回転性・動揺性・浮動性・・・「めまい」の3つのタイプ

前回は、子どもたちに起こりやすい「思春期のめまい」について取り上げました。今回は、めまいのタイプや主な症状等について解説します。

患者が訴える、グルグル・フラフラ・フワフワという感覚

では、ここからは大人のめまい・耳鳴りについてです。まず、めまいから述べていきましょう。患者さん自身の言葉で表現すると、めまいには次のようなタイプがあります。

 

[図表]

 

①グルグルするめまい

●自分あるいは周囲のものがグルグル回る。

●周囲のものが左右あるいは上下に流れていく。

これらは、回転性めまいの患者さんが訴える感覚です。

 

②フラフラするめまい

●頭あるいは体が揺れている感じがする。

●フラフラする。あるいは実際に歩くときふらつく。

こうしためまいは、非回転性めまいのタイプのひとつで「動揺性めまい」といいます。回転性めまいでも、同じようなふらつきを訴える人がいます。

 

③フワフワするめまい

●体あるいは足元がフワフワする。

●体が宙に浮いているような感じがする。

このような訴えは、非回転性めまいのうち「浮動性めまい」と呼ばれるタイプです。患者さんによって、「頭がフワッとする感じ」とか、「雲の上を歩くような感じ」「船に乗っているような感じ」と表現する人もいます。

 

以上の3つ(グルグルする回転性めまい、フラフラする動揺性めまい、フワフワする浮動性めまい)が、めまいの主なタイプです。患者さんが、このように具体的に自分の感覚を説明してくださると、専門の医師には、「あ、このタイプのめまいなのだな」と、およそ見当がつきます。

 

めまいのタイプの区別は、原因となっている病気にある程度の目星をつける基準にもなり、それによって治療法も違ってきます。詳しくは今後の記事で解説しますが、歩くときにフラフラしてしまうような動揺性めまいの場合は、脳梗塞なども疑われるので特に要注意です。

「特定の動作・状況」で起きるめまいや耳鳴りも

また、めまいや耳鳴りは、特定の動作や状況をきっかけにして起こる場合もあります。

 

●横になったときや、寝返りを打ったときにグルグルめまいが起こる。

これは、あとで出てくる「良性発作性頭位めまい症」という、頻度の高いめまいに特徴的な症状です。

 

●急に首を回したり、上を向いたりしたときに、めまいが起こる。

これは、脳に血液を送っている動脈の血流が一時的に悪くなったために起こるめまいだと考えられます。

 

●大きな音を聞いたときに、めまいが起こる。

このような場合は、耳の「内耳」という部分に何か原因があると考えます。

 

●耳を押したり圧をかけたりすると、めまいが起こる。

これは、中耳炎の一種を起こしているときの症状です。

 

このように、どんなときにめまい・耳鳴りが起こるかも、医師が原因を探るうえでヒントになるありがたい情報です。

医療法人社団一医会 耳鼻咽喉科渡辺医院 院長 

1951年、東京生まれ。岐阜大学医学部卒業。東大病院分院耳鼻咽喉科助手、JR東京病院勤務を通して、めまい、耳鳴り、難聴、いびきなど多くの症状に接し研鑽を積む。1988年に渡辺医院を開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を持つ。日本耳鼻咽喉科学会、日本めまい平衡医学会、日本聴覚医学会、日本頭痛学会、日本気管食道科学会所属。めまい・耳鳴りのみならず、耳鼻科の切り口から危険な頭痛を見抜き、片頭痛の治療を行っている。

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院
https://miminari-watanabe.com/

著者紹介

連載本当は怖い「めまい・耳鳴り」の基礎知識

本当は怖い めまい・耳鳴り

本当は怖い めまい・耳鳴り

渡辺 繁

幻冬舎メディアコンサルティング

めまい・耳鳴りを完治させるためには「市販薬に頼り切らない適切な対処と日常生活での心がけ」がカギとなります。 耳鼻科の切り口からめまい・耳鳴りの根本原因を見抜き、治療することに長けた著者が、つらい症状を治すための…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧