不動産の資産価値から見る「RC造の一戸建」の魅力とは?

前回は、火災の被害を最小限に食い止める「RC造住宅」の耐久性について取り上げました。今回は、不動産の資産価値という観点から「RC造の一戸建」の魅力について見ていきます。

ほかの構造に比べ、長期使用に耐えられる「RC造」

生涯設計を考えるうえでは、単に住んで快適というだけでなく市場で高値売却ができる「資産価値」という点で住宅を選ぶことも非常に大切です。病気の治療費や親族の介護費、子どもや孫への相続財産としてなど、住まいを「資産」として活用できれば人生の選択肢が広がります。

 

住宅をはじめとする不動産の価値は、その時々の地価(路線価)や土地面積などをもとに算出されますが、判断基準の一つに財務省の規定する「耐用年数」があります。固定資産税の算出のために用いられる数値で、建物以外にも車両や工具、備品といった資産や設備が何年くらい使用可能なのかを表しています。

 

国税庁の「耐用年数表」によると、不動産の耐用年数は木造が22年、鉄骨造が34年、RC造の場合には47年となっています。つまり、RC造はほかの構造に比べ長期間の使用に耐えられると国が保証しているのです。もちろん、実際にはもっと長く使用できますが、資産としての価値を担保できるのがこの期間と考えるといいでしょう。

 

かつて日本では、親の家を譲り受けるというスタイルが一般的でした。しかし高度成長期を迎え、個人の所得が増えるとともに、独立して新築を購入するのが一種の男性のステイタスとされたのです。

 

また、建築工法の発展などにより戸建て住宅自体にも魅力的なデザインのものが増加しました。そこで、まだまだ住める住宅が取り壊され、新築されるケースが少なくなかったのです。そのため、法定耐用年数は実用に耐える年数よりもずいぶん短く設定されている傾向がありますが、それでもRC造のほうが木造の2倍以上の耐久性があるという比率についてはそのまま認めて問題ないでしょう。

最低でも1世紀、長ければ2~3世紀の使用も可能!?

すでに述べてきたように、RC造の住宅は地震や火災に強く、築古になっても耐久性の低下はわずかです。かつてはコンクリートの劣化によって内部の鉄骨が錆さびたり膨張したりということもありましたが、現在はコンクリートの品質も向上していますし、加えて塗料を塗るなどの工夫で劣化を最小限に防ぐこともできます。

 

私は適切なメンテナンスを怠らなければ、大規模なリフォームを行わなくても最低で1世紀、長ければ2世紀、3世紀の使用にも耐えられると考えています。

株式会社サンオリエント 代表取締役 一級建築士

岡山県倉敷市出身。1969年生まれ。
1987に岡山県立水島工業高校建築科卒業後、10年間大手建設会社にて現場監督、施工管理などを担当。退社後、独立行政法人国際協力機構の青年海外協力隊としてミクロネシア連邦、ブータンへ派遣され、建築指導に従事。2003年に株式会社サンオリエントを設立、代表取締役に就任。マンションや病院などの設計・施工管理の経験と実績をもとにしたRC造住宅の建築を得意とするほか、RC造と木造のハイブリッド住宅や木造住宅など、顧客の希望をもとに快適性と実用性を兼ね備えた住宅を提供している。
また、結露やカビの発生を防ぐ「遮熱材」や埃などの有害物質を吸着してシックハウス症候群を防ぐ新建材を使用するなど、クリーンかつエネルギー効率の良い空間づくりを追求。海外の活動で得た広い視野を持って、前例にとらわれない最高の家造りを目指している。

著者紹介

連載コンクリート建築のスペシャリストが教える「RC造住宅」の魅力

安心・快適な家を手に入れたい! 鉄筋コンクリートでマイホームを建てる

安心・快適な家を手に入れたい! 鉄筋コンクリートでマイホームを建てる

磯崎 慎一

幻冬舎メディアコンサルティング

美術館やランドマークなどに使われ、高いデザイン性が認められながらも、「部屋に熱がこもりそう、寒そう」というイメージが強い鉄筋コンクリート造の住宅。 しかし実際には「夏は涼しく、冬は暖かい」という優れた居住性があ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧