▲トップへ戻る
不動産情報ポータルサイトから得る「収益物件づくりのヒント」

戦略なくして、勝利なし。不動産投資で勝つためには、ただ数字を追うだけではなく、大家としての資質が大切です。そこで本連載では、ネット集客で勝つための「収益物件づくり」のポイントを紹介します。

物件情報を「不動産情報ポータルサイト」で探す単身者

いまや賃貸物件の入居者を募集するには、インターネット上の不動産情報ポータルサイトの利用は欠かせない。

 

とくに単身者向けのマンションやアパートに限れば、賃貸住宅をさがしている人のほぼ全員が、まずこうしたポータルサイトで自分の条件に合った物件を検索することになる。そして気に入った条件の物件があれば、そこから各不動産会社のホームページに入っていき、メールで問い合わせをしたり、電話をかけたりといった行動に出る。

 

したがって、まずあなたの所有する単身者向け賃貸住宅の情報が、こうしたポータルサイトに賃貸物件として登録されていないことには話がはじまらない。

検索ワードとのマッチングを意識した物件づくりが必要

不動産情報ポータルサイトで検索したことのある人なら説明するまでもないが、自分の条件に合った賃貸物件を検索する際には、まず希望の家賃や最寄り駅、間取りなど基本的な条件を入力する。そのあとポータルサイトが用意しているチェックボックスをクリックして細かな希望条件を入力していく。

 

たとえばホームズでは、位置について「1階の物件2階以上最上階角部屋南向き」などが選べるほか、条件として「楽器相談事務所可二人入居可女性限定高齢者歓迎ペット相談可保証人不要特優賃(特定優良賃貸住宅)等の項目がならんでいる。ほかにもキッチン、バス・トイレ、セキュリティ、冷暖房、設備・サービス、放送・通信、駐車場・駐輪場、その他などの項目があり、それぞれ細かな条件を選ぶことができるのだ。

 

これら入居者が希望する細かな条件を満たした物件が、検索結果として表示される仕組みだ。逆にいえば、このチェックボックスの項目をより多く満たす賃貸物件をつくれば、新築時はもちろん空き部屋ができたときも多くの人に検索結果としてみてもらえる確率が増えるということだ。露出度が増えれば、当然、成約率もあがるわけで、大家さんとしては笑いがとまらない。

 

つまり不動産情報ポータルサイトの検索画面にでてくるチェックボックスには、賃貸住宅を企画するうえで貴重なキーワードが溢れているということなのだ。スーモやホームズなどインターネットのポータルサイトでは、つねにユーザーの動向を分析してチェックボックスの内容を更新しているから大家さんとしては見逃せない。

株式会社町田工務店 代表取締役社長

大阪市出身。高校卒業後、父親が創設した町田工務店に入社。昼間は現場で働き、夜は夜間の大学に通い建築を勉強しながら、一級建築士の資格を取得。平成3年町田工務店の社長に就任した際に、パートナーや回りの人たちの大切さを実感。以来、実際に住まわれるお客様の顔が見える仕事を一層大事にし、そんなお客様に喜んでいただけることを日々の仕事の励みや喜び、やりがいとする。
安心安全はあたりまえ。「大切な家族を育む家づくり」「人と地球にやさしい家づくり」「次世代へ引き継ぐ家づくり」。そんな『こだわりの暮らし』を追求する。

著者紹介

連載工務店社長が伝授! 「ネット集客」で勝つ収益物件づくり

 

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

町田 泰次

幻冬舎メディアコンサルティング

資産形成の方法として特に不動産投資は安定性もあり人気だ。 だが、ハードルが高く手が出ない・・・ 特にサラリーマンなどは、失敗もできないため二の足を踏む人も多いだろう。 本作はそんな、サラリーマンにこそ知って欲し…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧