▲トップへ戻る
ドクターの不動産投資・・・国内物件・海外物件選びのポイント

前回は、収益物件における「一括借り上げ契約」のメリット・デメリットを解説しました。今回は、不動産投資における、国内物件・海外物件選びのポイントを見ていきます。

不動産投資をはじめるなら、日本の大都市に絞り込む

不動産投資をはじめるなら、地域は首都圏、大阪、名古屋、福岡など大都市に絞り込むのが得策です。日本はこれから人口減の時代に突入しますが、これらの地域であれば、リスクを軽減できます。

 

たとえば、東京とニューヨークの人口推移を比較してみましょう。ニューヨーク市域の面積は、東京23区の約2倍です。2000年の人口は、どちらも800万人強という近い数字でしたが、2010年には東京のほうが60万人以上多くなっています。人口増加率はニューヨーク2.1%に対して、東京は9.0%です。

 

[図表]人口上位20か国の推移

※日本bは国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来統計人口」による統計局のデータを基に作成
※日本bは国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来統計人口」による統計局のデータを基に作成

 

自分の目が届く地域の物件でないと心配だという人は多いのですが、しっかりした管理会社と一括借り上げ契約を結べば全く問題ありません。実際に私のクライアントで沖縄県に住むドクターは、大阪府にいくつもの不動産を所有して十分過ぎるくらいに収益を上げています。もちろん、空室の心配をすることもなく本業に打ち込んでいます。

日本の人口減が心配なら、海外の物件を購入する手も

それでも日本の人口減が心配、またはより利回りの良い物件を所有したいというのなら、海外の物件を購入するという手もあります。

 

新興国やアメリカなどの一部の先進国は、今後も人口が増えると予想されていますし、また、経済の成長率も日本を上回る可能性が高いでしょう。ならば、それらの地域の賃貸市場も拡大傾向にあるといえます。

 

さらに海外の物件を所有すれば、為替レートの上昇によるキャピタルゲインも狙えます。たとえば、アメリカの物件を1ドル100円のときに100万ドルで購入したとします。それを1ドル120円のときに売却すれば次の価格になります。

 

購入時:100万ドル(1ドル100円)=1億円

売却時:100万ドル(1ドル120円)=1億2000万円

 

為替レートの上昇だけで2000万円の利益が出ました。もし現地の物件価格そのものも上昇していれば、さらに多くの利益が得られます。

 

新興国の物件を購入する場合は、日本に比べて物価が安いので、その国の一等地の物件を視野に入れることができます。日本でいえば、六本木や表参道のマンションなど、富裕者層に人気の物件です。これから経済が急成長する国の一等地の物件ならば、より安定した家賃収入とより多くのキャピタルゲインも期待できるでしょう。

 

もちろんいいことばかりではありません。為替レートが下がることも考えられますし、現地の物件、管理会社だけでなく政情なども見極める目が必要です。

 

最低でも次のことは調べなければならないでしょう。

 

●今後の人口動態

●賃料相場

●平均収入

●今後の地域開発予定

●外国人でも医療施設を開業できるのか

●税制

 

実際には、日本在住のドクターが、現地のこのような情報を得るのは不可能に近いと言えます。しかし、見つけるのは難しいものの、それぞれの国の事情に詳しい日本の仲介会社は存在しているので、そのような会社に現地調査を依頼するのが近道でしょう。私の会社でも国は限定されますが、海外の物件の仲介を行っています。

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

著者紹介

Soegi Group 代表

公認会計士・税理士。1979年生まれ。大阪府立大学経済学部卒業。グロービス経営大学院卒業MBAホルダー。2002年に公認会計士試験合格、卒業後約8年間にわたり大手監査法人にて会計監査、上場準備会社の支援、企業再生、M&A支援等に従事。2010年に同監査法人を退所、公認会計士西川会計事務所を創業。近年は特に医療法人の設立や医師の独立支援を多数手掛ける。

著者紹介

連載多忙な医師の資産形成に最適な「不動産投資」

 

資産家ドクター、貧困ドクター

資産家ドクター、貧困ドクター

大山 一也,西川 晃司

幻冬舎メディアコンサルティング

いまや「医師=超富裕層」とは限らない時代。自分の資産は自分で守り、増やすことが当たり前になってきました。しかし、多忙な医師にはそんな時間を作ることさえ難しいのが実状です。 そこで本書は「手間をかけずに確実に儲か…

 

生命保険活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

生命保険を活用した相続対策&事業承継対策

~実践編

講師 吉永秀史氏
日時 2018年10月23日(火)
内容

※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、

また医師会やMR出身の保険代理店などからは提供されない情報を多数ご用意しております。

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
生命保険活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

生命保険を活用した相続対策&事業承継対策

~実践編

講師 吉永秀史氏
日時 2018年10月23日(火)
内容

※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、

また医師会やMR出身の保険代理店などからは提供されない情報を多数ご用意しております。

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧