ヘルメスの相続…9〈平成二七年──盛夏〉

複雑な株の持ち合いは何を意味しているのか・・・? アウトローの公認会計士・岸一真が暴き出した驚愕の金融トリックとは・・・? 本連載は、完全犯罪崩壊までの息を呑む攻防を描く瞠目のクライムサスペンス、宮城啓の小説『ヘルメスの相続』を一部公開いたします。今回は、第9回です。

 主な登場人物 

 

 

平成二七年──盛夏

 

 

1

 

 

けだるい朝だった。岸一真(きしかずま)は、ラッキーストライクに火をつけ、目覚めたばかりのいがらっぽい気管に、最初の一服を流し込んだ。昨晩の酒のせいだ。まだ身体中に沁みわたってやがる。

 

重い身体を起こし、リビングの窓を開ける。ムッとする熱気が、今日一日のやる気を削ぐ。

 

嫌なものが目についた。ベランダの隅。相変わらず鳩の糞が溜まり、手が付けられない有様だった。見るんじゃなかった。

 

信号が変わったらしく、ふいに山手通りの車のエンジン音が耳につく。タバコの煙が混ざったため息を、排気ガスと騒音がばら撒かれた白い空に吹きかける。その瞬間、胃がムカつきを起こした。昨日は何を食べたっけ。考えるのも面倒だ。そんなことはどうでもいい。

 

窓を閉め、玄関から持ってきた新聞を広げた。今日も、総合電機メーカー西芝電機の不正経理の記事が躍っている。馬鹿な連中だが、馬鹿でない人間はこの世にいない。こんなことが延々と繰り返されるのは、むろん当たり前のことだ。

 

新聞のページを捲る。

 

もうすぐ始まる二〇一五年ラグビーW杯の、みすぼらしい記事を読んでいた時、携帯電話が着信を告げた。手に取ると未登録の電話番号が表示されている。どうしようか迷ったが、暇つぶしになるかもしれないと電話に出た。

 

「岸さんですか?」

 

聞き覚えのない声だ。流暢だが、何となくイントネーションが気になる。歳は若そうだ。昨晩行った歌舞伎町のスナックのホステスか。不法入国の中国人やフィリピン人をホステスとして働かせている、ちんけな店だった。だが、あそこでは名刺は渡していないはずだ。それに、名刺には携帯番号は書いていない。

 

岸は「そうだ」と答える代わりに「誰だ?」と言った。

 

「私、レイラといいます。岸さんですよね? 頼みたいことがあります」

 

女は焦っていた。早口だが、それでもはっきりとした口調だった。

 

「ちょっと待ってくれ。俺はあんたを知らない」

 

「永友さんから連絡がありませんでしたか?」

 

意外な名が出て、岸は意表を突かれた。永友といえば、永友武志しか知らない。監査法人勤務時代の上司で、次期CEOと目されている経営メンバーの大物。岸が最も信頼を寄せている、恩人と呼べる人物だ。

 

「東亜監査法人の永友さん?」

 

「ええ、そうです」

 

「まだ何も連絡は受けていないが」と言った後、朝起きて携帯の電源を入れた時、着信履歴の表示が一件あったことを思い出した。あれがそうだったのだろうか。

 

「とにかく会って話を聞いてください。お願いします。どこにでも行きます」

 

相当、浮足立っている声音だった。

 

「それは仕事なのか?」

 

「ええ、そうです。あなたに仕事を依頼したいと思っています。報酬はちゃんとお支払いします」

 

それを聞いて頭を過ったのは、月末までに支払わなければならない借金と、暴力団よりもたちの悪い、弁護士からの取り立てだった。

作家
税理士 

1960年生まれ。早稲田大学卒業後、世界4大会計事務所の一つに入社。国内大手証券会社でIPOコンサルティングやプライベートバンキング業務に従事した後、税理士法人を設立し代表社員に就任。税理士。上場会社のMBO第三者委員、買収防衛策独立委員など歴任。2014年、『マモンの審判』(幻冬舎)でデビュー。

著者紹介

連載ヘルメスの相続

 

ヘルメスの相続

ヘルメスの相続

宮城 啓

幻冬舎

複雑な株の持ち合いは何を意味しているのか? アウトローの公認会計士・岸一真が暴き出した驚愕の金融トリック。完全犯罪崩壊までの息を呑む攻防を描く瞠目のクライムサスペンス! 「財務コンサルタント」を生業とする公認会…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧