▲トップへ戻る
マイホームの購入・・・契約までの流れと意思決定の重要性

前回は、マイホームの購入手続きを速やかに進める秘訣を取り上げました。今回は、契約から引渡しまでの流れと意思決定の重要性について見ていきます。

望む条件を想定し、契約までの流れを確認すると・・・

ある程度、物件に望んでいる条件を想定して、契約までの流れについて確認してみましょう。まず、不動産業者に希望条件を伝えます。何回かのヒアリングを経て、条件に合うものがあればその日のうちに内覧(建売住宅の場合)をすることもあります。

 

内覧をして気に入れば、申し込みへと進みます。この場合の申し込みは契約ではなく、購入する意思があることを示す程度のものでしかありません。申し込みと同時に、住宅ローンの審査を行う場合もあります。

 

住宅ローンの審査を経て、問題なく審査が通れば、あとは本契約に移ります。通常であれば、審査が通ってから1週間以内に契約することになります。問題なく契約できれば、あとは引渡日に物件が引き渡されるだけです。

相談から契約までは、選択肢が少ないほどスピーディ

このように、住宅購入の流れだけを見てみると、とてもスムーズなものであることが分かります。手続きなどの細かい部分はありますが、重要なのは意思決定だけであり、あとは必要な作業をすればいいだけです。複雑なことはありません。

 

相談から契約に至るスピードに関しては、選択肢が少なければ少ないほど早くなります。逆に選択肢が多過ぎると、決められないということもあるほどです。ですので、ある程度は選択肢を狭めて判断できるようにしたほうがいいでしょう。

 

契約までの期間を考えれば、それほど急がなくてもいいと思う人もいるかもしれません。しかし実際には、計画どおりに進まないことも少なくありません。できるだけ早く準備を進めておき、トラブルが起きても対処できるようにしておきましょう。

株式会社四つ葉企画 代表取締役

1975年生まれ。群馬県出身。株式会社四つ葉企画代表取締役。
不動産業および建築業に20年以上従事し、お客様への購入・売却サポート実績は500件を超える。
お客様のライフスタイルに合わせた物件の提案を得意とし、リフォームなどアフターサービスも含めたトータルサポートを行っている。
モットーは「サービスの先にある幸福と感動のご提供」

著者紹介

連載30年後も後悔しない「マイホーム」の立地選びのポイント

本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『絶対得する!初めての一戸建て購入マニュアル』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

久水 陽介

幻冬舎メディアコンサルティング

立地選びの基本から、お得なローン、不動産会社の裏事情、営業マンの仕掛けるワナまで生涯一度の買い物で後悔しないための必読の書。 一戸建ての購入は、多くの人にとって人生で一度の大イベント。 ところが、実際に家を買っ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧