宝石「ストロベリー・クォーツ」にまつわる誤解とは?

今回は、宝石「ストロベリー・クォーツ」にまつわる誤解を見ていきましょう。※本連載は、日本彩珠宝石研究所の所長で、独自にコレクション収集も行う飯田孝一氏の著書、『宝石Q&A』(亥辰舎)より一部を抜粋し、宝石に関する様々な疑問についてQ&A方式で答えます。

ストロベリー・クォーツは一種のイメージネーム!?

Q:複数のストロベリー・クォーツが売られています。どれが本物なのですか。

 

A:本来は1つのものに対して付けられた名前です。宝石には流通名と鑑別名が一致しないものがあり、その中にはイメージだけでどんどん広がってしまう名前もあるのが現状です。

 

 

<解説>

 

鑑別ではほとんどの場合には国際的に承認された鉱物名称を使って表記しますが、お尋ねの宝石名は流通名に属します。流通名とは宝石の産地やそれに係る業者の間で使われている愛称的な名称のことです。

 

ストロベリー・クォーツは一種のイメージ・ネームで、この名前で呼ばれる水晶が初めて発見されたのは1960年初頭のメキシコでした。ごく淡い紫味を帯びたピンクの水晶の中に「ゲーサイトGoethite(針鉄鉱)」の赤い糸状の結晶が密集していて、それが光を反射して苺の繊毛を思わせました。しかしその産出量はごく少量で、まもなく市場からその姿を消してしまいます。

 

長い間幻の宝石となっていたのですが、2004年になり今度はカザフスタンで同じ様な水晶が発見されます。やはり糸状のゲーサイトが密集していますが、こちらの石ではレピドクロサイトも見られます。全体の色はオレンジ色がかっていて、この名前が生まれた時のイメージとは大きく違っていましたが、それでもゲーサイトがインクルージョンとして含まれている点は同じでした。

 

その後立て続けに数種の石がストロベリー・クォーツと呼ばれて市場に現れてくる様になります。ピンク色のマイカ(雲母)が入っているもの、マンガンを含むエピドートを含んでいるもの等、そのどれもがクォーツという成分を母体としているというだけで、最初のものとはなんら共通点のないものでした。

 

これはピンクという部分だけに解釈の基準がずれ、ストロベリーという部分の名前借りで、この名前が生まれた原点が忘れられている事を証明しています。

メキシコ産、カザフスタン産ともに「絶産状態」

<かんたん宝石学>

 

“ストロベリー・クォーツはアメシストにはなれなかった”と言えば分かり易いかと思います。成長する水晶中に含まれていた鉄分が、紫の色にならずにゲーサイトとして結晶してしまったものです。

 

最初に発見されたメキシコの石は、生地がほんのりと紫味を帯びています。水晶の結晶構造中に入りこんでアメシストの色になるはずの鉄分が、ゲーサイトとして形成された事を物語っています。かなり特殊な環境での成長です。

 

カザフスタンの石は「レピドクロサイトLepidochrocite(鱗鉄鉱)」が混ざっていますが、紫味がなく鉱床のタイプは異なる様です。的を射る名前を付けられながら、双方は共に絶産状態です。そこに起こる事は当然“名前借り”でした。

 

しかしそのどれ1つをとってみても、名称の根拠となったインクルージョンが存在していません。『チェリー・クォーツ』『ピンク・エピドート』、さらには『チェリー・エピドート』そして『ストロベリー・マイカ』等という名前が付けられて、次々とマーケットに登場してきました。多くは単結晶の鉱物ではなく、クォーツァイトQuartzite(珪岩)やクォーツ・シストQuartzschist(石英片岩)という岩石を母体としています。

 

こうなるとさすがに次元ズレ、本末転倒で、宝石の名称付けというものは語源を重視する事がいかに大切かがわかります。

日本彩珠宝石研究所 所長

日本彩珠宝石研究所所長。1950年生まれ。1971年今吉隆治に参画「日本彩珠研究所」の設立に寄与。日本産宝石鉱物や飾り石の世界への普及を行う。この間、宝石の放射線着色や加熱による色の改良、オパールの合成、真珠の養殖などの研究を行う。
1985年宝石製造業、鑑別機関に勤務後「日本彩珠宝石研究所」を設立。崎川範行、田賀井秀夫が参画。新しいタイプの宝石の鑑別機関として始動。2001年日本の宝石文化を後世に伝える宝石宝飾資料館を作ることを最終目的とし、「宝飾文化を造る会」を設立。現在同会会長。2006年天然石検定協議会の会長に就任。
終始“宝石は品質をみて取り扱うことを重視すべき"を一貫のテーマとした教育を行い、“収集と分類は宝飾の文化を考える最大の資料なり"として収集した飯田コレクションを、現在同研究所の小資料館に収蔵。

著者紹介

連載あなたの知識は大丈夫!? 鑑別家が答える「宝石Q&A」

宝石Q&A

宝石Q&A

飯田 孝一

亥辰舎

宝石に関する「なーんだ、そうだったんだ!」を50個のQ&Aに凝縮しました! 天然石・宝石にまつわる疑問に、鑑別家である飯田孝一が明解に回答。間違った知識のまま広がる宝石名や、意外に知らない扱い方など、宝石ファンはもち…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧