非営利団体が「収益を上げる事業」を行う際の留意点

今回は、非営利団体が「収益を上げる事業」を行う際の留意点を見ていきます。※本連載は、非営利団体のファンドレイジング力(資金調達力)向上事業に従事し、これまで全国200カ所以上のファンドレイジングセミナーに講師として登壇した実績を持つ、ファンドレイジング・ラボ代表・徳永洋子氏の著書、『非営利団体の資金調達ハンドブック』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、非営利団体として事業収入・収益を上げるノウハウを解説していきます。

ミッションとの「整合性」と「収益性」のバランス

<ポイント>

●非営利団体が収益を上げるための事業を行う際に、その事業のミッションと収益性が一致することが望ましい

●ミッションとの整合性は高いが、収益が上がらず持続性が危うい事業は、事業収入以外から資金を調達して補てんしたり、ボランティアや物品寄付で経費を削減するなどして解決を図る

●非営利団体では、活動目的から外れた事業を展開する際の制約が法人格ごとに決められているので、ミッションと整合性のない事業を展開する際には注意すること

 

非営利団体が収益を上げるための事業を行う際に、その事業のミッションと収益性が一致しない場合があります。ミッションと収益の整合性についての基本的な考え方と、それらが一致しない場合の解決策を解説します。

 

事業の持続可能性を考えた場合、ミッション達成にとって大きな意味があり、かつ収益もしっかり上げている事業の持続可能性は高くなります。逆に、ミッション性が低くて収益も上げない事業は、そのまま持続する必要がないと見なされます。

ミッションと収益性が一致しない状況とは?

問題なのは、非営利団体が収益を上げるための事業を行う際に、その事業のミッションと収益性が必ずしも一致せず、ミッションとの整合性は高いけれど収益率が低い、ミッションとの整合性が低いが収益率は高い、といった状況が多々生じることです。

 

1.具体的な事例から考える

 

例えば、事業収入について、里山保護団体を想定して考えます。

 

物販:団体ロゴ入りキャップ(帽子)

参加費:子どものための体験学習型キャンプの開催(年4回)

    シニア里山ウォーキングクラブ(月2回)

出版:里山保護活動の歴史を書いた本を電子書籍で自己出版

宿泊所:ペンション経営

製造:里山整備で出る木材を使ったペレットストーブ燃料の製造

 

上記の授業を下記に分類します。

 

[図表1]

 

では、それぞれの持続可能性を表情で表してみます。

 

[図表2]

 

次回に続きます。

ファンドレイジング・ラボ 代表

日本ファンドレイジング協会理事
佐賀未来創造基金 理事

東京都出身。大学卒業後、三菱商事に勤務。1998年から日本フィランソロピー協会で視覚障害者向け録音図書のネット配信事業「声の花束」を担当。2000年よりシーズ・市民活動を支える制度をつくる会で、おもに非営利団体のファンドレイジング力(資金調達力)向上事業に従事。そのプロジェクトの一環として、日本ファンドレイジング協会設立を担当し、2009年2月、同協会設立と同時に同協会事務局次長となり、2012年6月より2014年12月末まで同協会事務局長をつとめた。現在、同協会理事。
2015年2月に「ファンドレイジング・ラボ」(http://fundraising-lab.jp/)を立ち上げ、「3分間ファンドレイジング講座」をウェブサイトで連載。非営利団体のファンドレイジング力向上と寄付文化の醸成を目指して、講演、コンサルティング、執筆などを行っている。これまで全国200カ所以上のファンドレイジングセミナーに講師として登壇。受講者は1万人を超えている。

著者紹介

連載非営利団体のための「事業収入」を高めるノウハウ

非営利団体の 資金調達ハンドブック

非営利団体の 資金調達ハンドブック

徳永 洋子

時事通信出版局

全国に10万超あるNPOの悩みの種。「資金獲得のノウハウ」を初めて集大成。全国10万超のNPOの最大の悩み「資金をどう獲得するか?」。その答えを初めて、具体的に書きました。 寄付の依頼には手法があります。イベントに集客す…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧