▲トップへ戻る
損益変動が激しいFXで「冷静なメンタル」を維持する秘訣

今回は、損益変動が激しいFXで「冷静なメンタル」を維持する秘訣を解説します。※本連載では、カリスマFXトレーダ-・ぶせな氏の著書『最強のFX1分足スキャルピング』(日本実業出版社)より一部を抜粋し、数秒から数分でトレードを繰り返す投資手法「スキャルピング」の基本を解説していきます。

1倍でも10倍でも好きなレバレッジを設定できるが…

本気でFXをやろうと決意すること、それは、これから日常では経験できない精神状態を味わうことを意味します。

 

FXは、ハイリスク・ハイリターンの投資です。リスクを正しく理解し、逃げずに上手につき合っていくことが重要です。そうすることで、取ったリスクに対するリターンを得ることができます。

 

投資の中でも、FXは特に損益変動が激しくなります。それは、「レバレッジが25倍」まで上げられるからです(2017年10月現在)。これは、実際の資金の25倍のお金を動かせるということです。

 

トレードの経験がある人は、レバレッジについては理解しているものと思います。最大が25倍というわけであって、1倍でも10倍でも好きなレバレッジを設定できます。しかし、ひとたびFXをはじめたら、誰もがそのレバレッジの力に魅了され、高いレバレッジを使ってハイリターンを目指します。

必ずといっていいほど喜怒哀楽が激しくなる⁉

レバレッジが高くなると、必然的に損益の変動も大きくなります。元手の25倍のお金を運用しているのですから、損益も25倍大きくなります。「ある日は10万儲かったが、翌日は20万負けた。そして翌日は5万負け、その次の日に30万勝った」

 

ロットにもよりますが、このような変動は毎日続きます。考えただけでも、サラリーマン生活とはほど遠い世界です。そして、損益変動が大きくなると、必ずといっていいほど喜怒哀楽が激しくなります(ただし、コツをつかむと、こうした大きな損益変動は受け入れられるようになるので、心配しないでください)。

 

もちろん、人それぞれ受ける感情は違います。しかし、一瞬でお金が増えたりなくなったりする感覚は、今までの日常生活ではありえない精神状態になることを意味します。大勝ちして高揚感につつまれる感覚、逆に、大負けして落ち込む日、そしてまた勝ってモチベーションが高い日・・・これらが交互に襲ってきて、あなたの感情を揺さぶるのです。

 

たった1日の中でも気分は変動します。午前は、「このままFXを続けたらどれだけ稼げるのだろう」というワクワク感があったとします。しかし夕方には、「このまま負けたらどうしよう……」という不安に襲われたりします。わずか数時間のうちに、ジェットコースターのような喜怒哀楽の変化を感じるのです。

 

FXを行なううえで、これは避けられません。鋼のようなメンタルを持っている人であれば常に冷静にいられるでしょうが、そんな人は滅多にいません。

 

私はこの感情を楽しんでいます。なぜ楽しめるかというと、「期待値の高いやり方を身につけている」からです。FXは、トレードを繰り返せば繰り返すほど、トータルの収益は期待値に収束していきます。そのため、日ベースでは負けることがあっても、月単位や年単位で見ると、ほぼ勝てるという自信があるのです。そして、実際にそうなっています。

 

損益変動があろうが、トータルで考えれば資産は増えていくものとわかっていれば、メンタルは維持することができるのです。

 

このように、私は日々、サラリーマンのときには到底味わえなかった経験をしています。さらに、サラリーマン時代より稼げるのですから、そのよろこびも大きく、達成感も強いものがあります。それが自信へとつながり、さらに向上心がわいてくるという好循環になっています。

 

FXを本気でやるにつれて、日常では経験しない感情を味わうことになります。だからこそ、自分だけの投資哲学を築くことができるのです。

 

本気でやった人にしかわからない世界を、あなたもぜひ見つけてください。

FXトレーダー

会社員時代の2007年にFXを開始。
当初はスウィングトレードで取引するも2008年のリーマンショック時の1,100万円の損切りを機にスキャルピングへ転換し、成功する。
累計利益は3年目で5,000万円、4年目で1億円、2017年4月現在は1億5千万円を超えるカリスマトレーダー。
継続的に利益を上げ続けることを念頭に置いているため、リスクを抑えることに重点を置くトレードスタイルが特徴。
独自に編み出したスキャルピング手法に「ネックライン」を併用し、8年間負けなしの戦績を得ている。

著者紹介

連載短期間で億越えを狙う「FX1分足スキャルピング」入門

本連載は、ぶせな氏の著書『最強のFX 1分足スキャルピング』(日本実業出版社)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、版元、および幻冬舎グループはその責を負いません。

 

最強のFX 1分足スキャルピング

最強のFX 1分足スキャルピング

ぶせな

日本実業出版社

◉カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開! 圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出…

 

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

現地銀行幹部が語る「香港」における仮想通貨&ブロックチェーンの最新事情

~仮想通貨やブロックチェーン、フィンテック初心者にも分かりやすく解説!

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月30日(木)
内容

・仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックによって

 世界の金融業界と香港の投資環境がどう変わっているのか?

・投資対象や資産クラスとしての仮想通貨をどうみるか?

 フィンテック×香港投資環境変化の具体的な事例

・香港における仮想通貨、ICO等の最新事情とこれからの展望

・香港と日本それぞれの当局の動きと今後の展開

・通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
不動産活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

講師 平野準氏
日時 2018年12月08日(土)
内容

・不動産投資先としての「京都の町家」とは?

・「京都の町家」投資で償却メリットが狙える理由

・町家投資を成功に導く入口&出口戦略のポイント

・1000万円以下も多数!狙い目となる物件の具体例

 

京町家が高い希少性を持つ理由

1.町家は、現代の建築物ではないので、新しく生産出来ない建物。

2.京都市内は建築物の高さ制限があり、高層マンションが存在しない。

3.投資対象となる地域は京都市内の旧市街で、5キロ×5キロメートルの範囲。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧