 繁

幻冬舎メディアコンサルティング

めまい・耳鳴りを完治させるためには「市販薬に頼り切らない適切な対処と日常生活での心がけ」がカギとなります。 耳鼻科の切り口からめまい・耳鳴りの根本原因を見抜き、治療することに長けた著者が、つらい症状を治すための…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧