ハワイ不動産の購入 売買契約締結までのプロセスとは?

前回は、日本とハワイの不動産における「管理費」の違いを解説しました。今回は、ハワイ不動産を購入する際の売買契約締結までのプロセスについて見ていきます。

購入したい物件が決まったら、オファーを入れる

これまで様々な角度からハワイ不動産について解説しましたが、今回はもう少し実務的な面から見てみましょう。

 

いざハワイ不動産を検討し、「これだ!」という物件が見つかった場合、そこからどのようなプロセスになるかご存知でしょうか? 『高級ホテルの一室オーナーになる「ホテルレジデンス」の概要』『米国の不動産取引の「透明度」が日本よりも高い理由』でも触れましたが、物件探しをするにあたっては、信頼できるエージェントが必須です。ただし今回は、そのエージェントとすでに出会い、なおかつ希望の物件が見つかったことを前提に説明していきます。

 

お気に入りの物件をいざ購入しようとした場合、まずやらなければならないのは「オファーを入れる」ということです。「オファーを入れる」というのは、日本での「買付証明書を提出する」のと感覚的に近いといえます。しかし、日本の買付証明書には法的拘束力はまったくないのに対し、ハワイ不動産においては、「オファーを入れる」という行為にはもう一歩踏み込んだ意味合いがあります。というのも、「オファーを入れる」ということは、自分自身の購入希望条件を記載した「Purchase Contract(売買契約書)」そのものを売主側に提出することになるからです。

 

ただし、これは一般的なResidential(住居)物件の購入プロセスです。商業物件や一棟ものなど、規模が大きな取引の場合には、最初に、Letter of Intent(LOI)やMemorandum of Understanding(MOU)と言われる意向表明書・覚書のようなものを提出することが一般的です。

 

[PR] 本稿執筆者が登壇!12月3日(木)開催・WEBセミナー(無料)
※木造タウンハウス、ILIKAI Hotelの売却時ケーススタディ超解説!
税制改正にコロナパンデミック...今こそ考える「ハワイ不動産」の出口戦略

 

LOI/MOUには、契約前に契約に関する諸条件を箇条書きにしたり、優先交渉権を付与したり、デューデリジェンス期間を定めたりと、様々な事項を予め合意しておくことを目的として作成されますが、案件によって内容は千差万別ですので特に決まったフォーマットはありません。

オファー書類に、買主・売主のサインが揃えば契約成立

アメリカでは住民票や印鑑証明書などの公的書類は存在しないため、基本的には、書類に「サイン」が入るかどうかが重要になります。

 

「オファーを入れる」というのは、買い手側の希望条件を記載した売買契約書そのものに買主としてサインし、それを売主側に提出する行為を指します。売主側はそのオファー書類を受領し、買主側の希望条件(価格や引き渡しまでの諸条件)に問題がなければ、売主としてサインをします。買主/売主双方のサインが入った状態は「売買契約成立」を意味しますので、それをもって不動産としての売買契約が締結されたことになります。

 

[PR] 本稿執筆者が登壇!12月3日(木)開催・WEBセミナー(無料)
※木造タウンハウス、ILIKAI Hotelの売却時ケーススタディ超解説!
税制改正にコロナパンデミック...今こそ考える「ハワイ不動産」の出口戦略

 

そのため、「買うかどうか決めかねているけれど、とりあえずオファーを入れてみよう」というのは避けたほうがいいかもしれません。ただし、売買契約書が締結されたからといって、二度と解約ができないのかというと、もちろんそこには消費者保護のための解約条項も含まれていますのでご安心下さい。

 

ハワイ不動産の売買契約書には「Standard Form」という定型の契約書が存在し、物件ごとに別々の契約書になるわけではありません。この定型の契約書の構成とポイントを事前に理解しておくことで、いざ物件が見つかった際に、適切なタイミングで合理的なオファーを入れることが可能になります。

 

次回から、実際の売買契約書を見ながら、注意すべきポイントを解説をしていきます。

 

「海外不動産担保ローン」に関するお問い合わせはこちら

 

 

 

株式会社Crossover International 代表取締役

仙台第一高等学校、法政大学経済学部経済学科卒業。宅地建物取引士。
2002年より某大手ディベロッパーにて一棟物件、区分所有物件の事業用不動産の販売を手掛け、2005年より中古不動産のバリューアップに特化した不動産会社の創業・ブランディング構築に携わる。2008年より株式会社Seven Signatures Internationalにおいて、主に米国ハワイのホテルレジデンス・ラグジュアリーコンドミニアムプロジェクトの日本の超富裕層マーケティングのセールディレクターに就任。2017年に株式会社Crossover Internationalを設立。

WEBサイト http://www.crossover-international.com/

著者紹介

連載田村仁のホノルル不動産通信

本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を示したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧