▲トップへ戻る
RC造住宅のコスト・・・建築費だけで判断してはならない理由

前回は、不動産の資産価値から見る「RC造の一戸建」の魅力を取り上げました。今回は、建築費だけで「RC造住宅」のコストを判断してはいけない理由を見ていきます。

建築費だけ見て「コストが高い」と認識するのは間違い

RC造には木造や鉄骨造に比べてどうしても建築費が「高い」というイメージがつきまといます。

 

確かに、延床面積40坪の住宅を建てるとなった場合、木造の建築費が約2000万円なのに対し、RC造では3000万円以上の費用が必要となるため、「高い」と感じられるのも無理はありません。

 

しかし、建築費だけを見て「RC造住宅はコストが高い」と認識するのは間違いです。住宅購入を単なる買い物ではなく、今後のための資産運用と考えるのであれば、維持費も含めた「その家に住むために要する費用のすべて」、すなわち「ライフサイクルコスト(LCC)」に着目することが重要なのです。

耐久性の高いRC造は「資産価値」が長く残る

住宅の取得に要するコストは「購入価額-売却価額」で求められます。例えば4000万円で購入した住まいが1500万円で売却できたら、居住に費やした費用は2500万円だったというわけです。

 

しかし、この売却費には先ほど説明した「耐用年数」が大きく関係することを忘れてはいけません。住宅購入の際には多くの人が住宅ローンを利用します。返済期間が30年以上にわたるという人も少なくありませんが、その場合、木造なら22年で資産価値がゼロになってしまいます。例えば30代で自宅を購入した場合、定年退職する頃には家の価値はなくなっていますから、リタイア後の軍資金としては活用できません。

 

すでに述べてきたように、耐久性の高いRC造の住宅ならば資産価値が長く残ります。高い売却価額が期待できるのはもちろん、賃貸住宅として貸し出しても居住性やデザイン性が高く、入居者が付きやすいので、資産として大きな価値を計上できるのです。

株式会社サンオリエント 代表取締役 一級建築士

岡山県倉敷市出身。1969年生まれ。
1987に岡山県立水島工業高校建築科卒業後、10年間大手建設会社にて現場監督、施工管理などを担当。退社後、独立行政法人国際協力機構の青年海外協力隊としてミクロネシア連邦、ブータンへ派遣され、建築指導に従事。2003年に株式会社サンオリエントを設立、代表取締役に就任。マンションや病院などの設計・施工管理の経験と実績をもとにしたRC造住宅の建築を得意とするほか、RC造と木造のハイブリッド住宅や木造住宅など、顧客の希望をもとに快適性と実用性を兼ね備えた住宅を提供している。
また、結露やカビの発生を防ぐ「遮熱材」や埃などの有害物質を吸着してシックハウス症候群を防ぐ新建材を使用するなど、クリーンかつエネルギー効率の良い空間づくりを追求。海外の活動で得た広い視野を持って、前例にとらわれない最高の家造りを目指している。

著者紹介

連載コンクリート建築のスペシャリストが教える「RC造住宅」の魅力

 

安心・快適な家を手に入れたい! 鉄筋コンクリートでマイホームを建てる

安心・快適な家を手に入れたい! 鉄筋コンクリートでマイホームを建てる

磯﨑 慎一

幻冬舎メディアコンサルティング

美術館やランドマークなどに使われ、高いデザイン性が認められながらも、「部屋に熱がこもりそう、寒そう」というイメージが強い鉄筋コンクリート造の住宅。 しかし実際には「夏は涼しく、冬は暖かい」という優れた居住性があ…

 

生命保険活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

生命保険を活用した相続対策&事業承継対策

~実践編

講師 吉永秀史氏
日時 2018年10月23日(火)
内容

※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、

また医師会やMR出身の保険代理店などからは提供されない情報を多数ご用意しております。

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧