▲トップへ戻る
会社の売却・・・非上場株式の「相続税法上の時価」の重要性

今回は、「相続税法上の時価」の理解の重要性を見ていきます。※本連載では、島津会計税理士法人東京事務所長、事業承継コンサルティング株式会社代表取締役で、公認会計士/税理士として活躍する岸田康雄氏が、中小企業経営者のための「親族外」事業承継の進め方を説明します。

所得税基本通達等に設けられていない「時価の算定方法」

会社を売買する場合、当事者が個人の場合は所得税の規定を、法人に場合は法人税の規定を適用することになる。

 

この点、所得税基本通達や法人税法基本通達には、時価の算定方法について個別の規定は設けておらず、国税庁の財産評価基本通達に定められている評価方法を条件付きで援用することとしているため、財産評価基本通達で定められている相続税法上の時価を理解しておくことが重要である。

 

また、取引価額が時価から大きく乖離した場合、受贈益課税が発生する可能性があるため、個人の贈与税については相続税法の理解が必要である。

非上場株式を取得する場合の判定基準に留意

国税庁の財産評価基本通達は、非上場株式の時価を規定している。ここでは、株式を発行する会社の規模やその株式を取得した者の会社に対する支配力に応じて、以下の4つの評価方式を採用している。

 

①類似業種比準価額方式

②純資産価額方式

③類似業種比準価額方式と純資産価額方式の併用方式

④配当還元方式

 

非上場株式は、「株式の持株割合」と「発行会社の規模」によって、いずれの評価方法を適用するかが決まる。これは、非上場会社の株式は、その株式を所有する株主の持株数によって価値が異なるからである。例えば、企業オーナー一族のような同族株主は、その会社の株式の大部分を所有し、その所有を通じて会社を支配しているので、株式には会社支配権としての価値がある。

 

これに対して、同族以外の従業員や役員などで少数の株式を所有している株主は、その目的が会社から配当金を受け取ることのみであるため、株式には配当を期待できる程度の価値しかない。

 

このため、非上場株式を取得する者は、取得後の持株割合に応じて、「原則的評価方式(類似業種比準価額方式、純資産価額方式およびその併用方式)」を適用すべき同族株主と、「特例的評価方式(配当還元方式)」を適用すべき少数株主とに区分される。ここでの株主の判定は、所得税基本通達とは異なり、株式を移動した後の株式数に基づいて判定する点に注意が必要であろう。

島津会計税理士法人東京事務所長
事業承継コンサルティング株式会社代表取締役 国際公認投資アナリスト/公認会計士/税理士/中小企業診断士/一級ファイナンシャル・プランニング技能士

一橋大学大学院商学研究科修了(会計学及び経営学修士)。 国際公認投資アナリスト(日本証券アナリスト協会検定会員)、公認会計士、税理士、中小企業診断士、一級ファイナンシャル・プランニング技能士。日本公認会計士協会経営研究調査会「事業承継専門部会」委員。
中央青山監査法人(PricewaterhouseCoopers)にて会計監査及び財務デュー・ディリジェンス業務に従事。その後、メリルリンチ日本証券プリンシパル・インベストメント部門(不動産投資)、SMBC日興証券企業情報本部(中小企業オーナー向け事業承継コンサルティング業務)、みずほ証券グローバル投資銀行部門(M&Aアドバイザリー業務)に在籍し、中小企業オーナーの相続対策から上場企業のM&Aまで、100件を超える事業承継と組織再編のアドバイスを行った。

WEBサイト https://jigyohikitsugi.com/

著者紹介

連載中小企業経営者のための「親族外」事業承継の進め方

 

 

生命保険活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

生命保険を活用した相続対策&事業承継対策

~実践編

講師 吉永秀史氏
日時 2018年10月23日(火)
内容

※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、

また医師会やMR出身の保険代理店などからは提供されない情報を多数ご用意しております。

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧