めまい・耳鳴り・・・耳の構造から理解する「聴覚・平衡感覚」

前回は、めまい・耳鳴りのメカニズムを知る手がかりとして「耳・脳」のしくみを解説しました。今回は、「聴覚」「平衡感覚」をつかさどる部位を説明します。

聴覚をつかさどる「蝸牛」

まず聴覚のほうから説明しましょう。

 

[図表]耳の働き

 

 

内耳の前側の奥を見ると下のほうに「蝸牛(かぎゅう)」という器官があります。この蝸牛という名前は文字どおり「かたつむり」を意味していますが、まさにそういう形に見えると思います。

 

中耳の耳小骨が増幅した振動は、この蝸牛に伝わります。蝸牛の中はリンパ液(体液)で満たされていて、音の振動がリンパ液を揺らすと、その揺れを電気信号に変換して「蝸牛神経」に送り出すしくみになっています。脳は、その電気信号から音の情報を受け取るのです。

 

蝸牛の中で電気信号を作っている感覚細胞を「有毛細胞」といいますが、この細胞は、蝸牛内のどこにあるかによって担当する音の高さ(周波数)が異なります。

平衡感覚をつかさどる「三半規管」

次に平衡感覚です。平衡感覚をつかさどる器官といえば、「三半規管」の名前に思い当たる人もいらっしゃると思います。その場所は、内耳の後ろ寄りでやや外側、図表で見ると蝸牛よりも上にあって、「前庭」という部位をはさんで蝸牛とつながっています。

 

三半規管というのは、半円形をした3つの半規管(前半規管、後半規管、外側半規管)の総称です。3つの半規管は、それぞれ90度ぐらいずつ傾いています。この絶妙な構造によって、縦・横・前後の回転を総合的に感じ取れるようになっているのです。

 

内耳の構造は一見ぐにゃぐにゃと入り組んでいるので「迷路」という別名もあるほどですが、よく見るとそれだけ精巧な作りをしているのです。

 

半規管は、骨(骨半規管)と膜(膜半規管)の二重構造になっていて、中はリンパ液で満たされています。そして、前庭につながっているつけ根の部分で、有毛細胞がリンパ液の揺れを電気信号に変換し、前庭神経に送り出すのです。

 

また、前庭の中には、2つの耳石器(卵形嚢、球形嚢)があります。耳石器は、直線的な動きや重力が加わると、その刺激を電気信号に変えて前庭神経に送り出します。

医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 

1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院
https://miminari-watanabe.com/

著者紹介

連載本当は怖い「めまい・耳鳴り」の基礎知識

本当は怖い めまい・耳鳴り

本当は怖い めまい・耳鳴り

渡辺 繁

幻冬舎メディアコンサルティング

めまい・耳鳴りを完治させるためには「市販薬に頼り切らない適切な対処と日常生活での心がけ」がカギとなります。 耳鼻科の切り口からめまい・耳鳴りの根本原因を見抜き、治療することに長けた著者が、つらい症状を治すための…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧