口呼吸によって引き起こされる「身体的なリスク」とは?

前回は、「口呼吸」の疑いのある症状について取り上げました。今回は、口呼吸によって引き起こされる身体的なリスクを見ていきます。

虫歯や歯周病だけでなく、感染症の心配も・・・

口呼吸がもたらす弊害のうちのひとつが、歯並びの悪化です。

 

口呼吸が習慣になっていると、口をポカンと開けていることが多くなります。すると口唇の筋力が低下し、上下の前歯が前に出てくる、いわゆる「出っ歯」の状態になっていきます。

 

逆に、上下の歯が外側に傾いているために口を閉じていることができず、口呼吸になっているという人も多くいます。そして、出っ歯ぎみで口を閉じられない人がそのまま口呼吸を続けていると、さらに歯の傾きがひどくなる、ということもよくあります。

 

ふたつめには、虫歯や歯周病になりやすいことが挙げられます。これは、口呼吸をすると口内が乾き、唾液による細菌活動の抑制が効かなくなるからです。

 

また、空気中に漂うウイルスや細菌、アレルゲンなどを口から吸い込むことで、風邪やインフルエンザなどの感染症やアレルギー性疾患にかかるリスクが高くなるほか、免疫力の低下なども起こります。

 

そのほか、姿勢が悪くなる、睡眠時無呼吸症候群に陥るなど、口呼吸が習慣になると身体のさまざまなところに悪影響が出る恐れがあります。口がポカンと開いた姿は締まりがない印象を与えますし、ボーッとした表情をいつもしていると、口の周りがたるんできて年齢よりも老けて見えることもあります。

 

さらには口呼吸によって、顔の形そのものが変わってしまうこともあります。

 

この口呼吸による顔の変形は「アデノイド顔貌(がんぼう)」と呼ばれているもので、鼻腔の奥にあるアデノイドという咽頭扁桃が肥大している人に起こりやすい、独特の顔つきを指したものです。

 

ちなみに、アデノイド顔貌の人の特徴としては、口呼吸のほか、鼻孔が小さい、鼻孔が狭い、鼻が低い、猫背姿勢、上顎に比べて下顎が後ろのほうにあるなども挙げられます。

 

アデノイド顔貌は、そのままで放っておくと面長で締まりのない顔つきになり、口を閉じる筋肉も衰えるため、歯並びにも悪影響が出てきます。そして次第に顔がゆがみ、さらには唇を閉じる筋力が低下すると、食べ物を噛んで飲み込む能力が衰える、握力や視力が低下するといったように全身の健康へと悪影響が及ぶこともあります。

 

鼻呼吸ができるよう、今すぐ意識と行動の改革を

口呼吸を続けていても、いいことはひとつもありません。口呼吸になっているという人は、鼻呼吸ができるよう、今すぐ意識と行動を変えるようにしたいものです。

 

口呼吸からの改善を図る時、「鼻で呼吸をしよう」と気をつけるだけでもだいぶ違ってきます。

 

「口から息を吸うことで塵やほこり、ウイルスなど身体に有害なものが肺に入ってきやすくなる」ということを頭の片隅に覚えておけば、自然と意識も高まるでしょう。

 

そして、口を開けっ放しだったと気付いた時にはすぐ閉じる、ひと呼吸つく時に、鼻から吸って鼻から出すことを意識しながら深呼吸を何度か繰り返す、というようなことを試してください。そうするうちに、自然と鼻で呼吸するクセもついてくると思います。

 

「食事中、口をしっかりと閉じて咀嚼する」

「唇を閉じて口角を上げた”スマイル顔”でいることを常に心がける」

「口を閉じてガムを噛む」

「手鏡を携帯して、こまめに自分の顔をチェックするクセをつける」

 

なども、口呼吸の改善に役立ちます。

 

睡眠中は無意識ですので、口呼吸がなかなか改善しないということもあります。口を開け寝ることが多い人は、「睡眠時にマスクをつけて寝る」「枕の高さを床と顔が平行になるように調節する」「睡眠時に医療用の口に貼るテープを使用する」など、「口呼吸を改善するための専門のグッズを用いる」といった方法を試してみるのもよいでしょう。

歯科医師、歯学博士、フリーランス矯正歯科専門医(日本矯正歯科学会認定医)

1980年名古屋生まれ。2005年愛知学院大学歯学部卒。2006年東京歯科大学千葉病院臨床研修医修了。2010年歯学博士取得(東北大学)。2011年東北大学大学院顎口腔矯正学分野助教。日本矯正歯科学会認定医取得。2014年宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業。
最新の技術で〝噛み合わせ〞と〝エステティック〞に配慮した矯正治療を行う。矯正治療の技術を活かした一般歯科とのチーム医療で歯の寿命を延ばし、健康な体を保つための理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案。歯科医師・衛生士がつたえる本格歯科サイト「歯の知りたい!」で歯並びや噛み合わせに関する情報を発信している。

著者紹介

連載国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

 

 

国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

宮島 悠旗

幻冬舎メディアコンサルティング

歯学博士であり、フリーランス矯正歯科専門医として活躍している宮島悠旗氏。両親ともに歯科医師という宮島氏にとって、口元のケアは当然のエチケットとして育てられてきたといいます。しかしながら世間を見渡せば、口元に気を…

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年6月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年6月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年06月23日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年06月23日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年7月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年7月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年07月03日(火)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年07月03日(火)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧