前回は、共有名義不動産に潜む「リスク」ついて取り上げました。今回は、「共有名義不動産」に関する基礎知識を改めて見ていきます。

共有がある場合に、それぞれの所有権を表す「持分」

そもそも「共有名義」の「共有」とは、当然ながら、1つのモノを1人ではなく数人で所有している、所有権(モノを所有する権利)を複数の人が持ち合っている状態です。

 

たとえば、夫が妻にダイヤモンドの指輪をプレゼントしたとします。この場合、指輪は妻1人だけの所有物のため、共有にはあたりません。それに対して、父親が息子と娘に「お前たちに車を買ってやろう。一緒に仲良く乗りなさい」と言って1台の自動車を贈与した場合には、その自動車は子ども2人の所有物となるため、共有になります。

 

そして、このように複数の人が1つのモノを共有している場合に、それぞれの人がそのモノについて持つ所有権を「持分」といいます。

 

後述しますが、モノを共同で所有する形には共有以外にも複数のタイプがあり、その中には「持分」が認められないものもあります。また、持分が認められていても、その自由な処分が許されていないものもあります。

 

それに対して、共有の持分(共有持分)は、自由に処分することが可能ですし、また持分の割合に応じて、共有しているモノを分割するよう請求すること(目的物の分割請求)も認められています。

共有名義不動産はどのように登記されるのか?

また、共有されているモノは「共有物」と呼ばれ、これを所有している人たちを「共有者」といいます。

 

「共有名義不動産」とは、「共有物」となっている不動産、言い換えれば複数人の「共有者」の共有名義で登記されている不動産なのです。

 

共有名義不動産の登記では、共有者の共有持分が「共有者東京都○○区○○持分10分の9○田○夫」などという形で記載されることになります。

 

また、共有の対象となる不動産は一軒家、マンションの1室、アパート1棟、あるいは(建物が建っていない)土地のみなど様々です。

あぶない!! 共有名義不動産

あぶない!! 共有名義不動産

松原 昌洙

幻冬舎メディアコンサルティング

「共有名義不動産」をめぐるトラブルがあとを絶ちません。 たとえば兄弟姉妹の場合、相続の際に現金資産はすぐに分割しても、実家などの不動産は「とりあえず共有で持とう」とするケースは珍しくありません。しかし、「仲の良…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧