いくら稼げば儲かるかがわかる「限界利益」とは?

今回は、いくら稼げば儲かるかがわかる「限界利益」について説明します。※本連載では、楽天市場で人気の花屋「ゲキハナ」を運営する古屋悟司氏の著書、『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』(案内人・田中靖浩氏/日本実業出版社)の中から一部を抜粋し、実体験をもとに、会社の儲けるパワーを高めるための「管理会計」の活用法を解説していきます。

本質的な利益が見えてくる「限界利益」

この前、「費用」の種類の説明を受けたわけですが、昔、会計の本を何日もかけて読んでみたものの、まず用語がさっぱりわからなくて、何も記憶に残っていないことを思い出しました。今回もそんなことにならなければいいのですが・・・。

 

そして、税理士さんが来る日を迎えました。

 

税理士さんは、いつものように額ひたいからしたたる汗をハンカチで拭きながら話し始めました。

 

税理士「今日は『いくら稼げば儲かるか』がわかる限界利益についての話をしますね」

 

「この前、聞いたときも思ったんですけど、なんか難しそうな名前ですよね」

 

税理士「そのまま説明すると、売上から変動費を引いたもの。少しかみ砕くと、売上から売れると必ずかかる費用を引いたものが限界利益ですが、一度理解できれば簡単ですよ。限界利益によって、まるで魔法のメガネをかけているかのごとく、いくら売れば儲かるかがわかります

 

「魔法のメガネ?」

 

税理士「はい。粗利(売上総利益)はいわばふつうのメガネで見える数字です。でも、限界利益という魔法のメガネがあれば、本質的な利益が見えてきます。今まで見えなかった数字が見えるメガネです」

 

「うーん。なんだか、よくわからない・・・。それを覚えると儲かるんでしょうか? もう、ずっと学校の勉強みたいだと思ったら、今度は『魔法のメガネ』というファンタジーの話ですか? 早く儲かる話を教えてくださいよ」

 

税理士「まあ、そうあせらずに」

 

出た、またその言葉。

「数字の基本をおろそかにするから儲からないんです」

「僕はあせっているんですって! 会社はこんな状態だし、最後の望みをかけたお金をあなたに払ったんですよ。これでダメだったら、ウチは潰れます」

 

税理士「落ち着いてください。お気持ちはよくわかります。私はこれまで同じような境遇の経営者さんとたくさん会ってきました。みなさん同じことを言います。はっきり言いますが、数字の基本をおろそかにするから、儲からないんです。
この前、お話しした数字の基本をしっかり覚えたうえで、今日お話しする限界利益を学んで、実践することで、みなさん黒字に転換したんですよ。どうしますか? ここから先の話、続けますか? それともやめましょうか?」

 

なんだ!? これまでになかった税理士さんの自信満々な態度は! しかも、メガネ越しにうっすらと見える視線が鋭い。税理士さんが本気で言っているのが伝わってきました。

 

いや、だまされてはいけない。だって、「限界利益」という言葉を知っても全然儲かる気がしないんですから。

楽天市場で人気の花屋「ゲキハナ」を運営。1973年生まれ。2004年、順調だった営業の仕事を辞め、たった1か月の研修ののち、花屋を開業。いきなり閑古鳥が鳴くようになり、背水の陣でネット販売に着手。売上はうなぎのぼりになったが、数年後、決算書を見るとずっと赤字だったことに愕然とする。その後、会計を学んだことをきっかけに、倒産の危機を乗り越え、V字回復に成功。以降、黒字を継続中。現在は、「ゲキハナ」の運営に加えて、「黒字会計.jp」のサイト運営や管理会計ソフトの販売を通じて、小さな会社を中心に「黒字化のノウハウ」を紹介している。著書『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』(日本実業出版社)は「会計本」としては異例のヒットになり、アマゾンビジネス書ランキングでも1位を獲得。

著者紹介

連載会社の儲けるパワーを高める「管理会計」入門

「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

古屋 悟司 田中 靖浩(案内人)

日本実業出版社

ずっと赤字体質だったのが、スゴ腕の税理士に教わったとたん、V字回復して黒字が続いているという、著者の実体験をもとにした超実践的な会計の入門書。 ●「お金はあとからついてくる」はウソ ●固定費はニートな費用、変…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ