▲トップへ戻る
離婚時の「財産分与の割合」はどう決まるのか?

今回は、離婚時の「財産分与の割合」の決め方を見ていきます。※本連載は、離婚カウンセラーとして多数の離婚問題を解決してきた、岡野あつこ氏の執筆、弁護士・柳田康男氏/弁護士・山下環氏監修の『最新 離婚の準備・手続き・進め方のすべて』(日本文芸社)の中から一部を抜粋し、離婚で生じるお金の問題を見ていきます。

全財産の評価後、どのような割合で分与するかを決める

財産分与の割合は、全財産を評価して総財産額が決まったら、あとは双方でどのような割合で分与するかという問題になります。

 

裁判所での分与は、「寄与度説(きよどせつ)」といって、夫婦がどれくらい共有財産の形成に寄与したかを評価します。

 

ただ、一般的には夫婦の収入の差は「寄与度」の差とならず、2分の1程度とされます。

専業主婦でも「2分の1の割合」が認められることが多い

かつては専業主婦だと3分の1程度の割合しか認められていませんでしたが、現在では専業主婦であっても2分の1の割合を認められることが多くなっています。

 

ただし、一方の配偶者がその特別な技能によって高額な収入を得ている場合には、寄与度を考慮して相手方配偶者の割合が3分の1以下になることもあります。

 

ADVICE

プラスの財産だけでなく、家を売買した際の登記費用、家を出る際の引っ越し代金などの経費も算出して条件を決める際に話し合う。

 

[図表]夫婦の形態によって清算はどう変わる?

株式会社カラットクラブ 代表取締役

NPO法人日本家族問題相談連盟理事長。
1991年より30000件以上もの夫婦や恋愛に関する相談をうけ、解決に導いてきたカウンセリングのプロフェッショナルである。
起業家としても自らの経験を活かした「離婚相談室(岡野あつこの離婚救急隊)」や「AZCOブライダルサロン」、再婚するための出会いの場を提供する「カラットクラブ」を運営し、好評を博している。
著書は38冊刊行されており(2017年5月現在)、「産後クライシス なぜ、出産後に夫婦の危機が訪れるのか」(角川フォレスタ)、「不安の片づけ」(中経出版)、「幸せな結婚がしたいなら年収350万円の男を育てなさい」(牧野出版)、「ウソつきは幸せのはじまり」(幻冬舎)、「あなたもぜったい!幸せなカップルになれる」(ゴマブックス)等、女性が幸せに生きるためのヒントとなるテーマでの執筆も多い。
また恋愛の専門家としてメディア出演の依頼も多く、「スッキリ!!」(日本テレビ)「ゴゴスマ」(CBCテレビ)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「ビビット」(TBSテレビ)、「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日)等、情報番組をはじめ、ニュースやバラエティーでもコメンテーターとして活躍している。

著者紹介

連載離婚の準備・手続き・進め方~お金の問題編

 

 

最新 離婚の準備・手続き・進め方のすべて

最新 離婚の準備・手続き・進め方のすべて

岡野 あつこ 著、柳田 康男・山下 環 監修

日本文芸社

離婚カウンセラー、夫婦問題研究家として26年間、約3万件の相談実績のある著者が実例をまじえ、離婚に関する、知っておきたいことすべてを具体的に解説。お金の問題、子どものこと、法律知識をわかりやすくアドバイスする。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧