経理業務の「見える化」実現に必要な社内作業とは?

今回は、経理業務の「見える化」の実現に必要な社内作業を見ていきます。※本連載は、株式会社アックスコンサルティング代表取締役・広瀬元義氏の著書『社長さん!経理はプロに任まかせなさい!』(あさ出版)の中から一部を抜粋し、ムダをなくす経理管理についてわかりやすく解説します。

業務フローの明確化で「経理の業務時間」を記録

経理担当者に「見える化を促進していきたいので、自分の担当業務すべてを箇条書きにしてほしい」とお願いしても、

 

「曖昧で、私だけがわかる内容が多く、簡単に書き出すことはできません」

 

といった対応をされてしまい、その時点で経理の改善を諦めてしまう経営者がいます。

 

このように経理部門を改善しようとしても「担当者の壁」を突破できない社長は意外に多いものです。このような場合、どうすればいいのでしょうか。

 

まず、社長として理解すべきなのは、次の業務フローです。自社の経理の内容がいかに、複雑で独自性が高かったとしても、この流れのなかの一部であることに間違いはありません。

 

・売上発生→売掛金発生→請求書発行→売掛管理→入金確認→消し込み→記帳

・仕入発生→買掛金発生→請求書到着→買掛管理・未払い→振込→記帳

・タイムカード集計→給与計算→振込→記帳

・経費精算→決済→振込→記帳

・小口現金の用意→入出金管理

・管理会計の数字収集→会計情報の収集→業績管理→資金繰り管理

 

この流れを理解した上で、顧問税理士、コンサルタントなど外部の人間に頼み、経理社員全員の業務時間を記録し、週、月別に集計することからはじめます。その際、業務別の月間作業時間と仕事量も集計します。

 

経理社員を納得させ「こまめな集計報告」を根付かせる

この集計を成功させるポイントは、二つあります。

 

一つは、経理社員にこの調査は人事評価のためではないということを納得してもらうことです。

 

もう一つは、集計は作業の都度行うことと、社長への報告は「毎日」させることです。

 

毎日させないと、いい加減な集計になり、週単位で帳尻を合わせてしまうことが起こり得るからです。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「法人の財務改善」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載従業員30名以下なら担当は1人で十分!? 「経理業務」改革の進め方

株式会社アックスコンサルティング 代表取締役

1988年、会計事務所とその関与先の成功を支援するコンサルティング専門会社として創業。会計事務所の経営支援、一般企業の経営支援、資産家の不動産コンサルティングを中心に業務を展開。
2010 年、相続・贈与に取り組む専門家のネットワーク「アックス資産税パートナーズ®」を発足、「相続・贈与相談センター®」としてサービスを展開。
2011 年、スモールビジネスの成功を支援する会計事務所の全国フランチャイズ「Q-TAX®」を発足。
会計事務所および経営者向けセミナーの講演は年間50 回以上。これまで出版した著書は45冊以上、累計発行部数は48万部を超える。

著者紹介

社長さん!  経理はプロに任まかせなさい!

社長さん! 経理はプロに任まかせなさい!

広瀬 元義

あさ出版

「会社のお金の流れ」はよく人間の血液にたとえられます。血液と同様に、お金の流れがとまれば、会社を継続させていくことはできません。 そこで本書は、このような不安定な経営から脱するための方法として、経理部門の仕事を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧