非営利団体の事業計画を伝える「エレベータートーク」の例

今回は、非営利団体の事業計画を伝える「エレベータートーク」の例を見ていきます。※本連載は、非営利団体のファンドレイジング力(資金調達力)向上事業に従事し、これまで全国200カ所以上のファンドレイジングセミナーに講師として登壇した実績を持つ、ファンドレイジング・ラボ代表・徳永洋子氏の著書、『非営利団体の資金調達ハンドブック』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、非営利団体として事業収入・収益を上げるノウハウを解説していきます。

「簡潔に事業計画を語れる」ことが支援の糸口に

<ポイント>

●事業計画をエレベータートークにまとめて、おおよそ1分くらいのスピーチで話せるようにしておくと、支援を募るチャンスを逃さない

●エレベータートークの最後に、おおよそ「何を求めているのか」を示しておくと、「面倒なことを頼まれたら大変だ!」と思われない

 

事業への協力を募るために、事業計画をエレベータートークにまとめて、おおよそ1分くらいのスピーチで話せるようにしておきましょう。その方法を解説します。

 

事業の実施には、初期費用が必要な場合があります。また、物品や場所の提供、商品やサービスの購入、販路の拡大など、団体外部の人たちからの支援や協力を得られることが事業の実施に大きな助けになったりします。

 

そのためには、簡単に事業計画を語れるようにしておく必要があります。内部では「6W2H」を議論し、綿密な計画を練っていたとして、外部の人にはじめからすべてを聞いてもらえる機会は滅多にありません。団体の支援者が集まる機会に簡単に説明して、詳細は資料として配布して、関心を抱いた人には別途集まってもらって協力をあおぐ、あるいは、有力な支援者や企業等に対して、まずは簡単にまとめた書状を送って、面会を依頼して、後日詳しく説明して支援を請うといった手法が求められます。

 

その時のために、事業計画をエレベータートークにまとめて、おおよそ1分くらいのスピーチで話せるようにします。これで関心を持ってもらって、後日、より詳細な説明と具体的な支援を依頼する機会を得るわけです。エレベータートークについては、筆者著書『非営利団体の資金調達ハンドブック』内での「エレベータートークの作成」でも説明しましたが、原稿を書くとすれば字数は300文字から350文字。人が1分間で話す量の平均がそのくらいだからです。

「お願い」を盛り込んで求めているものを明確化

今回は、事業への協力を求めるのが目的ですから、最後の「よろしくお願いいたします」の部分には、下記のような、簡単な依頼ごとを書きます。

 

 

例)

●一度、ご面会して事業へのご助言をいただきたいので、よろしくお願いいたします。

●××月××日から立ち上げ資金のクラウドファンディングを始めるので、ご協力よろしくお願いいたします。

●この商品を販売してくださる地域の商店をご紹介いただきたく、一度ご相談に伺いたいので、よろしくお願いいたします。

●××月××日に開店しますので、お立ち寄りください。詳細は別紙のチラシをご覧ください。お待ちしております。

●この事業はご支援者とともに進めていきたいと考えています。××月××日にボランティア説明会を開催しますので、ご参加ください。

 

このような「お願い」を盛り込んで、おおよそ「何を求めているのか」を示しておくと、「面倒なことを頼まれたら大変だ!」と思われないでしょう。これを元に、手紙を書くこともできます。ビデオメッセージにして団体のホームページに掲載してもよいでしょう。エレベータートークの基本通りに、「全てを語ろうとしない」、「まずは関心を持ってもらう」という2点に注力して文章化してください。この文章を団体内で共有して、事業への協力を得るツールにしてください。

 

1分で話したい内容を360文字にまとめた例を掲載します。これを目安にして、事業への支援を依頼するエレベータートークを書いてみてください。

 

<エレベータートークの例>(架空の団体です)
環境教育ネットの鈴木太郎です。私たちは、未来の地球を担う子どもたちに、人と地球環境との関わりに関心を持ってもらい、環境を守ることの大切さを伝える活動を行っています。

具体的には子どもたちの自然体験教室を開催したり、小学校の先生方と環境教育プログラムを開発したりして、各地の小学校の総合学習の時間に実施してもらっています。

今回、子どもたちがより楽しく環境について学べるゲームを開発しようと計画しています。環境をテーマに、未来の世界を擬似体験することによって、そこに存在するさまざまな環境問題について学び、その解決の道について考えることを目的としたシミュレーションゲームです。すごろくとカードを合わせたものをイメージしています。

ぜひ御社にご協力いただきたく、一度ご説明にお伺いさせてください。よろしくお願いいたします。

ファンドレイジング・ラボ 代表

日本ファンドレイジング協会理事
佐賀未来創造基金 理事

東京都出身。大学卒業後、三菱商事に勤務。1998年から日本フィランソロピー協会で視覚障害者向け録音図書のネット配信事業「声の花束」を担当。2000年よりシーズ・市民活動を支える制度をつくる会で、おもに非営利団体のファンドレイジング力(資金調達力)向上事業に従事。そのプロジェクトの一環として、日本ファンドレイジング協会設立を担当し、2009年2月、同協会設立と同時に同協会事務局次長となり、2012年6月より2014年12月末まで同協会事務局長をつとめた。現在、同協会理事。
2015年2月に「ファンドレイジング・ラボ」(http://fundraising-lab.jp/)を立ち上げ、「3分間ファンドレイジング講座」をウェブサイトで連載。非営利団体のファンドレイジング力向上と寄付文化の醸成を目指して、講演、コンサルティング、執筆などを行っている。これまで全国200カ所以上のファンドレイジングセミナーに講師として登壇。受講者は1万人を超えている。

著者紹介

連載非営利団体のための「事業収入」を高めるノウハウ

非営利団体の 資金調達ハンドブック

非営利団体の 資金調達ハンドブック

徳永 洋子

時事通信出版局

全国に10万超あるNPOの悩みの種。「資金獲得のノウハウ」を初めて集大成。全国10万超のNPOの最大の悩み「資金をどう獲得するか?」。その答えを初めて、具体的に書きました。 寄付の依頼には手法があります。イベントに集客す…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧