前回は、学習した知識の定着に不可欠な「復習」を習慣化する方法を取り上げました。今回は、テストで点を重ねるために必要な技術について見ていきます。

文法は「知識」、リスニング力は「技術」

あまり意識されないことですが、テストで点を取るためには「知識」だけでなく「技術」が必要です。

 

例えば英単語や熟語、文法などは覚えるべき「知識」です。一方で、英文をすばやく読む、リスニングで音を聞き取るというのは「技術」です。数学でも、公式や概念の理解は「知識」ですが、計算をすばやく正確に行うのは「技術」に当たります。では、その「技術」を身に付けるためには何をすればよいのでしょうか。なにも難しいことはありません。その答えはとてもシンプル。練習です。

「技術」は練習することで身に付き、磨かれる

授業をいくら聞いても、それだけでは技術は身に付きません。正しい練習方法が分かったら、練習をすること。それが技術を身に付ける方法です。

 

私たちの運営する予備校には、開校当初から“practice room”という英語の音読練習のためだけの「音読専用自習室」が設けられています。ふつう、自習室では声を出すことは禁止されていますが、英語を身に付けるためには声を出して文を読む音読が必須です。トレーニングを行う場所を設けることで、「技術」の習得を意識してもらっています。

 

特別な部屋が必要だということではありません。大切なのは、知識だけでは十分ではないということ。練習によって、技術を磨く必要があるのだということです。

あなたにオススメのセミナー

    逆転合格を実現する 医学部受験×パーソナルトレーナー

    逆転合格を実現する 医学部受験×パーソナルトレーナー

    岡 健作

    幻冬舎メディアコンサルティング

    「なにがなんでも受かりたい」親子必読! パーソナルトレーナーとともに目指す、医学部「逆転合格」! スポーツ選手だけではない、受験にもパーソナルトレーナーが必要――。 いくつもの予備校を開講し、医学部合格者を…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ