2018年も「仮想通貨価格の大幅な上昇」が期待できる理由

今回は、2018年も「仮想通貨価格の大幅な上昇」が期待できる理由を説明します。※本連載は、フィスコ仮想通貨取引所の取締役である田代昌之氏の著書、『プロはこうやって儲ける! ビットコイン相場の読み方』(実業之日本社)より一部を抜粋し、「中長期・短期の投資手法」を仮想通貨のプロが解説します。

仮想通貨全体の時価総額が拡大する余地は「十分あり」

ビットコインをはじめ、仮想通貨は数年前から話題となっていますが、2017年はまさに「仮想通貨投資元年」でした。

 

これだけのパフォーマンスを弾き出す投資先はありません。成長途中であるがゆえ、高いパフォーマンスを出すことができるわけですが、2018年に入っても引き続き高いパフォーマンスを期待できると見ています。

 

時価総額上位の仮想通貨もまだまだ成長途中だと考えていますし、仮想通貨全体の時価総額が拡大する余地は十分にあります。

 

一方、市場では、「第2のモナコインを探せ」といった声も聞かれます。どのようなコインにその可能性が秘められているか、こればかりは運不運があり、容易に見つけ出すことはできないかもしれません。

 

しかし、時価総額の小さいコインや新しく流通するコインが大化けする可能性はあります。

 

ビットコインなど時価総額の大きいコインで中長期的な運用を行うのも一つの手ですが、時価総額の小さいコインに投資して、夢を見ることも十分楽しめるでしょう。そんな夢がある投資対象は、もはや仮想通貨しかないといっても過言ではありません。

ICOはハイリスク・ハイリターン…投資の際は注意を

なお、新しく流通するようなコイン、すなわちICO(新規仮想通貨公開)の場合、ホワイトペーパーと呼ばれる説明書(株式では目論見書に該当)に、しっかり目を通すことをお奨めします。

 

ICOはハイリスク・ハイリターンですので、投資をする際には十分な注意が必要です。実際には英文で書かれていたり、システムなど技術的な難しい言葉が多いと思われます。ただ、高いハードルをクリアすることで大化けするコインと出会えるとも私は考えています。

フィスコ仮想通貨取引所 取締役

北海道出身。中央大学文学部史学科日本史学科卒業。新光証券(現みずほ証券)、シティバンクなどを経てフィスコに入社。17年3月から現職も兼務。ボラティリティに関する論文でIFTA国際検定テクニカルアナリスト3次資格(MFTA)を取得。各ベンダーへの情報提供のほか、YAHOOファイナンスなどへもコメントを提供。日経CNBCで定期的にコメンテーターを務めるほか、ラジオNIKKEIではキャスター業務を務める。

著者紹介

連載仮想通貨のプロが教える「中長期・短期の投資手法」

プロはこうやって儲ける! ビットコイン相場の読み方

プロはこうやって儲ける! ビットコイン相場の読み方

田代 昌之

実業之日本社

2017年、たった1年で価格が20倍以上に上昇したビットコイン相場。新たな投資先として熱い注目を浴びる仮想通貨の投資術を、ビットコイントレーダーが解説します。じかに手に取ることができないことから、何だか不思議に思える…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧