▲トップへ戻る
RC造住宅が「省エネ」と「快適さ」を両立できる理由

前回は、入居後の維持費から「RC造住宅」のメリットを解説しました。今回は、RC造住宅が「省エネ」と「快適さ」を両立できる理由を見ていきます。

注目を集める「外気に影響されない住まい」

近年、住宅を購入する際に、室内の温度や湿度など室内環境の快適さについて意識する人が増えていると感じます。実際、私の会社に来られる方のなかにも「RC造の住まいは、デザインは魅力的だけれど、冬は寒く、夏は暑苦しそうだから・・・」と、悩む人が少なくありません。

 

もともと、日本は国土の大半が温帯モンスーン気候に属しているため、夏暑く冬寒いことは当たり前でした。ですから、かつて日本で多く見られた木造住宅の多くは、季節によって住まいが快適な空間になるよう工夫が凝らされています。

 

例えば、夏の蒸し暑さに対しては庇(ひさし)や縁側を設けて直射日光を遮ったり、壁ではなく開閉できる(ふすま)で部屋を区切ることで風通しを良くしたり、冬には雨戸や襖で扉を二重にし、部屋の熱が外に漏れないようにしたり・・・。エアコンなどがない時代には、「通気性」をコントロールすることで快適さを生み出してきたのです。

 

特に多湿となる日本の夏では、いかに湿度を下げるかが快適さのカギを握ります。同じ温度でも、湿度が高ければ暑く感じるためです。ですから、夏は外気を通して室内の湿度を上げないことが、快適に過ごすための知恵とされてきたのです。

 

そうした考えが広く根付いているため、分厚い壁で囲まれたRC造の住宅は、多くの日本人にとって「通気性が悪く、快適さに欠ける家」と見えてしまうのでしょう。

 

しかし、現代は温度も湿度も家電でコントロールできる時代です。極端なことをいえば、電気代さえ気にしなければどんな家でも年中快適に過ごすことができるのです。

 

とはいえ、電気代は生活費のなかでも多くを占めますから、なるべく少なく抑えたいというのが多くの人の考えでしょう。そこで注目されるのが、断熱性・気密性の高い住まい、つまり「外気に影響されない住まい」です。

 

RC造の住まいなら、省エネと快適な住まいの両方を実現することが可能です。

高い気密性による保温力でヒートショック現象も予防

「外気に影響されない住まい」では、室内の温度が一定で、なおかつ部屋や廊下、浴室など、屋内の温度差が少なくなります。

 

毎年、冬になると室内の温度差を原因とした「ヒートショック現象」による健康被害が多数報告されています。「ヒートショック現象」とは、急激な温度差によって心拍数や血圧が急変動し、身体に大きな負担がかかることで、人によってはこれにより心筋梗塞や脳卒中を引き起こすなど、命にかかわるケースもあるため注意が必要です。

 

ヒートショック現象が起こる場所として最も多いのは「浴室」や「脱衣所」です。昔の浴室や脱衣所は北側に設置されていたり、湿気を取り除くため通気性が高い造りになっていたりというケースが少なくありません。そのため、熱いお湯に浸かったあとに寒い脱衣所に出る、あるいは寒い浴室でいきなり熱いお湯に浸かるなどでヒートショックを起こすことがあるのです。

 

一般的にRC造住宅が外気温に影響されにくいといわれるのは気密性が高いためです。なかでも、壁式構造では基礎や壁、床などが一体成形されているため隙間がなく、冷暖房された室内の空気が室外へ逃げていかないという特徴があります。そのため、一度暖まった空気は外気に触れることなく、長時間同じ温度を保つことができます。

 

一方、木造や鉄骨造は部材をつなぎ合わせて造るラーメン構造のため、どうしてもあちこちに隙間が生じ、外気が入ってきたり室内の空気が漏れたりしがちです。

 

コンクリートの持つ灰色のイメージから、「寒そう」というイメージが強いRC造住宅ですが、実際には高い気密性から保温力に優れた住まいといえるのです。

株式会社サンオリエント 代表取締役 一級建築士

岡山県倉敷市出身。1969年生まれ。
1987に岡山県立水島工業高校建築科卒業後、10年間大手建設会社にて現場監督、施工管理などを担当。退社後、独立行政法人国際協力機構の青年海外協力隊としてミクロネシア連邦、ブータンへ派遣され、建築指導に従事。2003年に株式会社サンオリエントを設立、代表取締役に就任。マンションや病院などの設計・施工管理の経験と実績をもとにしたRC造住宅の建築を得意とするほか、RC造と木造のハイブリッド住宅や木造住宅など、顧客の希望をもとに快適性と実用性を兼ね備えた住宅を提供している。
また、結露やカビの発生を防ぐ「遮熱材」や埃などの有害物質を吸着してシックハウス症候群を防ぐ新建材を使用するなど、クリーンかつエネルギー効率の良い空間づくりを追求。海外の活動で得た広い視野を持って、前例にとらわれない最高の家造りを目指している。

著者紹介

連載コンクリート建築のスペシャリストが教える「RC造住宅」の魅力

 

安心・快適な家を手に入れたい! 鉄筋コンクリートでマイホームを建てる

安心・快適な家を手に入れたい! 鉄筋コンクリートでマイホームを建てる

磯﨑 慎一

幻冬舎メディアコンサルティング

美術館やランドマークなどに使われ、高いデザイン性が認められながらも、「部屋に熱がこもりそう、寒そう」というイメージが強い鉄筋コンクリート造の住宅。 しかし実際には「夏は涼しく、冬は暖かい」という優れた居住性があ…

 

相続・事業承継セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

相続税の税務調査の実態とその対応策

~資産税専門のベテラン税理士が明かす税務調査の具体的な対応法と、将来の調査まで意識した万全な相続税対策の立て方

講師 服部誠 氏
日時 2018年10月31日(水)
内容

・ある日突然やってくる税務調査の実態

・税務調査の種類と違い

・税務調査は断ることができるか

・申告書の提出から税務調査の選定までの流れ

・どんな人が調査に選ばれるか

・調査当日の具体的な内容

・税務調査の最大ポイント

・税務調査まで意識した万全の相続税対策

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧