暴騰銘柄の急落後の反発狙い・・・買いを見送るべきケース②

前回に引き続き、「暴騰銘柄の急落後の反発」狙いでも、買いを見送るべきチャートを見ていきましょう。今回は、上昇第1波、第2波、第3波を終えている銘柄など、3つのパターンをご紹介します。

大きな上昇が「3回」あった銘柄は避ける

●上昇第1波、第2波、第3波を終えている銘柄

 

これは、短期チャートではわかりにくいかもしれませんが、中長期で見て高値を更新するような大きな上昇が3回あった銘柄を指します。経験上、上昇第3波まで終えている銘柄は、暴騰しても上げ幅の半値押しで留まらず、暴騰前の株価まで下がってしまうケースが多くなりますので、こうした銘柄も避けたほうがよいでしょう。

 

なお、上昇の波が3回あったかどうかは、3カ月の日足チャートでは確認し切れないことがあります。その場合は、1年以上のチャートを表示させて確認してください。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年下半期編>

 

[図表1]上昇第1波、第2波、第3波を終えている銘柄

人気が高く、上場直後は大きく上昇するIPO銘柄だが…

●IPO銘柄(新規公開株)のケース

 

新たに株式市場に上場した、いわゆるIPO銘柄(新規公開株とも言います)も、「暴騰銘柄の急落後の反発」狙いでは、絶対手出し無用です。

 

IPO銘柄は非常に人気が高く、上場直後には大きく上昇してかなりの高値を付けるケースがよくあります。人気化すると、PER(株価収益率)で100倍超という超割高な株価水準になっても買われ続けることもあります。ただ、そこからの下げの勢いもすさまじいことが多く、うっかり手を出すと損切りしようにも値が付かず、結果的に大きな損失を被ることがあるからです。

 

●暴落を続けてきた銘柄の反発

 

右肩下がりに株価が下げてきた銘柄が、1.5〜2倍を超える暴騰をするケースがあります。しかし、こういう銘柄の暴騰はあくまで一時的なあや戻し―つまり、下げ相場の中で一時的に値を上げただけに過ぎません。半値押し水準まで下げた後も、ほとんど反発せずに再び下落基調に戻ってしまう可能性が大きいといえます。

 

長期で下落を続けている銘柄も手出しは無用と覚えておいてください。

 

[図表2]暴落を続けてきた銘柄の反発

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年下半期編>

株式会社クマガイサポート 代表取締役

1992年に株式投資を始め、短期売買で儲けるテクニカル分析をマスター。「あせらない」「欲をかかない」「確実に」をモットーに大きな成果を収める。現在は「マエストロの株式ボナセーラ」の運営者として、大型銘柄から中小型銘柄に至るまで短期上昇が期待される値動きのよい銘柄を会員向けに提案。目標株価とロスカット株価を明記した提案に加え、日々フォローを行う姿勢は親切で丁寧。テクニカル分析を重視し圧倒的に高い的中率から人気を博す。Yahoo!ファイナンス投資の達人では多くの個人投資家から高い支持を持つ。

著者紹介

連載株価がドカンと上がる「2つのお宝チャート」の見つけ方

本連載は、2015年9月1日刊行の書籍『永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン』から抜粋したものです。

本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

 

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧