▲トップへ戻る
スイスのプライベートバンキングビジネスの「強み」とは?

前回は、これからプライベートバンクの組織体制はどうなるかについて取り上げました。今回は、スイスのプライベートバンキングビジネスの「強み」について見ていきます。

スイスという国の評価が支える、確実性・専門性・信頼性

いまだに羨ましがられていますが、スイスは2世紀以上の時間をかけて、国際的な金融センターとしての地位とプライベートバンキングビジネスを確立しました。

 

確実性、専門性と信頼性は、スイスという国家の評価に関連しています。金融センターの地位も、スイスの国家としての高い評価に支えられています。

 

昨今では、税金の透明性を求めるグローバルなトレンドと、がんじがらめの国際的な規制の網が、一定の基準を守らせようとスイスに圧力をかけています。

 

しかしながら、大きな金融センターであればなおさら、自分たちにとって大切なものをなんとしても維持しようとするでしょう。

資産を最も簡単に預けられる、セキュリティーズ・デポ

より重要なことは、現存する金融センターとしての品質を維持し、強めていくことです。多くの海外資産にとって直接民主制、法律の役割、信用、安定性、そして自由は、自明の理ではなく、一つの誓約であり、スイスの「セキュリティーズ・デポ」(証券保管振替機構)は、最も資産を簡単に預けることができる方法です。

 

これは、納税回避策ではありませんが、注意力と先見性、また多様性を持った計画です。金融情報の自動交換(AIA)の強要は、折に触れて邪魔者とみなされますが、現実には障害にはなっていません。

アリスタゴラ・アドバイザーズ 代表取締役会長

1985年に慶應義塾大学を卒業後、日興証券ニューヨーク現地法人の財務担当役員、ドレスナー証券(ドイツ大手金融機関)及び ING 証券(オランダ最大手金融機関)でエクイティ・ファイナンスの日本及びアジア・オセアニア地区最高責任者などを歴任。
直前はBNP パリバ証券(フランス最大手金融機関)東京支店の株式派生商品本部長として、日本での株式関連ビジネスの責任者。トレーディング部門の経験が長い。現在、アセットマネジメントビジネスの一環として伝統的プライベートバンクとともにビジネスを行っている。

著者紹介

連載欧州プライベートバンクの「運用力とサービス」の秘密

 

プライベートバンクの嘘と真実

プライベートバンクの嘘と真実

篠田 丈

幻冬舎メディアコンサルティング

スイスの伝統的プライベートバンク経営者が共著・取材協力! その実態が初めて明かされる! 相続税増税や海外資産の取り締まり強化など、富裕層が持つ資産に対する捕捉は厳しさを増す一方。そんな中で注目されているのが「プ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧