予断を許さない米国株の動向・・・「為替相場」をどう読み解く?

2月に入ってから波乱の展開が続く米国株相場。今回は、こちらも大きく動き始めた「為替相場」を読み解くためのポイントを解説する。

日銀が金融緩和の出口を模索・・・は時期尚早!?

前回の続きである。

 

為替について、どう見ているか? 今回、ドル円為替が110-114円のレンジを下回ってきた発端は、日銀の金融政策が金融緩和の出口に向かっていくのではないかとの観測と、ダボス会議に端を発したトランプ政権の「ドル安」政策への転換説にあった。

 

今年、1月9日に日銀金融市場局が実施した2種類の超長期国債オペで、100億円ずつ買入れ額が減額されたことが、日銀による金融緩和の出口模索と勘ぐられてしまい、そのことが妙にクローズアップされてしまっているが、黒田日銀総裁はかねてより「インフレ率を目標2%より上振れさせ」それが実現するまで「ベースマネーを増やし続ける」ことにコミットしている。

 

 

日本のインフレ率は、一向に上向く気配がないのが現状である。円高を招いてしまっては、物価目標2%が一段と遠退きかねないことを理解している日銀が、近々、動くとは到底考えられない。日銀が金融緩和の出口を模索しているというのは「下衆の勘ぐり」である。

 

日銀の独立性の問題は置いておくが、アベノミクスの三本の矢のひとつが、紛れもなく「日銀の長期金融緩和と円安」というのは、安倍首相を含めて公言している事実である。そして黒田総裁の続投は、ほぼ固まったということも既報のとおりである。国会の同意は必要だが、2023年まで任期が延長されることになれば、「ベースマネーを増やし続ける」ことへのコミットは、継続される。

 

また、米国がトランプ政権下で積極財政政策を打ち出し、景気を刺激する方向にあることと、「ドル安」政策が引き起こすインフレリスクとを考えれば、整合性が取れないと筆者は考えている。トランプ大統領が、予算教書に合わせて貿易赤字の問題を蒸し返すなどしており、為替市場には米政権がドル安志向の政策に転換したとの思惑が働きやすい状況で、ドルロングのポジションを解消する動きが一時105円台まで、相場を動かした。

株価の落ち着きと共にドル売りも沈静化へ

一方で、株価の波乱の引き金は、物価の上昇懸念にあったことも見逃してはならないのである。貿易赤字の問題は、旺盛な米国経済の消費にあるのであり、これは為替レートによって一朝一夕に修正できるものでもなければ、抑制できるものでもない。

 

むしろドル安は、輸入物価の上昇を招く。これが現在の賃金上昇懸念に加わるとなれば、インフレ懸念が台頭して、FRBは予想を上回った利上げを実施することにもなりかねない。そうなれば本格的に長期金利の上昇を引き起こす可能性が高まる。その場合、株価が耐えられるのか? おそらく先週の調整では済まない大規模な混乱が生じるのではないだろうか。

 

もうひとつ、アベノミクスの首謀者でもある菅官房長官は、注目に値する。菅長官は、為替相場の安定・円高阻止に高い関心を持っていることを公言してはばからない。過去の発言では、「日本企業が見通しを立てられるような環境にすることがものすごく大事だ。私の重要な危機管理のひとつに為替がある」「私たちの為替への意識は強く、中途半端な決断ではない」というものがあった。

 

米国株の急落が波及し、日経平均株価が終値で前日比1000円を超える下落を記録した2月6日にも、菅長官は「為替の水準にはコメントしないが、安定はきわめて重要。引き続き為替市場動向を緊張感をもって注視していく」と記者会見で述べている。

 

株式市場同様に、やや混乱している為替市場だが、米国債(10年債)の利回りは2.9%台まで上昇し、金利差という面ではドル支持要因となっている。この点も、リスクオフへの動きがもたらす今回の円高が、それほどのマグネチュードにならないことに繋がる。株価の落ち着きどころを待って、ドル売り仕掛け的な、円高への振れは収まるであろう。向こう3ヶ月では105-112円程度のレンジで動くことになるだろう。

 

 

あなたにオススメのセミナー

    Wells Global Asset Management Limited, CEO 国際金融ストラテジスト <在香港>

    シティバンク東京支店及びニューヨーク本店にて、資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。

    2004年末に東京三菱銀行(現MUFG銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009年からは国際部門に異動しアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。

    その後、MUFG銀行を離れ、2015年には香港金融管理局からRestricted Bank Licence (限定銀行ライセンス)を取得し、Nippon Wealth Limitedを創業、資産運用を専業とする銀行のトップとして経営を担った。

    2021年5月には再び独立し、Wells Global Asset Management Limitedを設立。香港証券先物委員会から証券業務・運用業務のライセンスを取得し、最高経営責任者として、アジアの発展を見据えた富裕層向けサービスを提供している。

    世界水準の投資機会や投資戦略、資産防衛に精通。個人公式サイトなどを通じて、金融・投資啓蒙にも取り組んでいる。(個人ブログ:HASEKENHK.com

    京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)、名古屋市生まれ

    著者紹介

    連載香港発!グローバル資産防衛のためのマーケットウォッチ

    本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ