「光熱費ゼロ」を目指してはいけない断熱性の低い住宅

前回は、自宅建築時に活用できる「新制度」「制度変更」の具体例を紹介しました。今回は、断熱性の低い住宅のデメリットを見ていきます。

「光熱費ゼロ住宅」の基本は高断熱、高気密だが…

最近、ニュースや住宅情報誌で、「ZEH(ゼッチ)」や「スマートハウス」という言葉を目にされた方も少なくないと思います。

 

「ZEH」とは、NetZeroEnergyHouseの略で、消費するエネルギーが年間でゼロになる住宅のこと。使用するエネルギーを低減したうえで、必要量を自らまかなえるようにします。この場合、エネルギーを生み出すために、一般的に用いられているのは太陽光発電やエネファームで、発電設備を住宅建設時に設けます。

 

これは、2015年に経済産業省が発表した「エネルギー基本計画」内の「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現する」に基づいています。一定基準を満たすZEHには、国から補助金も出されています。

 

弊社では、以前から独自の工法で「光熱費ゼロ住宅」を手がけてきました。その基本となるのは、住み心地の良い家造りの基本ともいえる高断熱と高気密です。ていねいな施工を行ったうえで、必要なエネルギー量を算出し、その分を太陽光発電でまかなえるようにするのです。

断熱をおろそかにして太陽光パネルを増やしても…

しかし最近、「ZEH」の言葉がひとり歩きしているかのような状況を目にします。ZEHとして建てるために、同じ間取りの家を弊社と大手ハウスメーカーで見積りを出し合ったケースがありました。私どもが算出した太陽光パネルの2倍もの数を、先方は提案してきたそうです。

 

この差こそ、家の基本性能なのです。断熱性能が高ければ、快適な温度を維持するために、エアコンを動かす時間は少なくすみます。しかし、そこを軽視していると、快適さを維持するために必要な発電パネルの数が増えてしまうのです。

 

これでは、少しも省エネにはなっていません。ZEHを目指すなら、最初にすべきは、断熱性と気密性を高めることだということを広く知っていただきたいと思います。

 

同じ状況は、「スマートハウス」に関しても起きています。こちらは、電力の見える化を目指して、国が導入を推進している施策です。家の中のどの部分で、どれくらいの電気が使われているかを可視化することによって、無駄遣いを減らし、日常的な省エネに取り組むことが出来ます。しかし、導入には高コストを要します。それに、使われている電気量がわかったとしても、まず断熱性能を上げないと省エネにはならず、本末転倒です。断熱の話ではなく、ZEHやスマートハウスといった言葉を売り文句にしている住宅は、本来の〝省エネ化〞を果たしているとは言えません。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社緑建設 代表取締役社長

    1973年、神奈川県相模原市生まれ。
    高校卒業後、小売業系の会社に就職。
    その後商社への転職を経て、20歳の時に緑建設に入社。
    父であり前社長の齋藤進氏の下で現場監督8年、営業職10年の下積み修業を経て、2011年より現職に就任。
    1973年に創業した先代の、“家は「売る」ものではなく、お客様のこだわりを叶えるために「造る」もの”という姿勢を貫いている。
    現職就任後は「いつでも真向勝負」をモットーに、外断熱工法の木造注文住宅に徹底してこだわり、お客様にとって「住み心地」のよい家の在り方を追求し続けている。

    著者紹介

    連載「理想の家造り」のための注文住宅基礎知識

    本連載は、2017年2月27日刊行の書籍『改訂版 いい家は注文住宅で建てる』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

    改訂版 いい家は注文住宅で建てる

    改訂版 いい家は注文住宅で建てる

    齋藤 正臣

    幻冬舎メディアコンサルティング

    人生で一番大きな買い物、「マイホーム」。理想のイメージばかりが先行して、見当違いな設計に後悔したり、不本意な金額を払ったりするハメに陥らないために、まずは住宅オーダーの基本を学びましょう。「よい見積り、悪い見積…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ