不動産の購入…夫婦間の「意思決定」が難しい理由①

前回は、契約から引渡しまでの流れと意思決定の重要性について説明しました。今回は、不動産購入の意思決定にかかる夫婦の悩みについて見ていきましょう。

それぞれ仕事が忙しく、話し合いが持ちにくい場合も

不動産の購入を最終的に決断するまでには、各家庭によって紆余曲折があるものです。一人で住むのならまだしも、家族みんなで住むのであれば、全員が納得するような物件を選ばなければなりません。みんなが満足できなければ、不満が残ることになるのです。

 

特に夫婦間の意見というものはまとまりにくい傾向にあります。男性と女性の違いが関係しているのかもしれませんが、女性のほうが決断が早く、男性のほうが深く悩んでしまいがちというのが一般的です。

 

そのときに、どうやって意見を集約して、最終的な意思決定までもっていけばいいのでしょうか。もちろん、きちんと話し合うことが大事なのは言うまでもありません。話し合いによって意見がまとまるなら、それが最も望ましいでしょう。

 

ただ、夫婦ともに仕事が忙しく、なかなかじっくり話し合う機会がないという家庭も多いことと思います。日中は会社へ行き、夜は疲れて寝てしまい、週末は余暇や家族サービスをしているのであれば、話し合う時間などなかなかとれません。

住宅購入は「早めの決断」が得策

そうなると、マイホームの購入時期はズルズルと先延ばしになってしまいます。その結果、住宅ローンの完済期間が後ろ倒しになり、苦労することになりかねません。できることなら、なんらかの工夫をすることによって、早めに決断したほうが得策です。

 

大切なのは、「どうすれば決断できるのか」「なにが意思決定を妨げているのか」と考えることです。例えば住宅ローンを組むということを懸念しているのであれば、「なぜ住宅ローンを組むことに悩むのか」と考えてみることから始めましょう。

 

この話は次回に続きます。

株式会社四つ葉企画 代表取締役

1975年生まれ。群馬県出身。株式会社四つ葉企画代表取締役。
不動産業および建築業に20年以上従事し、お客様への購入・売却サポート実績は500件を超える。
お客様のライフスタイルに合わせた物件の提案を得意とし、リフォームなどアフターサービスも含めたトータルサポートを行っている。
モットーは「サービスの先にある幸福と感動のご提供」

著者紹介

連載30年後も後悔しない「マイホーム」の立地選びのポイント

本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『絶対得する!初めての一戸建て購入マニュアル』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

久水 陽介

幻冬舎メディアコンサルティング

立地選びの基本から、お得なローン、不動産会社の裏事情、営業マンの仕掛けるワナまで生涯一度の買い物で後悔しないための必読の書。 一戸建ての購入は、多くの人にとって人生で一度の大イベント。 ところが、実際に家を買っ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧