中長期投資ではおすすめできない「低位株・ボロ株」の購入

今回は、中長期投資において、低位株・ボロ株の購入をおすすめしない理由を見ていきます。※本連載は、夕刊フジ企画「株-1グランプリ」で2度の月間チャンピオンを獲得した長谷川伸一氏の著書『株で月10万円のお小遣いと、将来1億円に化ける方法』(ぱる出版)から一部を抜粋し、IPO投資と中長期投資の実践法を紹介していきます。

安いなりの理由がある「低位株・ボロ株」

最近、低位株やボロ株といった短期の急騰銘柄が人気のようです。しかし、中長期で将来1億円を目指す投資家にはおすすめしません。

 

株価が500円以下だったり、PERが10倍以下だったりする割安な銘柄を低位株ということがありますが、安いのは安いなりの理由があります。

 

結局、銘柄の選定は企業の将来性をみることに尽きます。

上がっても急落…中長期のつもりで買うと痛い目に

このような価格の安い株に限って、何かのきっかけで急騰することがありますが、すぐに急落することが多いのです。ゲーム感覚でやるのはいいですが、中長期のつもりで買うと痛い目にあうでしょう。

 

例えば、上がったと思ったらすぐ下がる「天井3日底100日」によくあるパターンとして、製薬会社の新薬試験に関する報道があります。

 

治験には第Ⅰ相から第Ⅲ相まであり、その第Ⅰ相に入ったというだけで急騰することがありますが、まだ薬になるかもわからず、なったとしても7年後の世界。

 

堅実な投資とはとてもいえません。

株式会社アセットマネジメントあさくら プライベートバンキング部
マネジングディレクター

平成元年に太平洋証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)に入社。ファイナンシャルプランナーと投資助言業務を経て平成24 年11 月より現職。株式平成バブル、ITバブルとそれぞれの崩壊。リーマンショック等様々な株式市場の浮き沈みを身をもって体験するも常にスーパーポジティブシンキングで乗り越えてきた。夕刊フジ企画「株―1 グランプリ」では、著名なプロ中のプロや荒稼ぎ猛者の投資家に混じり、2014 年6 月と2017 年5 月の月間チャンピオンを獲得。著書に、『投資でお金を増やす人、減らす人 知識・資金ゼロからの投資超入門』(総合法令出版)がある。

著者紹介

連載1億円の利益を手にするための「成長株投資」のポイント

本連載は、長谷川伸一氏の著書『株で月10万円のお小遣いと、将来1億円に化ける方法』(ぱる出版)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、版元、および幻冬舎グループはその責を負いません。

 

株で月10万円のお小遣いと、将来1億円に化ける方法

株で月10万円のお小遣いと、将来1億円に化ける方法

長谷川 伸一

ぱる出版

まず、月に10万円稼ぐ方法を解説。 いきなり大きなリスクを背負って一発勝負するのではなく、手堅く無理のないプランと資金で運用。 小さく、でもたくさん稼いでいく醍醐味を身に付けていく。 そして、将来を見据えた投資も…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧