▲トップへ戻る
ヘルメスの相続…3〈終戦〉

複雑な株の持ち合いは何を意味しているのか・・・? アウトローの公認会計士・岸一真が暴き出した驚愕の金融トリックとは・・・? 本連載は、完全犯罪崩壊までの息を呑む攻防を描く瞠目のクライムサスペンス、宮城啓の小説『ヘルメスの相続』を一部公開いたします。今回は、第3回です。

 主な登場人物 

 

その後、一一月に入り、四大財閥の解体が決定。その保有資産の凍結が進められ、徐々に財閥に対する包囲網が確立されていった。

 

日本の財政は急坂を転げ落ちるように悪化し、物価上昇と相まって、経済は最悪な状態になっていく。

 

そして、年が明けた昭和二一年二月一六日の夕刻、全国民が驚嘆する、ある施策が政府から発表された。

 

預金封鎖である。

 

国民の生活は混乱し、筆舌に尽くしがたい困窮が、大波のように押し寄せた。

 

 

 

それから数か月後。

 

榊木実業の役員室に足を運んだ男は、持っていた新聞を応接テーブルに放り投げ、革張りのソファーに腰を埋めて、テーブルに足を投げ出した。机で書類を見ていた秦は、その姿を見て顔を歪める。

 

「秦さん、あんた大したもんだぜ」

 

無言のまま、秦はまた机の上の書類に視線を落とす。

 

「GHQは、これまでのところあんたの言った通りに動いている。俺たちもそれに乗って、うまくやってるってもんだ」

 

秦の立案した行動計画は、流石に抜け目のない完璧な計画だと、その男は感心していた。こいつの言った通りにやっていれば絶対にうまくいく。たんまりカネが入ってくる。

 

秦は、不安げに額の汗を拭った。

 

「最近、井上が頻繁に出入りしている。何か嗅ぎつけたのかもしれない」

 

榊木実業の顧問弁護士、井上篤。若いがなかなかのやり手で、頭も切れる。だが、まだ肝っ玉がちっちぇえ。

 

「そりゃあ、弁護士だからな。それに榊木の義弟でもあるんだから、あんたの提案を相談するだろうよ。だが考えすぎだ。大丈夫、榊木はあいつには話さねえ。誰にもわかりゃしねえさ」

 

「そうだろうか」秦はまた汗を拭い、吐息をつく。「失敗したら私は首どころか、刑務所行きだ。ちゃんと榊木の身辺に目を光らせてくれ」

 

男は首を振り、つまらなさそうに舌打ちした。こいつが取り乱して、計画が誰かにばれたりしたら元も子もねえ。

 

「わかってるよ。今日もこの後、榊木の身辺を探る予定だ」

作家
税理士 

1960年生まれ。早稲田大学卒業後、世界4大会計事務所の一つに入社。国内大手証券会社でIPOコンサルティングやプライベートバンキング業務に従事した後、税理士法人を設立し代表社員に就任。税理士。上場会社のMBO第三者委員、買収防衛策独立委員など歴任。2014年、『マモンの審判』(幻冬舎)でデビュー。

著者紹介

連載ヘルメスの相続

 

 

ヘルメスの相続

ヘルメスの相続

宮城 啓

幻冬舎

複雑な株の持ち合いは何を意味しているのか? アウトローの公認会計士・岸一真が暴き出した驚愕の金融トリック。完全犯罪崩壊までの息を呑む攻防を描く瞠目のクライムサスペンス! 「財務コンサルタント」を生業とする公認会…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧