投資パフォーマンスを測る「シャープレシオ」の概要

前回は、株式市場の「習性」を利用したリスクコントロールについて取り上げました。今回は、投資パフォーマンスを測る「シャープレシオ」の概要について見ていきます。

株式投資の最重要理論「資本資産価格モデル」の基本

リスクコントロールとは、一定の範囲内でリスクを抑え、管理する方法論です。一方で、許容したリスクに対してリターンが適切に得られているか調べる上で、よく使われる測定方法として「シャープレシオ」があります。欧米の金融機関やプロの投資家は「シャープレシオ」を投資パフォーマンスの尺度としてよく使います。

 

これは、ノーベル経済学賞を受賞した米国の経済学者のウイリアム・シャープ博士が考案したもので、現代の株式投資における最重要理論である「資本資産価格モデル」(Capital Asset Pricing Model:CAPM)の基本となっています。

標準偏差を使ってリスクとリターンを数値化

こういうとなんだか難しそうですが、理屈は簡単です。

 

1のリスクに対して1のリターンが期待できるのであれば(シャープレシオ=1)、投資としてバランスが取れていると言えるでしょう。

 

しかし、1のリスクに対して半分のリターンしか期待できないのであれば(シャープレシオ=0.5)、リスクのほうが大きく、投資としてバランスが取れていません。逆に、1のリスクに対して2のリターンが期待できれば(シャープレシオ=2)、非常に”おいしい”投資だといえます。

 

繰り返しになりますが、投資においてはリスクとリターンの関係が非常に重要です。投資ではよく「利回り」に注目し、5%の利回りより10%の利回りのほうが有利なように考えがちです。しかし、利回り10%の投資対象には一方で最大30%まで値下がりするリスクがあり、利回り5%の投資対象には最大で5%の値下がりリスクしかないとしたらどうでしょう。

 

安定した運用を考え、しかも長期での複利運用を行うなら、利回り5%の投資対象のほうがはるかに有利だといえます。

 

「シャープレシオ」は具体的には、一定期間において、資産価値の変動の度合い(標準偏差)に対し、リスクがゼロの安全資産(通常は国債)の利子率を上回るリターンがどれくらいかで計算します。リターンから安全資産の利子率を引くのは、表面的なリターンではなく、実質的なリターンを見るためです。

 

シャープレシオ = (一定期間のリターン - 安全資産の利子率) ÷ 標準偏差

あなたにオススメのセミナー

    アリスタゴラ・アドバイザーズ 代表取締役会長

    1985年に慶応義塾大学を卒業後、日興証券ニューヨーク現地法人の財務担当役員、ドレスナークラインオート・ベンソン証券及びINGベアリング証券でエクイティ・ファイナンスの日本及びアジア・オセアニア地区最高責任者などを歴任。その後、BNPパリバ証券で株式・派生商品本部長として日本のエクイティ関連ビジネスの責任者を務めるなど、資本市場での経験は30年以上。

    2011年4月よりアリスタゴラ・グループCEOとして、日本・シンガポール・イスラエルの拠点から、伝統的プライベートバンクと共に富裕層向け運用サービスを展開、また様々なファンドを設定・運用、さらにコーポレートファイナンス業務等を展開している。

    著者紹介

    連載欧州プライベートバンクの「運用力とサービス」の秘密

    プライベートバンクの嘘と真実

    プライベートバンクの嘘と真実

    篠田 丈

    幻冬舎メディアコンサルティング

    スイスの伝統的プライベートバンク経営者が共著・取材協力! その実態が初めて明かされる! 相続税増税や海外資産の取り締まり強化など、富裕層が持つ資産に対する捕捉は厳しさを増す一方。そんな中で注目されているのが「…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ